FC2ブログ
2014年06月30日 (月) | Edit |
たちこめる暗雲

 きのうの夕方,我が家のベランダからみた空。
 ゲリラ豪雨が降ってくる直前。
 まるで特殊効果の雲みたい。迫力あるなあ。

 古い団地の我が家は,高台にあります。
 この家を買うときの案内で,不動産屋さんは「見晴しがいいですよ」とさかんに言ってました。

 そのときは,それがそんなに重要だとは思いませんでした。
 でも,何年か住んでみて,価値がわかりました。

 これから家を選ぶ人は,できれば「見晴し」「家からみえる風景」の重要性にもっと目を向けるといいと思います。

 でも,多くの人は広さや間取りや,建物のこまかい仕様にばかり関心がいってしまう。

 だから,「見晴し」は不動産価格的にはそれほど評価されない傾向があります。
 それだけに,「すばらしい眺望の割安物件」というのもあり得るわけです。

 家から遠くが見わたせるのは,ステキなこと。
 この写真を撮ったときのように,空と雲の変化を身近に感じられるのは,すばらしい。

 この日,たちこめていたのは「暗雲」でしたが,世相に暗い影を感じていたとか,身辺に不安があるとか,この写真はそういう主旨ではありません。

 「こういう風景を家でみることができて,しあわせだなー」と,晴れ晴れした気分になりました。

たちこめる暗雲2

(以上)
関連記事