FC2ブログ
2014年06月16日 (月) | Edit |
 ワールドカップの日本の初戦はコートジボワールに敗れ,残念な結果でした。

 ところで,コートジボワールの人口やGDP(国内総生産)って,ご存じですか?
 GDPとは,その国で1年間に生産された富(付加価値)の総額のこと。その国の経済規模をあらわす数字です。

 コートジボワールの人口は,2000万人(2012年),GDPは240億ドル(2011年)。
 日本(1億2800万人)とくらべると,人口は約6分の1。
 そしてGDPは,日本が5.9兆ドルですので,コートジボワールは日本の240~250分の1。

 コートジボワールの1人あたりGDPは1200ドル。日本(46000ドル)の40分の1。
 1人あたりGDPは,その国の経済の発展度を示す数字です。
 同国の経済発展は,「まだまだ」ということです。

 1人あたりGDPが日本の40分の1で,人口が6分の1。
 GDP(経済規模)は,日本の240~250分の1。
 
 「経済力」「国力」というモノサシでみたら,日本とコートジボワールは,くらべものになりません。
 でも,「サッカー」という価値観のもとでは,そんなことはたいした意味はないわけです。

 「サッカーの下の平等」といったらいいでしょうか。

 それは,ワールドカップのすばらしさのひとつだと思います。

 オリンピックは,こうはいかないのです。
 オリンピックではたとえば「メダルの数」という尺度があります。その尺度では,大国や先進国が圧倒的に優位です。つまり,現実の国際社会のなかでのポジションが,かなりそのまま反映している。
 開会式での選手団入場の行進をみると,大国と小国の差というものを感じます。アメリカのような大選手団がある一方で,たとえばアフリカの国などは,こじんまりした選手団です。1人2人しか選手がいない国もある。

 ワールドカップだって,現実の「国力」と無関係ということではありません。ワールドカップ出場国は,世界のそれぞれの地域において,一定以上の規模の,存在感のある国ばかりです。

 でも,出場国のなかに中国やインドはいません。
 アメリカは,オリンピックのときのような圧倒的な存在ではない。
 経済大国日本も,サッカーでは「発展途上国」にすぎません。

 ワールドカップにおいては,現実の国家間の力関係とはかなり異なるヒエラルキー(階層)があるわけです。
 南米勢が強豪であったり,アフリカ勢にもチャンスがあったりする。
 コートジボワールが,経済規模200倍以上の日本を負かしたりもする。

 ここでは「サッカー」こそが価値の尺度なのです(ほかに「お金」という尺度もあるようですが,それはおいておきましょう)。
 こういう世界的なお祭りがあるのは,やはりすばらしい。開放感のある,いい息抜きになります。

 ちなみに,つぎの対戦相手ギリシャの人口は1100万人。GDPは3000億ドル。1人あたりGDPは26000ドルです。
 ギリシャのGDP(経済規模)は,日本の20分の1ということです。

 でも,そんなことは関係ないのが,ワールドカップというものでした・・・それはわかっているのですが,私はついそういう数字を確認してしまうのです・・・

(以上)
関連記事