FC2ブログ
2013年11月27日 (水) | Edit |
 「自分で考える勉強法」シリーズの65回目。
 11月3日の記事にある新刊の電子書籍『自分で考えるための勉強法』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)も,ぜひよろしくお願いします。

自分で考えるための勉強法 (Discover Digital Library)自分で考えるための勉強法 (Discover Digital Library)
(2013/11/01)
秋田総一郎

商品詳細を見る


 このところ,「勉強のための生活論,組織論」について述べています。
 勉強するための「時間」「場所」「人のつながり」といったことです。細かなノウハウではなく,ざっくりとした基本的な考え方。今回は,誰にもある,不調なとき・つらいときをどうするか。


つらくなったら,活動レベルを下げて,
できることをすればいい。


 読むことや書くことを,職業でもないのに続けていると,「もうやめてしまおう」と思うことがあります。忙しさの中で,だんだんと意欲が衰えてくる。「自分も何かしたい」という気持ちが薄れてくる。

 でも,そこでやめてしまうことはありません。もったいないです。

 半年や一年勉強しても,たかが知れています。一日のペースを気にせずに続けることが大事です。

 何かの事情で学ぶことがつらくなっているのなら,活動レベルを下げて続けることをおすすめします。

 何かを書き上げるだけの時間やエネルギーがないと思うなら,読むだけにする。
 むずかしい本を読むことができないなら,もっと気楽な本を読む。
 書いたり読んだりするペースを落とす。年に百冊読んでいたのが,十冊になってもいい。研究や読書のプランをぼんやり考えるだけでもいい。

 もちろん,重い病気にかかったときなどは,治療に専念することになります。そのため,活動レベルがほぼゼロになるときもあるでしょう。

 でも,とにかくそこで「やめた」と思わないこと。
 こうして活動レベルを下げるのも,一時的なことだと思うこと。

 期限を決める必要はありません。元気が戻ったり,障害となっていることが過ぎ去ったりしたら,復帰すればいいのです。

 そのうち状況は変わります。
 短期間のうちに大幅に変わることはなかなかないかもしれません。
 でも,ほんの少しだけなら,変化があるはずです。そのとき,「いずれまたやるぞ」という心の準備ができてさえいれば,わずかな状況の変化でも,すぐにまた動き出すことができるのです。

 私も,1年くらいの間,活動レベルをダウンしていた時期があります。体調を崩していたのです。
 その時は書くのをやめて,疲れない本を読むだけにしていました。でも,「調子が戻ったら,またやるぞ」と思っていたので,やがて復帰できました。

 「もうやめた」と思って気持ちが切れてしまうと,再開するのがむずかしくなります。
 「もうやめた」という自分への約束を守ろうとしてしまうのです。

(以上)
関連記事
テーマ:勉強
ジャンル:学問・文化・芸術