FC2ブログ
2013年10月31日 (木) | Edit |
 前々回(10月27日)の記事で,「近代社会の原理」ということを述べました。
 ある読者の方の質問――「信じることが正しいかどうかを知るにはどうしたらいいのか?」――を受けて,社会の問題を考えるための「基準」のようなものがあるのでは,と述べたのです。

 以下,その記事からの引用です。

 《……だいじなのは,今の社会を成り立たせている最も重要で基本的なルールや原則は何だろうか,ということ。……
 その「重要で基本的なルール」とは,民主主義の政治体制や,法に基づいて人権が守られること(法の支配),資本による経済活動を含め,人びとの自由な社会的活動を認めること(自由主義)などではないかと思います。……

 私はそれらを「近代社会の原理」と呼びます。
 ヒトラーの体制もソ連の社会主義も,このような「近代社会の原理」からの逸脱の上に成り立っている,と私は思います。》

 ***

 今回は,以上の「近代社会の原理」のうち,「民主主義」ということについて考えてみます。
 そもそも,「民主主義」って何?
 民主主義を定義するとしたら?

 私が考える「民主主義の定義」は,こうです。

 政治的な意思決定に対し,それに従う人々(国民,民衆)が参加できること

 これは,「民主政」「民主制」といってもいいです。
 民主政(制)とは,民主主義に基づく政治の体制・システムのことです。

 政治的な意思決定に従う国民や民衆が,その意思決定に直接参加できるなら「直接民主制」です。

 しかし,規模の大きな現代の国家では,それはむずかしい。そこで,「政治的な意思決定を行う代表者を,国民が選ぶ(選挙する)」という間接的なかたちで,国民は政治的な意思決定に参加することになります。これが「間接民主制」です。

 今の日本なら,国会議員を国民が選び,国会で議員たちが話しあって,政治のことを決めています。そのような政治的な決定は,多くの場合「法律」というかたちをとります。その法律=政治的意思決定に,私たち国民も従うわけです。

 では,「民主主義(民主制)」の対義語は何か?

 つまり,国民が政治的な意思決定に参加できず,少数の権力者がすべてを決める政治のしくみ,ということです。これは「独裁」とか「専制」といいます。

 以上の説明は,政治学者の滝村隆一さんの著作(『国家論大綱』勁草書房,など)によるものです。
 
 *** 

 以上,民主主義の一番大事な点は「政治的な意思決定への参加」だ,といっています。
 それが民主主義の本質だ,ということ。
 本質というのは,「それなくしてはそのモノ・コトが成り立たない,重要な部分」ということ。
 
 なんだかつまらない話だと思う人もいるかもしれません。

 でも,やっぱり大事なことを押さえているのだと思います。
 世の中の民主主義にかんする議論では,以上の「民主主義の本質」を忘れたり,あいまいにしているものが少なくありません。

 リンカーンの有名な言葉で「人民の,人民による,人民のための政治」というのがありますね。
 これは,ここで述べている「民主主義」の定義とも重なる内容です。
 「人民の,人民による」というのは,「人民が政治的な意思決定に参加できる」ということです。

 しかし,世の中には「最も大事なのは〈人民のための〉という部分であって,そこが守られていれば,〈人民の,人民による〉という部分は,さほど重要ではないのではないか」という主張もあるのです。

 「人々を幸せにする,よい政治が民主主義」というわけです。

 「国民・民衆が主人公である政治が民主主義」といった言い方も,ときどきみかけます。
 これも,「よい政治が民主主義」というのに近い面があると思います。
 「国民が主人公である」という部分に「国民が意思決定に参加できる」というニュアンスもありますが,ちょっとあいまいな感じがするのです。

 「政治的な意思決定への参加」という部分をあいまいにして民主主義を論じていると,議論はまちがった方向に行きやすいと思います。

 「国民のための政治が民主主義」というのは,独裁や専制を正当化するときに,よく使われる論法です。
 多くの独裁体制では,「この体制は,すぐれた指導者が人民のための政治をしている,だから最高に人民を大切にしている最高の民主主義だ」といった主張がなされます。

 それにしても,「国民が政治的な意思決定に参加できることが民主主義」なんて,なんだか当たり前すぎて,つまらない感じがしますよね……もっと味わいや感動のある言い方はないものか,という人がいてもしかたないです。

 でも,「こういう一見つまらない,身もふたもない感じの定義のなかに,きわめて重要なことが含まれている」と私は思っています。

 「国民の政治的な意思決定への参加」が民主主義。
 これは一応よしとしましょう。
 そして,このような民主主義には,いろんな面倒くさいことや問題があるわけです。
 次回以降は,それを述べていきます。

(以上)
関連記事