FC2ブログ
2013年06月09日 (日) | Edit |
このブログ「団地の書斎から」をはじめて5か月ほど経ちました。ブログやネットのいろんなことがわからないまま,ただただ記事をアップしています。
  
1週間ほど前から「アクセス解析」(FC2のやつ)を使いはじめました。「まだやってなかったの?」といわれそうですが…

アクセス解析のデータで「へえー」と思ったのは,「検索キーワード」という機能でした。どんなキーワードで検索してこのブログに来てくださったのか,それがリストアップされているのです。もちろん,「誰が」ということはわかりません。

では,そのリストにどんなキーワードがあったのか。

まず,「団地」系のワード。「団地リノベ」「団地の間取り」「団地マニア」「団地リフォーム」といったものです。

私は築30数年の古い団地をリノベーション(全面リフォーム)して住んでいて,「団地リノベ研究家」を自称しています。建築やモノのデザインにも関心があります。その方面のことは,このブログのひとつの柱です。 

カテゴリー:団地リフォームと住まい

今日は自分でも「団地」関連のワードを,ヤフーなどで検索してみました。

すると,このブログの記事が,けっこう上位で表示されるのですね。「団地リノベ」「団地 間取り」「団地マニア」だと,検索結果の1ページ目にで出てきました。
 
ネット上の「団地系」のなかで,それなりに健闘しているのかも。

そういえば,「ベランダビアガーデン」というワードでの検索も,何件かありました。それで,「ウチのベランダにイスやテーブルを出して,ビールを飲んだ」というこのブログの記事にたどりついた方がいたようです。
 
 関連記事
ベランダのビアガーデン
団地リノベはローコストか
団地の間取りの特徴
団地マニアでなく,団地エリート

***

団地系以外のキーワードでいらした方もいます。たとえば,「ボン基本法」。このワードで検索すると,やはり結果の1ページ目に,このブログのワイマール憲法とボン基本法という記事が出てきました。

「ボン基本法」は,今のドイツの憲法。そこから,憲法の考え方を述べたものです。このブログでは,そんな政治・経済の基本的なこともあつかっています。

その系統で,アメリカ合衆国の基本設計という,三権分立の原理について述べた記事もあります。「アメリカの三権分立の仕組み」といったワードで検索され,この記事にたどりついた方がいたようです。
 
「インドカレー 歴史」というキーワードで来られた方もいました。この言葉で検索すると,このブログの記事インドカレーの歴史が結果の上位に来ます。「インド人はいつからカレーを食べていたか?」という話を通じて世界史を考える,というもの。世界史の話も,このブログの柱のひとつです。 

私はもともとは会社勤めをしながら,教育関連のNPOに参加し,社会科系の教育読み物を書く活動などをしていました。子ども向けの社会科の本を商業出版したこともあります。社会や歴史にかんする「啓蒙」(カビの生えた言葉ですが)は,私のだいじなテーマなのです。

また,「時代の移り変わりが速くなってきている」といった,かなり絞りこまれた問いかけを検索ワードにして,このブログの社会の変化はゆっくりになっている?という記事にたどりついた方もいたようです。

この記事は,「社会の変化は急速になっているとよくいわれるけど,じつはゆっくりになっているのではないか」と主張した,大風呂敷なエッセイです。シリーズ化していて,もう7回ほどこのテーマで書いています。

カテゴリー:社会の変化はゆっくりになっている

ほかに,このブログの柱に四百文字の偉人伝というカテゴリーがあります。古今東西のさまざまな分野の偉人を400文字ほどのコンパクトな読み物で紹介するシリーズ。

アクセス解析のリストをみると,最近はホー・チ・ミンルーズベルト大原孫三郎マリリン・モンローなどで検索して,ウチに来られた方がいたようです。

***

こうしてみると,このブログは手を広げ過ぎているのかもしれません。

団地リノベ,ベランダビアガーデン,ボン基本法,アメリカ合衆国の三権分立,カレーの歴史と世界史,大原孫三郎からマリリン・モンローにいたるさまざまな偉人……

これは「日記風にいろいろ書いている」のともちがうと思います。

本来「団地」「政治・経済」「世界史」「偉人」などのテーマをはっきりさせたブログで,それぞれに書くべきことを,ひとつのブログでやってしまっているところがあります。

だから,訪れた方は,当惑するかもしれません。たしかに,団地リノベに興味があって来たのに,「ボン基本法」とかいわれてもなあ……

つまり,「何の店かわからない」のです。

カレー屋さんだと思って近づくと,じつはラーメンも出している…なんていうのならまだいいのです。このブログの場合は,カレー屋かと思ったら,寿司もフレンチもやってます,いやじつは雑貨もあつかってます,みたいな感じなのかもしれません。

そんな店は,流行らないだろうなあ。たとえ,出す料理がかなり美味くても,むずかしそうだ。

でも,私は団地リノベにも,三権分立にも,インドカレーの歴史にも,大原孫三郎の社会事業にも,マリリン・モンローの人生にも,それぞれ関心があって捨てられないのです。

これらはみんなつながっているんだ…という(勝手な)思いがあります。

これらがみんなつながっているのが,オレの世界なんだ。

そういう自己満足を大事に抱えているわけです。

だから,おつきあいくださる方が多少ともいるかぎりは,今の路線で続けたい。「集客」の面でハンデがあることは承知で。

まあ,ブログとしてはじまったばかり。たくさんのテーマを書くんだったら,今でも週6日は更新していますが,ほんとうはもっともっと(1日3本,5本とか)記事を書かないといけないのかもしれません。

今の時点では,たとえば「団地リノベ」のブログとしてみたら,数日に1回更新で20本くらいしか記事の蓄積がない,ということになります(団地系の記事は数日に1回くらいしかアップしていないので)。

これではブログとしてはまだまだ。そういうことが,このブログのほかのテーマについてもいえるでしょう。
 
記事を「1日5本」とかは,勤めを持つ身としては,やはりむずかしいです。でもとにかく,まずは記事をもっと蓄積していくことだ…あたりまえかもしれませんが,そんなふうに思っています。

(以上)
関連記事
テーマ:思うこと
ジャンル:学問・文化・芸術