FC2ブログ
2013年12月27日 (金) | Edit |
 数日以上更新が途絶えていました。
 今年1月にブログを開始してから,はじめてのことです。

 トップの記事にある「そういちカレンダー」の製作の追い込みと,郵送などの作業に追われていたのです。
 勤めの仕事の時間以外の大部分を,その作業に費やしてきました。

 でも,それも昨日でひと段落。
 昨日は,これまでに注文のあった方たちに,はじめての商品の「出荷」(郵便での発送)をしました。
 最初のお客様です。ありがとうございます。

 その出荷数ですが,7名の方に計18冊。
 「少ないな」と思われるかもしれません。
 でも,これがスタートだと思います。

 今は何千,何万という発行部数になっている,ミニコミの雑誌が,最初は「何十部」だったということも,あるのです。

 とにかく,買ってくださる方がいた。
 ここから,いかに広げていくか。

 作者としてはこのカレンダー,「なかなかのものができた」と思っています。
 いろいろ「発展途上」な部分はあるにせよ,このカレンダーをよろこんでくれる方が 世の中にはきっといるのではないかと思っています。
 そのような方たちの毎日に,ちょっとした刺激やたのしみをもたらす一助になってくれればいいなと……
 
 それだけに,どうにかして広げていきたいと思っています。
 「全然売れない,すごい商品」に終わらせたくないですね……

 ***

 あとは,「思い立ったことを実行して,めざすものを完成させた」というのは,やはりうれしい気持ちです。
 11月の末に,ふと「こういうカレンダーを(おくればせだけど)つくろう」と思い,取り組みはじめました。
 完成に1か月弱かかりました。

 1人で60本あまりの記事をまとめ,30あまりのイラストを描いて,編集・レイアウトをしました。
 このカレンダーには,ひと月ごとに5本のコラムとイラストがびっしり詰まっているのです。(トップの記事にあるカレンダーの画像をごらんください)

 このように「1人で最後までやる」というのは,重要な感覚だと思いました。

 もちろん,「1人でなんでもやる」ということが,いい結果につながるとはかぎりません。
 1人でできることには,当然限界があります。
 でも,「1人でやるしかないときに,1人でやりぬく」というのは,やはり重要ではないか……そんなことを,やってみて感じました。今回のカレンダーについては,私は「1人でやるしかない」という状況でしたので……

 そして,完成して「出荷」してみると,「製品そのものの完成」じたいは,やはり「スタート」にすぎないとも感じます。製品を世の中に広めていくこと・売り込んでいくことこそが,さらに重要なのだ,と。
 そしてそのためには,人とのつながりが何より大切。
 それを,自分なりの,ごくささやかなスケールの取り組みで実感しています。

 もしも,このカレンダーに関心を持ってくださる方がいらしたら,ぜひ「広める」ことに手を貸してください。
 
 このカレンダーをつくった背景,考え方等についてもぜひ述べたいのですが,それはまた近いうちに。

(以上) 
関連記事
テーマ:勉強
ジャンル:学問・文化・芸術