FC2ブログ
2013年06月20日 (木) | Edit |
 前回は,古い団地をリノベして住んでいる,我が家の「書類のファイリング」について述べました。
 つくりつけの本棚に,書類を入れたクリアファイルをひたすら並べるやり方です。

 今回は,そんなファイリングの話の「つけ足し」です。

 デジタルの時代になっても,家庭には毎日,大量の「紙」が流れこんできます。
 チラシ,ダイレクトメール,請求書,取引の報告,手紙,さまざまな案内等々…

 ウチでは,生活に関わるそのような「紙」が届くと,まずリビングの本棚に並べます。
 つぎのような,専用コーナーをつくっているのです。
   
リビングの書類

本棚2


 届く書類の多くは,封筒に入っているので,封筒ごとそのまま並べることも多いです。でも,クリアファイルもかなり使います。
 この本棚の仕切りは,A4サイズをタテに並べる高さになっていないので,書類はヨコ置きです。

 写真にある,黄色やグレーのボックスは,ハガキや小型の封筒などの,小さめの紙を入れておくためのもの。
 病院の診察券なども,ここに入れてます。
 
 届いたものを,とにかくまずここに並べておく。
 そのあと,折をみて仕訳をする。
 要らないのを処分したり,ファイリングのメインの場所である書斎の本棚におさめたりします。

 この写真の「並んでいる書類」は,かなり整理されて,少ないときのもの。
 たいていは,この2~3倍の書類が並んでいます。

 放っておくと,この書類置き場は,どんどん荒れていきます。

 ウチの奥さんが,整理をしてくれるので,何とかなっています。いつもすいません。

 ***
 
 毎日ウチに届く大量の「紙」。それを受けとめて,必要に応じ保管するファイリングのしくみが,家庭にも必要です。

 そのために,立派なファイリングキャビネットなどは要りません。
 ウチでは,つくりつけの本棚の一画を使っていますが,そんな大げさな棚も要らない。
 たとえば「食器棚の上」とか「テレビの横」のような間に合わせの場所に,書類を並べてもいい。
  
 家のなかに,そういうちょっとした「システム」をつくってみてはどうでしょうか。

 とくに,若い人にはおすすめです。
 若いうちから,自分なりの「書類を整理する術」を身につけておくと,人生の生産性が上がるんじゃないでしょうか? 
 私も,「もっと若いときから,この手の整理を実行していればよかった」と思っています。

(以上) 

関連記事
テーマ:建築デザイン
ジャンル:学問・文化・芸術