FC2ブログ
2013年01月30日 (水) | Edit |
今日は「偉人伝」を,もうひとつ。今日1月30日は,幕末の偉人・勝海舟の誕生日です。

そこで勝海舟の「四百文字の偉人伝」を。「四百文字程度で,古今東西のさまざまな偉人を紹介する」シリーズ。

その101話をまとめた電子書籍『四百文字の偉人伝』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)も発売中です(アマゾンKindleストア,楽天kobo,ディスカヴァー社のホームページにて販売,400円)。

なお,この「勝海舟」は未発表の新作です。最近もぽつぽつ新しい「四百文字の偉人伝」を書いてます。

勝海舟(かつ・かいしゅう)

自分の「蘭学」をみつける

勝海舟(1823~1899)は下級武士の出身でしたが,幕末の動乱のなかで頭角をあらわし,幕府のトップリーダーとなりました。

しかし,「日本は生まれ変わるべきだ」と考え,のちには幕府の支配を終わらせる方向で動きました。幕府を倒そうとした薩摩・長州にたいし,徹底的に戦うのを避ける決断をしたのです。そのおかげで長期の内戦がさけられ,日本はスムースに新しい時代をむかえることができました。勝にはそのような「先見の明」がありました。

これは,若いころから蘭学(西洋の学問)を学んでいたことが大きいです。蘭学は,進んだ知識や新しい世界観をもたらしてくれました。

しかし,西洋にたいし国をとざしていた江戸時代には,蘭学者たちは一般に白い目でみられていました。勝も迫害を受けたことがあります。

それでも勝は蘭学に賭けて学び続けました。それがのちに花ひらいたのです。

創造的に生きたいなら,自分なりの「蘭学」をみつけましょう。つまり,「まだ評価の定まらない,新しい世界」をみつけて取り組むのです。ただし,それが新しいものであるほど,「周囲にわかってもらえない」のは覚悟する必要がありますが。

(参考文献)板倉聖宣『勝海舟と明治維新』(仮説社),松浦玲『勝海舟』(中公新書)

【勝海舟】
1823年1月30日生まれ 1899年1月19日没

関連記事
テーマ:歴史上の人物
ジャンル:学問・文化・芸術
2013年01月30日 (水) | Edit |
今日1月30日は,アメリカ大統領フランクリン・ルーズベルトの誕生日です。

そこでルーズベルトの「四百文字の偉人伝」を。「四百文字程度で,古今東西のさまざまな偉人を紹介する」シリーズ。その101話をまとめた電子書籍『四百文字の偉人伝』(アマゾンKindleストア,楽天kobo,ディスカヴァー社のホームページにて販売,400円)。


ルーズベルト
心の丈夫なリーダー

フランクリン・ルーズベルト(1882~1945 アメリカ)が大統領に就任した1933年,アメリカ経済は大恐慌の真っ只中。最悪期の失業率は,なんと約25%。この危機への対応が,最初の大仕事でした。

つぎは第二次世界大戦(1939~1945)です。ナチス・ドイツや日本帝国との全面戦争。

アメリカ大統領の仕事はいつの時代もたいへんですが,このときとくらべれば,ほかはまだ「楽なもの」に思えます。こんな状況で,彼は4選して12年にわたり大統領を務めたのです(4期目の途中で病死)。その間ひたすら冷静に,さまざまな難題に判断を下し続けました。恐ろしいことですが,原爆の開発についてさえも淡々と取り組んでいます。

そんな彼に批判すべき点がないとはいいません。しかし,あやまちがあっても,「重圧や激情で自分を見失った」というようなことではなかったのです。彼は何があっても,夜はぐっすり眠れました。

こういう心の丈夫なリーダーを危機の時代に持てたことは,アメリカ国民にとっては幸運だった,といえるでしょう。

ガンサー著・清水俊二訳『回想のルーズベルト(上)(下)』(六興出版社,1950)による。ほかに参考として,フリードマン著・中島百合子訳『フランクリン・ルーズベルト伝』(NTT出版,1991)

【フランクリン・ルーズベルト】
大恐慌~第二次大戦の時期のアメリカ大統領(任1933~45)。大恐慌に際し,国家が経済に積極的に介入する「ニューディール政策」を推進した。1920年代に患った病気の後遺症で,車椅子生活を送りながら活動。
1882年1月30日生まれ 1945年4月12日没

関連記事
テーマ:歴史上の人物
ジャンル:学問・文化・芸術