FC2ブログ
2013年09月29日 (日) | Edit |
 以前の記事(9月10日)で,ドラマ「半沢直樹」のことを少しだけ取り上げました。
 筋の通った中堅銀行員が,理不尽で卑劣な上司・先輩を叩きのめす。
 それでみんな「すっきり」している。
 
 その「上司」にあたるバブル世代は,嫌われているんだなあ,と思います。私もバブル世代なので,しみじみ感じる。今の日本の,若い世代と中高年以上のあいだの「世代対立」ということが,ドラマのヒットに関係しているのかもしれない…

 そんな話題や,記事に寄せられたコメントをきっかけに,今の日本の「世代」間の問題について,考えてみました。

 ***

 世代間のギャップ・対立というのは,いつの時代でもあります。
 ただ,今の日本では,その「対立」の背景にある状況が今までと大きく変わりました。

 ひとつは,「超高齢化」ということ。

 日本の人口の,最も大きなまとまりである「団塊の世代」は,今65歳くらい。
 この人たちは,十数年後(2030年ころ)には80歳を過ぎます。
 それをどう支えていくか。

 一般的な予測では,2030年には,65歳以上のいわゆる「高齢者」が人口に占める割合は,32%になります(2010年には23%,2000年には17%だった)。
   
 もうひとつは,「経済の低成長が続いている」ということ。
 低成長が長く続くと,「よい仕事,よいポスト(職位・地位)」の供給が細くなっていきます。


 経済が成長しないというのは,会社も大きくならないということ。そうなると,人を新たに雇ったり,部署や管理職を増やすことが以前ほどにはできなくなります。

 すると,以前は「年功序列で地位や給料があがっていく」のを多くの人が期待できたのに,若い世代ではそうでもなくなっていく。
 安定した「よい仕事」に就くのも,以前より難しくなる…

 たとえば「非正規雇用」の増加は,その状況をあらわしています(それにしても「非正規」ってイヤな表現ですね)。

 非正規雇用とは,正社員以外のパート・アルバイト,契約社員,派遣社員等のことです。
(では「正社員」とは何かというと,「雇用期間の定めのない,終身雇用を前提とした労働者」と考えればいいでしょう)

 1990年には,男性(15歳以上)の非正規雇用者の割合は,1割弱でした。それが,2012年では2割ほどになっています。女性の非正規雇用は,1990年には4割弱だったのが,2012年には55%になりました。

 ***

 さて,「超高齢化」「新たな職やポストの供給減」――今の日本の世代間の問題を考えるうえで,このふたつの条件は,つねに忘れてはいけないと思います。

 そして,日々の言動のなかでも,忘れてはいけないのではないかと。
 とくに中高年以上の世代は,そうだと思います。

 まず,今の社会で,何よりも嫌われるのは「エラそうなオジさん(オバさん)」ではないでしょうか?

 ワシは長く生きてきて,なにしろ経験の厚みがある,だからワシを尊敬しなさい。

 今の世の中や会社を築いてきたのは,私たちの実績。だから,私の今のポジションは,与えられて当然(キミたちも頑張んなさい)。


 そういう態度が出てしまうのは,今の時代はホントにいけない。
 ふた昔前(今50歳くらいの私の若いころ)には,こういうオジさんも,まあまあ許されました。将来は自分もあのオジさんのような,まずまずのポジションが得られそうだ,と思えばガマンできなくもないです。

 でも今は(未来は)そうじゃないわけです。

 リタイヤ世代の方で,かなりの社会的地位(大企業や官公庁の役員・幹部とか)にあった人も,気をつけたほうがいいと思います。そんなことを自慢しないように……ふた昔以上前は,そういう方は,たとえば親類や知人の子の「コネ入社」の世話とかができたのです。
 でも,今はよほどの「大物」でないとムリです。
 それなのにかつての地位や仕事の自慢なんかしたって,嫌われるだけ。

 若い人からすれば「オジさん,そんなに偉いなら,ボクを(あたしを)その会社に就職させてよ」といいたいでしょう。

 今の若い世代からみれば,オジさんたちは「先に生まれただけで,おいしい果実を先に持っていってしまった人たち」と映っている面がおおいにあるのです。

 ネット上では,若い人たちの「あいつら(オジさんたち),エラそうでムカつく」という話が,あふれています。感情的なものもあれば,理路整然としたものもあります。私もオジさんなので,読んでいるとめげるので,あまりみませんが…

 「超高齢化」の時代です。若い人には,これからたいへんな負担をかけることになります。中高年はエラそうにしている場合ではないのです(かといって,もちろん卑屈になってもいけない)。

 なお,私は以前は会社勤めをしていましたが,今はフリーターのような立場。若い人の前で「自慢」はしにくい状況です。なので以上のようなことを書きやすい面があります。また,今の仕事で若い人向けの就職相談をしていることも,今回の記述に影響しています。

 ***

 以上は個々人の態度の話ですが,政策的な「課題」についても考えてみましょう。
 つまり,「超高齢化」「職やポストの供給減」のなかでの課題。

 私は,一つの糸口・勘所として「同一の仕事には同一の賃金を」ということが大事だと思っています。

 非正規の人で,正社員と同じような,ときにはダメ社員よりもずっと仕事をしている人がいる。こういう「よく働く非正規」の多数派は,若い現役世代です。でも,その賃金は正社員よりもあまりに低い。これを政策的になんとかできないか。

 非正規雇用の問題については「非正規を正社員化する」という方向の主張もあります。じっさい,その手の法改正なども,近年行われている。

 しかし,現実として「非正規の正社員化」は容易ではないと思います。

 もちろん,正社員としての雇用を,社会全体で大きく増やせるなら,そのほうがいいに決まっています。個々人の問題としても,正社員になれるなら,当然そのほうがいいのです。

 しかし,社会全体の方向性として考えると,「非正規の正社員化」は困難ではないか,ということです。
 「不透明な時代なので,会社の業績・状況に応じて解雇可能な労働力の比重を高めたい(正社員の解雇は法的に困難なので)」という企業側のニーズは強固です。法改正などでは簡単には崩せないと,私はみています。

 しかし,「同一労働・同一賃金」なら,いくらか話がちがいます。説明は今回は省きますが,企業側にも検討の余地があるはずです。やり方しだいでは,職場の生産性向上にもつながる要素があるのです。
  
 高齢化とか「世代間」とかいうと,社会保障やその財政上の問題など,大問題が目白押しです。
 そこももちろん重大なのです。しかし,比較的短期に前進できる(かもしれない)課題として,「同一労働・同一賃金」ということは,もっと議論されていい。
 
 そもそも「仕事に応じた賃金」なんて,本来あたりまえのことでしょう。

 「同一労働・同一賃金」の考え方が力をもってくると,それはいろんな形で波及して,日本の職場や経済に影響をあたえるのでは,と思っています。

 ***
 
 とにかく,できるだけ早く,今の時代特有の「世代間のわだかまり」のもとになりそうな状況に対し,手を打つべきなのでしょう。そのために,私たち(とくに年長者)の態度や心持ちも切り替えないといけないし,政策的にも大きなことをしていかないといけない。
 
 今回は,そのあたりの入口の話でした。おそらく多くの人がご存じだったり,思っていたりすることを,ちょっとまとめてみた,という感じです。

(以上) 
関連記事
テーマ:思うこと
ジャンル:学問・文化・芸術