FC2ブログ
2013年11月03日 (日) | Edit |
 このブログでシリーズとして掲載してきた『自分で考えるための勉強法』が,このたび電子書籍として出版されました。
 ディスカヴァー・トゥエンティワンという出版社からです。
 同社からは『四百文字の偉人伝』も電子書籍で出ています。

 販売は,ディスカヴァー社のホームページのほか,先日11月1日あたりからキンドル,koboなどではじまりました。(以下はキンドルへのリンク)
 
自分で考えるための勉強法 (Discover Digital Library)自分で考えるための勉強法 (Discover Digital Library)
(2013/11/01)
秋田総一郎

商品詳細を見る


四百文字の偉人伝四百文字の偉人伝
(2013/02/04)
秋田総一郎

商品詳細を見る
 
 これまでこのブログ上で「勉強法」で読んでくださった方も,ぜひ電子書籍も手にしてみてください。
 スマホなどの画面で,きちんとレイアウトされた体裁で読むと,またちがった感じがあるはずです。あるいは,まとめて一気に読むのも,電子書籍だとより気持ちよくできると思います。

 そして,この電子書籍を買っていただくことは「無名の新しい著者を発見し,育てる」ということでもあります。もし,その点にもご関心があるならば,ぜひお願いします。

 この本がこのような形で世に出るまで,多くの方の支援や励ましがありました。この場を借りて御礼申し上げます。この点については,またあらためて。

 ***

 電子書籍は,スマホでも読むことができます。専用の端末は必ずしも要りません。

 キンドル(アマゾンが運営する電子書籍サービス)で販売される電子書籍だって,専用端末(キンドル)がなくても,スマホがあれば買って読むことができます。Android(アンドロイド)でもiPhoneでも大丈夫。

 電子書籍を読むための専用ソフトを,キンドルのサイトでダウンロードしてください(無料です)。
 そうすれば,アマゾンでID登録されている方なら,アマゾンでほかの買い物をするのと同じように電子書籍を買い,読むことができます。

 ***

 (本の紹介:本書「はじめに」より)
 この本は,「自分で考える」ための勉強法をテーマにしています。
 「勉強」というと,「試験などのためにがまんしてするもの」というイメージを持っている方も多いでしょう。
 しかし,この本でいう「勉強」の目的は,「自分の頭で考えて生きていく」ということです。
 それは,誰かに押しつけられてする勉強ではできません。また,「教養を豊かにしよう」といった問題意識のゆるやかな勉強とも異なります。

 勉強のポイントは4つあります。

 (1)興味のあることを勉強する(第1章)
 (2)よい先生をみつけ,徹底的に学ぶ(第2章,第4章)
 (3)「科学とは何か」といった本質を押さえる(第3章)
 (4)勉強の成果を文章で表現する(第5章,第6章)


 これから,この4つのポイントについて,掘り下げていきます。

 この本は,ひと息で読める短い断片の集まりです。好きなところから拾い読みしてください。
 拾い読みして「いいな」と思ったら,初めから順を追って読んでみてください。

(以上)
関連記事
テーマ:勉強
ジャンル:学問・文化・芸術