FC2ブログ
2013年10月02日 (水) | Edit |
 「自分で考える勉強法」シリーズの53回目。

 このところ,「文章論」について述べています。
 今回は「書こうとしても,なかなか書き出せない」「文章の構成に悩む」という人に向けた話。


書きたいことから書けば,書き出せる。

 「書きたいことから書けば,書き出せる」というのは,作家の中谷彰宏さんの本(『人は誰でも作家になれる』ダイヤモンド社 1996,のちにPHP文庫 2003)に出ていたもので,好きな言葉です。

 文章の構成についてあれこれ考えると,うまくいきません。構成は大事なのですが,それを意識しすぎると,かえってまずい構成になるのです。

 あれこれ考えないで,書きたいことから書きましょう。

 「書きたいこと」が一番面白いところのはずです。人に読んでもらうには,いいところを最初にもってくることです。多くの文章家が,同じようなことを言っています。

 慣れないうちはつい,いいところをあとにとっておこうとしてしまいます。
 私も,そういう失敗をくり返してきました。

 文章を友人に読んでもらって,「最初は何を言いたいのかわからなかったけど,最後のところまで読んでやっとわかった」と言われたことがあります。友人だから最後までつきあってくれましたが,一般の読者だったら,1ページでやめてしまうでしょう。

 書きたいことから書くと,文章が書きやすくなります。一番気になることをまず吐き出してしまうことで,気分が楽になるのです。自分が表現しようとしている世界へ,すっと入っていける感じがします。書きたいことを書いているから,気分が乗ってきます。

 逆に,書きたいことをあとにとっておこうとすると,書くのがつらくなります。あとの楽しみのために,がまんして準備作業をしているような感じになるからです。

 とにかく,書きたいところから書き始めて,ひととおり書いてしまう。
 それから,必要ならば順序を入れ替えればいいのです。


 でもたぶん,「最も書きたいこと=読者に伝えたいこと」を最初にもってくるのが,いいのではないかと思います。

 この「勉強法」のシリーズは,1冊の本にすることを意識して書いていますが,一番書きたいことを最初にもってきています。「自分の関心を大切にしよう」「先生に出会うことが大切だ」といったことです。この「勉強法」で一番伝えたいのは,そのことなのです。

(以上)
関連記事
テーマ:勉強
ジャンル:学問・文化・芸術