FC2ブログ
2013年08月03日 (土) | Edit |
 先日(7月29日)麻生副総理が都内のシンポジウムで発言したことが,問題になっています。
 憲法改正についてナチス政権を引き合いにして,「手口を学んだらどうか」と述べたのです。

 発言の「問題」の部分は,具体的にはこうです(「朝日新聞デジタル」より。テレビのニュースで私も観ました)。

《憲法は,ある日気づいたら,ワイマール憲法が変わって,ナチス憲法に変わっていたんですよ。だれも気づかないで変わった。あの手口学んだらどうかね。》

 ひどい発言だと思います。全体の文脈がどうこう,というのはともかく,この箇所だけで非難されて当然です。選挙で圧勝して,気が緩んでいるのでしょうか。

 ところで,「本筋」からはややそれますが,この麻生発言で私がとくに気になったのは「…ナチス憲法に変わった」という箇所。

 え,ナチス憲法?

 「ナチス憲法」というのは,存在しません。

 第一世界大戦(1914~1918)でドイツは,敗戦しています。それに伴ってドイツでは,それまでの「ドイツ帝国」の体制が崩壊。新たに「ワイマール憲法」という民主的な憲法にもとづく「ワイマール共和国」の体制が成立しました。

 関連記事:ワイマール憲法とボン基本法

 そのワイマール憲法のもとで,ヒトラー(1889~1945)のナチス政権が誕生します。もともとナチスが政権の座についたのは,憲法に基づく選挙で勝利したからです。

 その後ヒトラーは,単なる「政権」ではなく,「独裁」の体制をつくっていきます。
 1933年にヒトラー内閣が誕生してしばらくすると,政治的決定のすべてをヒトラーに委ねることになる「全権委任法」という法律を国会で成立させました。
 これによって,ワイマール憲法は,事実上「死んだ」のでした。

 しかし,ナチス・ドイツでは,最後まで独自の憲法は制定されませんでした。

 つまり,「ナチス体制」というのはあっても,「ナチス憲法」というのはないのです。

 これは近代以降の有名な独裁国家のなかでは,「イレギュラー」といえるでしょう。

 ナポレオン(1769~1821)も,ソ連の指導者スターリン(1879~1953)も,中国の毛沢東(1893~1976)も,憲法を制定しています。
 
 しかし,ヒトラーはそれをしなかった。
 なぜでしょうか?
 
 ヒトラーの時代は,戦争の時代でした(ヒトラーは,それをはじめた張本人ですが)。
 なので,非常時のあわただしさのなかで,憲法制定までは手が回らなかった,ということもあるでしょう。

 でもそれ以上に,ヒトラーは「憲法をつくると,憲法によって権力者が拘束される」ということを嫌ったのではないかと思います。

 非民主的な国,独裁政治の国でも,しばしば憲法は制定されています。
 そんな国の憲法ではたいてい,基本的人権には大幅な制約がかけられ,独裁権力の正統性がうたわれています。
 ソ連の憲法などの,かつての社会主義国の憲法は,その類でした。

 そのような「独裁を正当化する憲法」であっても,きゅうくつだ。
 結局はいろんな手続きに縛られる。
 それよりも,「戦争という緊急事態のなかで,憲法が停止され,指導者に全権が委ねられている」という状態のほうが,ずっとやりやすい。
 「緊急事態」なら,めんどうな手続きとか,いろんなことから自由だ。

 おそらく,そんなふうにヒトラーは考えていたのでしょう。

 「憲法は(非民主的なものであっても),政府や権力者を拘束する」という,憲法の本質的なところを,ヒトラーは彼なりに理解していたのではないでしょうか?
 
 関連記事:憲法は何のためにあるのか

 このように,「ナチス憲法はなかった」ということは,じつは憲法の本質にかかわる話なのです。

 歴史上の独裁者のなかで,「憲法」の精神をもっとも強烈に否定した,ヒトラー。
 そんな人物の「やり口」を「憲法改正」の議論で,「学んだらどうか」などというのは,やはりトンデモ発言ですね……
 
 ところで,麻生さんは「ナチス憲法というのはなかった」ということを,ほんとうに知らなかったのでしょうか?ひょっとすると「ナチス体制」というべきところを言いまちがえたのかもしれませんが,まあ,どっちでもいいでしょう。

 なお,「ナチス・ドイツに独自の憲法がなかった」ということと,その意味について私がはじめて(明確に)知ったのは,20代の時に読んだ,セバスチャン・ハフナー著・赤羽龍夫訳『ヒトラーとは何か』(草思社,1979)という本からでした。ヒトラーについて考えるうえで欠かせない本のひとつです。
 さっき,アマゾンをみたら,今年1月に新訳が出てました(私が読んだのは,旧訳)。

新訳 ヒトラーとは何か新訳 ヒトラーとは何か
(2013/01/17)
セバスチャン ハフナー

商品詳細を見る
 
(以上)
関連記事