FC2ブログ
2014年04月30日 (水) | Edit |
 昨日の昭和の日は,ひさしぶりに夫婦いっしょの休みだったので,2人で出かけることにしました。
 たまには都心に行こう,ということで,東京駅を出発点に,丸の内から日本橋にかけて歩きました。

 めったに行かないところを歩いたので,新鮮でした。
 すっかり「おのぼりさん」になって,たくさん写真を撮りました。

 私は建築好きです。今回は丸の内界隈の建物が,とくに印象に残っています。
 
 丸の内の周辺は,この10年余りのあいだに,大きく変わりました。つぎつぎと昭和のビルが取り壊され,21世紀の新しいビルに建て替えられていきました。

 新しい丸の内には,最新の・近代的な街並みの美しさが,もちろんあります。
 最近リニューアルした東京駅のように,古い建物を生かすという面も,みられます。
 基本的には「新しい丸の内になって,よかったなあ」と思うのです。

 でも一方で,「これみよがし」「威張った感じ,威圧感がある」「ゴテゴテしている」印象のビルが目立つ気もします。こんな感じです。

丸の内界隈のビル5

丸の内界隈のビル4

丸の内界隈のビル

丸の内界隈のビル2

 以上は銀行などの金融機関のビルが多いです。丸の内は,そういうビルが集まっているところ。

 こういう,私にいわせると「威張った,ゴテゴテした感じ」は,「シンプルなモダン」をのりこえる新しいデザインとして,出てきたものです。近年の建築の傾向です。
 そんな「建築の新しい傾向」を,まとめてみることができるのが,丸の内です。

 私はこの「新しい傾向」が,あまり好きではありません。
 もう少し自己主張をおさえて,静かな・端正なたたずまいにできないものか,と思うのです。大きな大きなビルなんですから,静かにしているだけで,十分な存在感があるのです。自己主張をすると,うるさいです。

 日本橋界隈の新しい・大きな商業施設についても,似た印象を持ちました。
 壁面も天井も,いろんなアイデアを詰め込んだ装飾で埋め尽くされています。
 たのしいし,きれいだとは思うのですが,ちょっと疲れる。

 ラーメンのスープでいうと,今どきの「濃厚」タイプ,みたいな。
 あっさり醤油味が,なつかしくなる。
 自分は「古い」人間になってきたのかな……などとも思いました。

 最後は,昭和20年代から続く喫茶店で,コーヒーフロート(530円)を,2人でいただいて帰りました。
 アイスクリームがおいしかった。甘すぎず,シンプルな味わい。ウエイトレスのお姉さんやご主人の接客もいい。また行こう。

 建物への「文句」をいろいろいいましたが,それでも,普段みることができないものに多く触れることができて,充実したお散歩でした。

(以上) 
関連記事
テーマ:建築デザイン
ジャンル:学問・文化・芸術