FC2ブログ
2013年09月03日 (火) | Edit |
 あさって9月5日は,マザー・テレサの亡くなった日です。
 そこで,彼女の「四百文字の偉人伝」を。古今東西の偉人を400文字程度で紹介するシリーズ。


マザー・テレサ

目的に対して真摯

 修道女マザー・テレサ(1910~1997 マケドニア)は,インドのスラム街で,貧しい人びとを助ける慈善活動を行いました。活動は世界各地に広がり,彼女はその功績でノーベル平和賞を受賞しました(1979年)。
 彼女は,テレビの取材など,マスコミへの対応には積極的でした。
 もちろん,有名になりたかったのではありません。
 顔を売ることで活動資金を集めやすくしたかったのです。だから,どんなにカメラマンにつきまとわれても気にしない。「それでお金が集まるなら」ということです。
 慈善活動でとくに大変なのが,資金集めです。でも,「困っている人を助けたい」という人で,彼女くらいお金のことに懸命な人は少ないのです。
 一方,彼女の組織には(少なくとも初期のころは),経理の帳簿はありませんでした。
 集めたお金は,全部人を助ける仕事にすぐ使ってしまう。だから経理なんかいらない。それより,本来の仕事にエネルギーを注ぎたい――とにかく,自分の目的や使命に対して真摯な人でした。

塩野七生『ローマの街角から』(新潮社,2000)所収のエッセイ「修道女マザー・テレサ」,チャウラ著・三代川律子訳『マザー・テレサ 愛の軌跡(増補改訂版)』(日本教文社,2001)による。

【マザー・テレサ】
慈善活動家。高校卒業後,カトリックの修道女に。1948年,修道会を離れ,インドのカルカッタで独自の救貧活動の組織を立ち上げる。この組織はのちに法王庁公認となって活動を広げ,彼女が亡くなった1997年には,世界各地に2000を超える拠点を持つようになった。
1910年8月26日生まれ 1997年9月5日没

                          *

 「四百文字の偉人伝」は,古今東西のさまざまな偉人を,400文字ほどで紹介するシリーズ。このブログでときどき載せています。(カテゴリー:四百文字の偉人伝
 その101話をまとめた電子書籍『四百文字の偉人伝』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)も発売中です(アマゾンKindleストア楽天Kobo,ディスカヴァー社のホームページなどにて販売,400円)
                     
四百文字の偉人伝四百文字の偉人伝
(2013/02/04)
秋田総一郎

商品詳細を見る

(以上)
関連記事
テーマ:歴史
ジャンル:学問・文化・芸術