FC2ブログ
2014年07月05日 (土) | Edit |
 前回の記事(今月の名言)で,哲学者ヘーゲルの言葉とされる「自由とは必然性の洞察」を取りあげたところ,読者の方から頂いたコメントに,つぎのようなお話がありました。

《 ヘーゲルはなんとなく僕にとって印象がよくないんです。僕自身がキルケゴールから哲学に入っていったということもあるでしょうし、なんとなく批判の対象になっているイメージが強く、今までその著作に触れることなしにきてしまいましたが、そういちさんはどのようにお考えでしょうか?
  もし、なにかおすすめの作品、ヘーゲルについてのなにかアドバイスございましたら、おねがいできないでしょうか。》


 コメントをくださったのは,ブログ孤独な放浪者の随想の著者hajimeさん。
 同ブログは,若い読書家である著者が,さまざまな古典を引用しながら思索していく,という記事がメインになっています。前回の記事で,私はヘーゲルのほかにデフォーの『ロビンソン・クルーソー』からの言葉も引用しましたが,これは同ブログの記事で知ったのでした。

 以下は,頂いたコメントに対する返信に手を加えたものです。

 ***

 キルケゴールに思い入れがあるとなると,たしかにヘーゲルは印象が悪くなりますね。
 両者の哲学は,同じ「哲学」といっても,全然別の学問だと思います。
 「昔のテツガクと今のテツガクの違い」といったらいいでしょうか。

*キルケゴール(1813~55,デンマーク)「ヘーゲル学派」的な抽象的な一般論を展開する哲学を批判し,自己の体験に基づいた主体的な思考を追求した哲学者。20世紀の哲学にも大きな影響を与えた。

*ヘーゲル(1770~1831,ドイツ)近代哲学を集大成した哲学者。その哲学は「客観的観念論」といわれ,この世界を「絶対精神の自己展開の場」としてとらえる理論を説いた・・・なんだそれは?という話ですが,「絶対精神」というのは,とりあえず非常に抽象化された「神」のようなものだとイメージすればいいでしょう。絶対精神はそのなかに「矛盾」(「矛盾≒対立」ととりあえず理解)を背負っていて,その矛盾をより高いレベルで統一・解決する方向で生成・展開していく。そのような運動・変化がこの宇宙や社会を貫いている,というのです。うーんたしかに抽象的です。


 キルケゴールの哲学は,乱暴な言い方をすれば「人生論を学問的・論理的に深く述べたもの」といえるでしょう。それが「今のテツガク」です。現代の哲学は,その扱う世界を「人生論」や「倫理学」,あるいは「論理学」などに限定しています。

 ところが,ヘーゲルの哲学は,もっと大風呂敷です。
 つまり「森羅万象の論理を究める」というのが,彼の哲学。
 これは「昔のテツガク」に属します。(「森羅万象の学」としての哲学,という見方は板倉聖宣さんの著作からのものです)。

 ヘーゲルは,いかにも「哲学」な感じの論理学などについて述べるだけではありません。彼の学位論文は「惑星軌道論」でした。『エンチュクロペディー』という著作では,電気学などの当時の「先端科学」についても論じています。そして,世界史や法学のような社会科学的な分野でも独自の理論を展開しているのです。
 
 そのような学問的な作業のうえに「世界についての一般理論」といえる彼の「論理学」の世界があります。

 **

 このような「昔のテツガク」の世界は,ヘーゲル以前から大きな流れとして長く続いてきたものでした。

 ヘーゲルより数十年前の大哲学者カントも,ヘーゲルと同様の取り組みをしたといえます。彼の学位論文は「星雲説(太陽系生成の理論)」でしたし,今でいう地理・歴史や法学や心理学などさまざまな学問分野をふまえて,彼の理論は構築されています。

  「近代哲学の元祖」といえる,フランシス・ベーコンやデカルトやジョン・ロックも,自然科学にたいする強い関心や素養がありました。
 たとえばベーコンは「科学技術を基礎とする産業国家」を構想しました。デカルトが数学や自然科学の領域を真正面から扱っていることは比較的よく知られています。ジョン・ロックは若いころは医学を学んでいます。

 そのような「森羅万象の学」の元祖は,古代ギリシアのアリストテレス(紀元前4世紀)です。
 岩波書店の「アリストレス全集」は1冊平均500ページほどで全17巻。論理学,政治学,経済学,心理学,力学,天文学,気象学,生物学,生理学等々を扱った論文集です。

 しかし,このような「森羅万象の学としての哲学」というのは,今は骨董品です。
 ヘーゲル以後(1800年代半ば以降)は,「科学」の時代になります。つまり「森羅万象の学」ではなく,「個別的・専門的な領域を究める学」の時代になるわけです。
 ヘーゲルは「昔のテツガク」の最後の巨匠といっていいでしょう。「昔のテツガクの総決算」的な存在です。

 キルケゴールの時代(1800年代半ば)になれば,ヘーゲルのような「森羅万象の学」の感覚で世界を解釈する「哲学」など時代錯誤になりつつあった,といえるでしょう。

 哲学者が個別科学的な領域で「ああだ,こうだ」といっても,科学研究がすすめばボロがいっぱい出てくるわけです。1800年代は,哲学的な学問を「過去」のものにしてしまうような,自然科学の成果がつぎつぎとあらわれはじめた時代でした。

 それなら,テツガクが生き残るにはどうすればいいか? 「人はいかに生きるべきか」的な,科学にはなりにくいテーマに,哲学の仕事を限定するしかないのです。

 キルケゴールは,そんな時代のなかで,哲学を「大風呂敷な森羅万象の学」から「学的(哲学的・理論的な)人生論」に再編した1人だと思います。「今のテツガク」をつくるうえで重要な仕事をした哲学者だったということです。

 **

 でも,ヘーゲル的な「森羅万象の学」って,私は魅力的だと思っています。やはり大風呂敷な魅力がある。
 なじめない人もいると思いますが,「これはこれでそういうものだ」と思ってみていただければいいと思うのです。

 南郷継正という思想家は,へ―ゲル哲学の感覚を「世界を手のひらに乗せる」(ようなものだ)と説明していました。キルケゴールに言わせれば,「手のひらに乗せて眺めて何になる」ということでしょう。「私たちは世界の中で生きているんだから,世界の『中』にいる人間の視点でものを考えるべきだ」というわけです。

 たしかにそれも一理あります。でも,たまには「手のひら」に乗せるような感覚で,この世界について考えてみてもいいのではないでしょうか。そこで得られるものもあるはずです。

 **

 ヘーゲル入門でオススメはつぎの2つです。もしよろしければ。
 でも,私も「入門」のままで終わっているのでしょう・・・
 
 『哲学史序論』岩波文庫  冒頭の「就任演説」だけでも。
 『歴史哲学講義 上・下』岩波文庫  長谷川宏氏による新しい感覚の翻訳で読みやすい。

  ヘーゲルについては,私は南郷継正さんの著作を通して入門したのでした。『哲学史序論』は,南郷さんが「ヘーゲル入門」として紹介していたのです。

 コメントいただいたおかげで,前から書いてみたいと思っていたことを書く機会となりました。ありがとうございます。またよろしくお願いします。

(以上) 
関連記事