FC2ブログ
2013年06月05日 (水) | Edit |
折りたたみイス

6月3日の記事で,ベランダに折りたたみのイスや小テーブルを出して,ささやかな「ビアガーデン」をした,という話をしました。

そして昨日,このときのイス(上の写真)について,ある方から《そんなにおしゃれな折りたたみの椅子があるんですね。》というコメントをいただきました。そこで,ちょっと考えたこと。

この言葉には,「折りたたみイスというのは,つまらないものだ」という前提があると思います。たしかに,そのとおりです。よくみかける「パイプイス」のような折りたたみイスは,デザインとしてはちょっともの足りない。だから,「こういうのもあるんですね」と。

じつは,折りたたみイスも歴史をさかのぼると,ステキなものがあったのです。

ウチの折りたたみイスは,90年ほど前のデザイン(アメリカ製)だそうです。あちらではスタジアムなどの公共施設でかなり使われてきたとのこと。それが今も製造・販売されているのです。デザイナーは不詳。

名称は一応ですが,「ウッドシートフォールディングチェア」といいます(『椅子の辞典』白夜書房による)。私は,7年前に都内の雑貨・インテリアの店で,1脚1万円くらいで買いました。

このイスは折りたたむむとフラットになって,厚さは4㎝ほど。かなり薄いです。フラットだと,収納しやすいです。どこかに立て掛けても,見栄えがいい。

たたんだ状態

折りたたみイスというものがいつ生まれたのか,調べたことはないのですが,このイスは「工業製品としての折りたたみイス」の初期のもののひとつだと思います。イスの大量生産というのが,おもに20世紀以降のことだからです。90年も前に,このような「グッドデザイン」な折りたたみイスが,すでにつくられていたのです。

ただ,この90年前の折りたたみイスは,今の「パイプイス」とは,デザインの感じがちょっとちがいます。見た目だけでなく,素材や折りたたみ方の機構などもちがいます。ずっしりした鉄と木でできていますし,脚が開く方向もちがう(くわしい説明は省略)。
                        
***

「現在の折りたたみイスの原型」といわれるイスが,じつはあります。1969年にイタリアのジャン・カルロ・ピレッティというデザイナーによってつくられた「プリアチェア」です(写真は島崎信ほか『近代椅子学事始』ワールドフォトプレスより)。

プリアチェア

この画像では伝えきれませんが,シャープでとってもカッコいいです。折りたたむと薄さ2.5ミリのフラットになります。

現在普及している折りたたみイスは,このブリアチェアを直接・間接に真似たものです。そして,真似を重ねるうちに,たいていはややダラけた・つまらないものができていきました。元祖であるプリアチェアの凛とした美しさは失われていったのです。
 
歴史というのは,こういう経過をたどることがあります。つまり,初期の・開拓者の時代には,気合の入った良いものができていたのに,それが普及し,大衆化するにつれて,つまらなくなっていく。初期の時代にそれを生み出した人(たち)の,創造性や熱意が受け継がれていかないのです。

「ブリアチェアから,現在のありふれたパイプイスへ」という歴史はまさにそうです。

いつも歴史がそんなふうだとはいいません。初期の「今イチ」なものが,発展して良くなっていく歴史というのもあるでしょう。

でも,「だんだんつまらなくなっていく歴史」というのもあるわけです。折りたたみイスの歴史は,それをみやすいかたちで示す,一例です。

(以上)
関連記事
テーマ:建築デザイン
ジャンル:学問・文化・芸術