FC2ブログ
2013年06月06日 (木) | Edit |
「5分間の世界史講座」というのを,ときどきやっています。世界史のいろんなことがらをあつかった,1話が原稿用紙数枚ほどのエッセイ。 カテゴリー:5分間の世界史

今回はひさびさの「5分間の世界史」です。


シュメル人は宇宙人ではない

四大河文明はいつ生まれたか
「世界最古の文明は,どこで発生したか?」ときかれて,あなたはどう答えるだろうか? 文明というのは,とりあえず「金属器」「大きな建造物」「政治的支配者」「文字」といった要素をそなえている社会,ということにしておく。

多くの人は,四大(河)文明というのを思い出すのではないか。メソポタミア,エジプト,インダス、黄河の各文明。

しかし,この四つはかなり時期がちがう。メソポタミア文明(現イラク)の発祥は,紀元前3500年ころ(5500年前)。

エジプト文明は,紀元前3100年ころ(5100年前)。インダス文明(インド)は、だいぶ時代が下って紀元前2300年ころ(4300年前)。 黄河文明(中国)は,紀元前2000年ころ(4000年前)だ。メソポタミアよりも千数百年あとである。

「四大河文明」といってひとまとめにあつかうと,同時代のものだと思ってしまう。だが,四つのうちメソポタミア文明は,別格なのである。

じつは,エジプト文明というのは,メソポタミア文明の影響を受けて生まれた,ということがほぼわかっている。インダス文明もそうだったという説があるが,ややはっきりしない。黄河文明がほかの文明から影響を受けたかどうかは,ほとんど手がかりがない。

文明の歴史は,紀元前3500年ころ(紀元前3000~4000年)のメソポタミアではじまった。

これは,世界史の最重要知識のひとつかもしれない。では,この「知識」,つまり「文明は,いつ・どこで始まったのか」が明らかになったのは,いつころのことだろうか? 

(予想)
ア.1900年ころ(日本では明治時代)
イ.1800年ころ(フランス革命,産業革命の時代)
ウ.1500年ころ(ルネサンスの時代)
エ.もっと昔からわかっていた

***

メソポタミアの古代文明(の遺跡)が発見されたのは,1800年代末のことだった。その最古の都市のひとつ,ウルクの発掘がはじまったのは,1920年代のこと。そして,調べるうちにメソポタミア文明がエジプト文明よりも古いこともわかった。こうした研究の基礎は,1900年代前半に築かれた。答えはアである。

メソポタミア文明は,シュメル人とよばれる民族がつくったものだ。この名前は,近代の学者が,遺跡のあるメソポタミア南部をさす「シュメル」の地名にちなんでつけた。彼らが自分たちをどう呼んでいたのかは,わかっていない。

シュメル人は,史上最初の文字である「楔形(くさびがた)文字」をつくった。ほかにも,シュメル人は車輪や青銅器にかかわる革新や普及など,さまざまな創造で後世に大きな影響をあたえた。

世界最古の文明をつくったのは,シュメル人。

そんな基本的なことも,わかってからまだ100年も経たたないのである。

巨大都市がこつぜんとあらわれた?
史上最初の文字は,紀元前3100年のウルク(シュメル人の都市)で発明された。そのころのウルクの面積は,250ヘクタール(およそ1500m×1500m)。平均的な日本の高校の敷地200個分。当時の世界で最大の都市だった。

今の西アジア(メソポタミア周辺の地域)で,近代的ビルのない伝統的な町並みだと,人口密度は1ヘクタールあたり100人ほど。もしウルクもその密度だとしたら,100人×250へクタールで,2~3万人の人口だったことになる。

しかし,当時の人口を知る手がかりはほとんどなく,はっきりしたことはわからない。だがとにかく,5100年前前にそれだけの面積・広がりをもつ都市があったのである。

しかもその都市は,歴史のなかでこつぜんとあらわれたという感じがある。

文字が発明された時代から1000年ほどさかのぼった紀元前4000年ころ(6000年前)には,ウルクはまだなかった。そのころの最大級の都市(集落というべきか)の面積は,10数ヘクタールほど。つまり,ウルクとくらべてひとケタ小さい。

それから数百年のうちに,ウルクの基礎がつくられた。そして、紀元前3500年ころには、ウルクの規模は70ヘクタールに達していた。

それが,紀元前3100年ころには250ヘクタール。さらに,それから数百年後には600ヘクタール(400ヘクタール説もあり)にもなった。

これが「こつぜんとあらわれた」という感じを私たちにあたえる。さらにシュメル人は,どこから来たのか,どういう系統の民族なのかがよくわかっていない。メソポタミアに古くから住んでいたのか、それともかなり後になってやってきたのか,わからないのである。

そこで、トンデモ本の世界では「シュメル人は宇宙からきた」という説がある。「そうでないと,いきなりこんな都市ができたことの説明がつかない」というのだ。

しかし,それは近代の事例を忘れてないか。西暦1800年ころの世界で,最大の都市はロンドンや江戸などだった。その人口は100万人くらい。それが200年後の現代では,最大級の都市というと郊外も含めた人口が2000万~3000万ほどである(ニューヨーク、東京など)。200年ほどで都市の規模は20~30倍になった。技術革新の結果である。

だから,シュメルによって都市(集落)が数百年で急速に巨大化したとしても,人智を超えたできごとではない。宇宙人の手を借りなくても,歴史にはそういう飛躍のときがある。それが、5000~6000年前のメソポタミアでも起こったのだ。

ゼロからいきなりではない
そもそもシュメル人は,ゼロからいきなり巨大都市をつくったのではない。メソポタミアでは都市の「前段階」といえる小都市や集落が数多く発掘されている。

その集落には、「石器時代の最終進化形」といえるような文化があった。代表的な遺跡の名にちなんで「ウバイド文化」といわれるものだ。おもな道具は石器だったが,灌漑農業(水路などで人工的に水をひく農業)が行われ、大量の精巧な土器がつくられていた。

この文化の主役は,シュメル人だった可能性もあるが,別の民族だったという説が有力である。

しかしいずれにせよ,シュメル人の都市は、ウバイド文化を受け継いで生まれたのである。長い伝統の蓄積があってのことなのだ。

さらに,ウバイド文化にも先輩がいる。ウバイド文化の近隣で紀元前6000年ころに発生した「ハラフ文化」といわれる農耕文化である。ウバイド文化は,ハラフ文化の影響を受けているのである。

どんな民族も,先行する文化遺産から学んでいる。ゼロからいきなり多くを生みだすことはできない。これに例外はない。「世界最古の文明」を生んだ民族にも,それはあてはまるのだ。

(参考文献)大津忠彦ほか『西アジアの考古学』同成社,中田一郎『メソポタミア文明入門』岩波ジュニア新書,ジャン・ボッテロほか『メソポタミア文明』創元社

(以上)
関連記事
テーマ:歴史
ジャンル:学問・文化・芸術
2013年06月06日 (木) | Edit |
「自分で考える勉強法」シリーズの第22回目。

このところ,科学とは,学問とは,宗教とはのような基本概念について述べています。今回は,一連の話なので2話分を一度に。「カルト」や「トンデモ」にご用心,のようなことを書いています。私は,古臭くて退屈な啓蒙主義者です。つまり,科学とか理性とかをかなり信用しているオジさんです。


「究極の心理」なんて,信じてはいけない。

「今,ひとりの天才があらわれて,この世のすべてを説明する究極の真理を発見した」「はるか太古の昔に,深遠な・絶対の真理に到達した民族がいた。私は,彼らの残した遺産の内容を知っている」

この手の話があとをたちません。「カルト」や「トンデモ」の世界です。
 
その筋でよく行われるのが,現在の科学の限界や不十分な点を突くことです。

中でも多いのは,現在の医学では治せない病気を,「我々なら治せる」というパターンです。中でも,心の不安定が影響して体にあらわれる病気=心身症的な病気は,その得意とするところです。

近代医学は,腐った盲腸を切りとるとか,抗生物質で病原体を死滅させるといった,いわば機械的なやり方から出発しています。だから,「人間の心」や「心が体に及ぼす影響」といったテーマについては,研究が遅れているのです。

しかし,今ではかなりの医師や学者たちが,この問題に取り組んでいます。たとえば,「明るい希望や信念を持つことが,病気から治ろうとする生理的な力を高める」といったことがわかっているのです。

司馬遼太郎の『胡蝶の夢』という小説に,関寛斎という幕末の医師が出てきます。

彼は,「病のほとんどを治す能力を,医学も医者も持っていない」と考えていました。「医者にやっとわかるのは,死期だけだ」と,家族にもらしています。

寛斎は,当時の日本でトップクラスの医師でしたが,当時の医学は未発達だったため,治療可能な病気の数は,きわめて限られていました。そんな現実を前に,まじめな寛斎は医師として「無力だ」と感じずにはいられなかったのです。

これは小説の中の描写ですが,司馬遼太郎のことですから史料に基づく可能性はかなりあります。そうでなくても,当時の状況からすれば,こういう医師はきっといたことでしょう。

今の医学の進歩をみたら,寛斎先生はどう思うでしょうか。もう「医者は無力だ」とは思わないはずです。「今も治せない病はあるようだが,治せる病はこれからも増えていくことだろう」と希望を持つでしょう。そして,「おまじないで病を治すなどと言う人の話は,信用しないほうがいいよ」と忠告してくれることでしょう。


学校教育は,体系だった世界観を
なかなか与えてくれない。


「カルト」的な世界の魅力のひとつに,一応は体系だった世界観を与えてくれるということがあります。

まず,「教祖」の立てた根本原理があって,そこからこの世界のいろんな現象を説明していきます。森羅万象を教義と結びつけて,まとまった世界観を示そうとします。ときには,新しい科学の成果も取りあげて,説得力を持たせようとしています。

「体系だった世界観」といっても,どの程度手の込んだ,もっともらしい体系をつくれるかは,ケース・バイ・ケースです。

子どもが見たって「これはおかしい」と思えるような教義や集団もありますが,中には指導的なメンバーが人生経験豊富な大人で,哲学や科学にもかなり通じたインテリだったりすることもあります。そういう知的水準の高い,手の込んだ体系をつくれる集団は,それなりに多くの信者を獲得できるでしょう。

みなさんの中には,とくに若い人の中には,「自分は議論には結構強いほうだ」と自負している人がいるかもしれません。でも,「手の込んだ体系」を持つその手の集団のメンバー(の指導的な立場の人)と議論したら,きっと負けます。「どうして言い負かされてしまうんだ」と,くやしい思いをするでしょう。

断片的・感覚的にあなたが正しいことを言っても,体系だったウソには,なかなか歯が立たないのです。体系というのは強いのです。

だから,論理や思想というのは,真理であるかどうかにかかわらず,昔から体系を志向してきました。たとえば,今は世界的な大宗教になっている教えだって,もともとは「教祖の思いや言葉をかき集めたもの」から始まりました。そしてのちの時代に,「体系」が整えられていったのです。

***

学校教育は,体系だった世界観をなかなか与えてくれません。高校の教科書を見てください。どの教科書も,すごい分量の知識がつまっています。これがいけないのです。

これらの知識を消化して,まとまったひとつの世界をイメージすることは,ほとんど不可能です。生徒はもちろん,先生だって消化しきれないのです。たとえば,歴史の授業では出てくる事件が多すぎて,全体的な歴史の流れがわかりません。

大学に行けばどうなのでしょうか? 大学でも,たぶん駄目です。大学の一般教養の講義は,「担当教官の専門に関する狭い範囲のことだけ」というのが多いです。

たとえば,あまり聞いたことのないひとりの思想家について一年間延々と講義したり,「西洋史」の授業といいながら,狭い地域の限られた時期について,こと細かに教えていたりします。世界を広く見わたす感じは,ありません。大学に入ったころ,私はそれでがっかりしました。

「世界は全体としてどうなっているんだろう?」「人間とは何だろう?」――それを知りたいという欲求に,学校の授業はなかなか答えてくれません。

それが,単に学校への不信にとどまらず,授業内容の源泉である科学や学問そのものに対する失望につながることがあります。とくに,まじめで思いつめやすい人の場合,そうなります。失望して,「世界観を与えてくれる教義」にひかれる人もいるはずです。科学や学問の代用品に走るのです。

少し勉強すればわかるのですが,そんな「代用品」よりも,本物の科学や学問が描き出す自然や人間や歴史のほうが,ずっと奥が深くて魅力的です。そのことを初心者にもわからせてくれる授業や本の少ないことが,困ったことなのです。

私のことを言えば,自分のテーマは「ほんものの科学や学問が描き出す世界」を,入門的な読みやすいかたちで書いていくことだと思っています。この文章も,そのテーマの一部なのです。

(以上,つづく)
関連記事