FC2ブログ
2014年04月10日 (木) | Edit |
 ワイドショーやニュースで,昨日行われた小保方さんの会見の一部をみました。

 残念ながら,「科学」の議論にはなってないと感じました。

 「悪意はない(私は悪い人じゃない,ウソはつきません)」
 「私は200回は成功した,だから信じてください」

 これは,科学の議論ではなくて,会議や根回しの論理です。

 あるいは「オカルトの人」の論理かもしれません。
 つまり,

 「私は200回金星人と会ったことがあるので,金星人は実在します。証拠となる映像もあるけど今は出せません。私以外に金星人と会った人はいませんが,私はウソはつきません。金星人をみなさんの前に呼ぶこともできます。でも今日はちょっと……」

と言っているようなものです。

 でも,この問題で第一に重要なことは,「追試(ほかの科学者による再現の実験)がどうなるか」ということ。その可能性はともかくとして,もしも「再現」がなされたら,状況は一変します。ということは,ほかのことは「枝葉」なのです。この点は3月2日の記事 科学ってそういうもの でも述べたとおりです。

 しかし,小保方さんにとって「自分の身を守る」という点からは「会議や根回しの論理で争う」ということが必要になってしまっている。
 そのあげくに,見方によっては「金星人に会った人」と同じようなことを言っているのです。
 ほんとうに残念なことです。

 ***

 以上「残念」だとは述べましたが,あまり批判めいたことは言いたくない,とも思います。「この件が今後の日本の科学や社会にとって,悪い影響を残さないか」と心配だからです。

 「悪い影響」というのは,この件が「若い連中は,やっぱりダメだ」という話になっていくこと。

 「今の日本は,若い世代に冷たい」と私は思っています。その根本の原因には,高齢化で中高年が社会の多数派や主流になったことがあるでしょう。もうこれ以上,若い人の足を引っ張る「材料」が増えてほしくないです。
 
 先日の国会答弁で山中教授が述べた「30代の研究者は実験は上手だが,ほかの点は未熟」という発言も,そこだけ取り出して若い世代へのバッシングの材料にならないように,と思います。

 あの答弁は「国会のオジさんたちが,山中教授にああいうことを言ってほしくてお呼びして,期待に応えてもらったもの」だと,私は捉えています。
 
 立派な人格者の,国家予算が必要な科学者なら,あんなふうに「オジさんの求める話」を言うでしょう。あまり影響されないことです。
(なお,ノーベル賞受賞者や,それに匹敵する科学者のなかには「何を言い出すかわからない」タイプもいますが,そういう人は国会には呼ばれない。でも,そんな人の話こそ,ホントは聞きたい)

 「30代の研究者が科学の実験以外は未熟」なら,たぶん50代や60代の科学者でもそういう面があるはずです。
 人によって違いはありますが,専門家というのは,そういうものではないでしょうか。科学者でなくても,私たちの多くは自分の専門や,住んでいる世界の外へ出れば「未熟」なものです。

 この件が,「すべて,ひとりの若い・未熟な研究者がやったこと」というトーンになっては,いけない。

 もちろん,問題を引き起こした人には,その人としての責任があります。
 でも,若い世代が問題を起こすときには,上にいる人間のマネジメントの落ち度や劣化ということが,あるものです。月並みな言葉でいえば「管理不行き届き」。そのことを忘れている発言には,ご用心。

(以上)
関連記事