FC2ブログ
2013年11月22日 (金) | Edit |
「自分で考える勉強法」シリーズの64回目。
 11月3日の記事にある新刊の電子書籍『自分で考えるための勉強法』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)も,ぜひよろしくお願いします。

自分で考えるための勉強法 (Discover Digital Library)自分で考えるための勉強法 (Discover Digital Library)
(2013/11/01)
秋田総一郎

商品詳細を見る


 このところ,「勉強のための生活論,組織論」について述べています。
 勉強するための「時間」「場所」「人のつながり」といったことです。細かなノウハウではなく,それらについての基本的な考え方。

 今回は,テレビなどの「時間つぶし」をどうとらえるか。「テレビ」というのは,漫然とネットをみたりゲームをすることなども含めて象徴的に言ってます。


テレビと飲み過ぎ以外は,時間の無駄ではない。

 時間を無駄にしないためには,どうしたらいいのでしょうか? テレビを見過ぎないこと,お酒を飲み過ぎないこと。大事なのは,この二つです。

 私はテレビが好きなので,うっかりしていると,5時間でも6時間でも観ています。お酒も好きです。誘われたら,まず断りません。ひとりの夜でも,家で晩酌をしています。

 でも,どこかでほどほどにしておかないと,勉強の時間がなくなってしまいます。

 会社員だったころの私は,仕事から帰るとまずテレビをつけていました。
 その後すぐにパソコンを立ち上げて机に向かいます。そして,テレビを観ながら,ワープロを打ち始める。のってくると,テレビはどうでもよくなって,音を小さくします。

 家に帰るなり飲んでいたのでは,何もできなくなりますから,家で飲むのは(体にはよくないですが)深夜になってからです。でもがまんできなくて,夕食のとき,ちょっとだけビールを飲んだりしたのでした。

 テレビとお酒以外の楽しみで,時間の無駄使いというのはあり得ません。
 もし,テレビとお酒以外で時間を使ってしまって勉強できないというのであれば,あなたがやりたいことは勉強ではないのです。


 つい時間を使ってしまうその「楽しみ」が,あなたの本当にしたいことです。したいことをしているのは,有意義な時間です。

 休みの日にテレビしか楽しみがないという人は,勉強に向いています。テレビを減らすだけで,本が読めます。書くことができます。いろんな楽しみがある人は,そうはいかないのです。

(以上)
関連記事
テーマ:勉強
ジャンル:学問・文化・芸術