FC2ブログ
2013年09月27日 (金) | Edit |
 いつも長い記事が多いので,たまには短い・とりとめのない話を。
 それを「雑談」と,ここでは呼んでます。

 関連記事:雑談1
 
 ***

 自分のペットをテーマにしたブログは,多いですね。
 このブログを訪れてくださる方のブログにも,あります。

 でも,昔は飼っている動物を,あんなに写真に撮ることはありませんでした。

 妻の田舎の実家では,子どものころ,三毛猫の「タマ」を飼っていました。
 10年一緒に暮らしたタマとの思い出を,妻はよく話します。

 でも,タマの写真は一枚もありません。

 ネコを撮るなんて,フィルムがもったいない。
 30~40年前,とくに田舎では,そうだったのでしょう。

 でもこのあいだ,古い写真を整理していたら,ありました!

 子どものときの妻を撮った写真の隅に,おしりだけ写っている。

タマのおしり

 ***
 
 先日,手塚治虫を描いたスペシャルドラマ『神様のベレー帽』(フジテレビ系)をみました。
 手塚は,私が興味を抱く人物のひとり。

 手塚治虫に扮するのは,SMAPの草彅剛。
 ベレー帽以外は,ぜんぜん似てません(^^;)。
 彼の扮する手塚が登場したときは,「大丈夫か?」と思いました。
 
 でも,そこで描かれる手塚は「ふつうのマンガ家より5倍描くのが速いけど,10倍の仕事を引き受け,ムチャクチャなスケジュールで仕事をする」という人。
 20ページの原稿を,締切を過ぎてから描きはじめ,8時間で完成させたりする。

 これは,芸能人としてとにかくたくさんの仕事をしている草彅君(やSMAP)と,重なるところがあります。「大御所」になっても,マイペースにならず,馬車馬のように働いている…

 「ジャニーズなんて…」という方も,とにかく彼(彼ら)が「たくさん働いている」のは認めるはず。

 途中から「今回の手塚は,草彅君でよかったんだ」と思いました。
 「仕事漬けの大御所」のふつうでない感じが,かなり出ていた気がします。

 ***

 先週,友人数人を自宅に呼んで飲み会をしました。
 そのなかにトモコさん(仮名)という人がいました。
 
 この人が,大学時代のお友だちを1人連れてきた。

 そういえばこのあいだは,前の職場のお仲間がいっしょでした。

 中学時代の友人がいっしょだったときもあります。
 彼女が関わる,地元のバンド仲間がいたことも。

 どの友人とも,長いおつきあい。
 そして,今もあまりご無沙汰せず,しっかりと行き来がある。

 そんなトモコさんをみていて,「人生の友だちバス」というイメージを思いつきました。

 自分が運転する,友だちを乗せて走るバス。
 「人生」という路線を走るバス。
 「中学」「大学」「前の会社」といった停留所で,「友だち」が乗ってくる。
 ふつうは,停留所ごとに「乗る」友だちもいれば,「降りる」友だちもいる。

 私もそう。50年近くバスを走らせているけど,乗る人は増えたり・減ったり…
 
 でも「トモコの友だちバス」は,停留所ごとに乗る人が増える一方です。
 ステキですね。

(以上) 
関連記事
テーマ:思うこと
ジャンル:学問・文化・芸術