FC2ブログ
2013年02月19日 (火) | Edit |
今日2月19日は,地動説の提唱者コペルニクスの誕生日です。

そこでコペルニクスの「四百文字の偉人伝」を。「四百文字程度で,古今東西のさまざまな偉人を紹介する」シリーズ。

その101話をまとめた電子書籍『四百文字の偉人伝』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)も発売中です(アマゾンKindleストア,楽天kobo,ディスカヴァー社のホームページにて販売,400円)

コペルニクス

データだけで新発想は生まれない

「地動説」(太陽中心説。地球は太陽のまわりを回っている)を提唱したニコラウス・コペルニクス(1473~1543 ポーランド)。彼はどうして地動説を考え出したのでしょうか? 

単に「星空を観測しているうちに」というのではありません。当時の通説だった「天動説」(地球中心説)は,複雑怪奇なものになっていました。進歩を重ねていた天体観測のデータが豊富になるにつれ,既存の天動説では説明のつかないことがいろいろ出てきました。そのつど,新しいデータとつじつまを合わせるため,天動説にはさまざまな手直しがほどこされていたのです。

コペルニクスは,「ほかの考えはないか」と過去の文献を探しました。そして,古代の書物で「地動説」の考えを知り,そこから自説を築いていったのです。

新しい発想は,データだけでは生まれません。問題意識を持って先人の遺産をヒントにしていくことが大切です。

板倉聖宣著『科学と方法』(季節社,1969)による。

【ニコラウス・コペルニクス】
 地動説の提唱者。聖職者(司教の秘書官)と医師の仕事をしながら天文学を研究。地動説は聖書に反する危険思想だったので,彼はその公表をためらい,主著『天球の回転について』の刊行は亡くなる直前だった。
1473年2月19日生まれ 1543年5月24日没

関連記事
テーマ:歴史上の人物
ジャンル:学問・文化・芸術