FC2ブログ
2014年01月03日 (金) | Edit |
 正月なので,風呂敷を広げて,2013~2014の世界と日本を考えてみることにしました。(新年のごあいさつは,下の記事で)
 今回は「世界編」です。大風呂敷は広げましたが,短かめに・さっくりと。

 ***

 「世界情勢の1年を振り返る」というと,たいてい「世界は混迷と不安定の度合いを深めている…」というまとめになります。ほぼ毎年そうです。

 2013年も「混迷」の材料はたくさんありました。
 シリアでは深刻な騒乱(内線)が続いています。
 エジプトでは独裁政権を倒した後の政権が,軍事クーデターで倒され,憲法も停止されました。
 中国はますます自己主張が強くなり,周辺の国からみれば不当に思える「空の縄張り」(防空識別圏)を宣言したりしています。
 そのなかで,米国のリーダーシップはますます低下している……などともいわれます。
 
 私は,こういう現象は,いつも同じような視点でまとめてみてしまいます。
 「バカのひとつおぼえ」といってもいいです。

 それは,「世界全体の近代化」がますます進んでいる……ということ。

 「近代化」とは,民主化や経済発展などの社会の変化です。

 シリアの騒乱も,エジプトのクーデターも,2010年ころにはじまった「アラブの春」という民主化の動きにともなうことです。独裁に反発する人びとが,既存の政権を倒したり揺るがせたりしている中でのこと。

 この「民主化」の動きは,世界史の大きな流れでみれば,「1990年ころに社会主義の独裁政権がつぎつぎとと崩壊したこと」と同一線上にあるのではないでしょうか。あのとき,ソ連などの社会主義国で起こったのと同様のことが,今のアラブでも起こっているのではないか。

 もっと古くは,1970~80年代に,アジア諸国やラテンアメリカなどでも,つぎつぎと独裁政権(軍事政権が多い)が倒されるか支配力が後退して,民主化が進むということがありました(あまり強調されないことですが)。

 数十年単位でみれば,世界では「独裁」が後退して「民主化」が進む傾向にある。
 「民主化」は「近代化」の重要な一部です。

 しかし,民主化が進む大きな流れのなかで,混乱やあつれきが生じることも多いです。今のシリアやエジプトは,まさにそうです。

 ***
 
 中国が周辺への圧力を強めているのは,中国の経済発展の結果です。
 西暦2000年ころ,中国のGDPは100兆円を少し超えるくらいで,日本の4分の1くらいでした。それが,今は日本を少し上回るくらいになりました。
 こうなると,自己主張をいろいろしたくなるものです。以前の中国は,もっと自己主張をしたくても,経済などの実力が不足していました。

 「経済発展」は,「近代化」の根幹です。
 中国が近代化し,経済大国になることで,たしかに世界のバランスは変わってきたのです。
 
 1990年代には,世界のGDPの3分の2は,欧米先進国と日本が占めていました。しかし,中国などの新興国が台頭した現在では,世界のGDPに占める先進国の割合は5割弱となっています。それでは米国の影響力が後退しても当然です。
 これも世界の経済発展,つまり「近代化」にともなう必然です。

 ***

 「これは世界史的な近代化(民主化や経済発展)の動きの一部だ」というのは,非常な「上から目線」であるともいえます。その渦中で生じた問題に苦しむ人たちに,冷淡な感じもします。
 たとえばシリアの難民の人たちに申し訳なくて,言うのがためらわれます。

 でも,「世界は混迷しているだけじゃない」ということは,おさえておいていいのではないでしょうか。

 世界はある面で「混迷」しつつも,ひとつの「めざす方向」へ向かっているのではないか。そういう視点やイメージがあっていいと思います。新聞やテレビだと,なかなかそこまで踏み込まないですし……

(以上) 
関連記事