2014年08月31日 (日) | Edit |
 8月も今日で終わり。
 8月は終戦の日にちなんで,戦争と平和のことを考える報道などに触れる機会が多い。そのなかで考えたことです。ほんとうはもっと早くアップすべきでしたが。

 ***
 
 誰もが「平和は大切」というけど,戦争はなかなかなくなりません。
 それは,「平和」を求めるのと同じくらい強力な「正義」が,しばしば戦争と結びついているからです。
 何かというと,「世の中の不平等・格差を是正したい」という思いです。

 たとえば革命はしばしば内戦をともないます。そして革命とは,現存する「格差社会」をひっくりかえそうとする政治変革のことです。格差のピラミッドの頂点にいる人びとをひきずりおろす。そしてたいていは大義名分として「不当な格差を是正すること」をかかげます。

 あるいは,国際的なテロにかかわる勢力の多くは,欧米などの先進諸国と自分たちとのあいだの「格差」に怒っているのです。

 戦争(第二次世界大戦,太平洋戦争)の前夜である,1930年ころ(昭和戦前期)の日本は,今の日本よりもはるかに「格差社会」でした。

 当時の日本では,「成人人口の上位1%」にあたる高額所得者,つまりごくかぎられた富裕層が,全国民の所得の2割ほどを占めていました。この「上位1%シェア」は,今の日本(2010年ころ)だと,1割ほどです。

 しかも,その富裕層の所得の半分ほどは,金融資産からの利子・配当や,不動産からの地代・家賃などの,いわゆる「不労所得」でした。
 これに対し,今の日本の「上位1%」の所得では,不労所得は全体の1割ほどにしかすぎません。今の「上位1%」の所得の8割は給与所得です。つまり,不労所得ではなく,自ら働いて給与として得たものが,今の富裕層の所得のメインなのです。

 以上は『週刊エコノミスト』2014年8月12日・19日合併号の森口千晶(一橋大学経済研究所教授)のレポートによるものです。

 つまり,戦前の富裕層は,今よりも多くの富を独占し,しかもその富のおもな源泉は「不労所得」だったということです。
 
 そして,少数者がより多くの富を独占していたということは,貧しさにあえぐ多くの人たちがいたということ。
 たとえば,借金のカタに売られてしまう農家の少女がいる。
 農家の次男・三男にはうけ継ぐ田畑はなく,かといって都会に出ても職がなかなかみつからない。
 都会には,低い待遇でギリギリの生活をする給与生活者たちがいる。

 戦前の日本経済は未発達で,工場やオフィスで働く仕事はかぎられていました。「都会へ出れば何かの職がみつかる(それがあたりまえ)」というのは,戦後の高度成長以降のことです。

 戦前の日本は,一部の既得権を持つ人たちを除いて,生きるのが今よりもずっと大変だったのです。
 もちろん「今とくらべて」ということで,「さらに昔とくらべてどうか」ということはおいておきます。

 単純化していうと,少数の「持てる者」のほか,親からの田畑を引き継いだ者以外には,つねに「貧困」との闘いや「貧困」に落ち込むリスクが待っていたということ。
 その一方で,ばく大な「不労所得」で贅沢三昧をしている人びともいる。

 ***

 このへんの,1930年(昭和5)ころの貧困・格差の問題と戦争の関係について,戦前を知るエコノミスト・下村治(1910~89)は,当時をふりかえって1960年代につぎのように述べています。

《当時の困難な社会,経済,政治の問題すべての根底のあったのは人口過剰という問題でした。(そういち注:ここでいう「人口過剰」とは,人びとに十分な職や富をいきわたらせることができないという「格差・貧困の問題」として理解するといいでしょう)》

《農村の生活水準の低さ,都市における失業問題,その失業者の帰農による生活困難の加重が,国民多数の心を圧迫した社会的,政治的な問題であり,そういう問題に押されて,歴史全体が思わざる方向に押し流されるという結果になったのです》

《つまり,当時の状況のもとでは,右と左を通じて,人口過剰の状態を,経済のメカニズムの中で内部的に解決することはできないと思ったわけです。資本主義体制を崩すことがその解決であると考えた人は左(社会主義的な方向)に行き,領土の狭いことが悪いのだと思った人は右(軍国主義的な方向)に走ったわけです。そして,この後者の考えがその後の日本の運命を決定的に左右することになったのです》


 下村は大蔵官僚出身で,池田勇人首相のブレーンとして活躍した人物です。この発言を私は原田泰『世相でたどる日本経済』(日経ビジネス文庫)で知ったのですが,戦前の社会の状況をじつに端的に述べていると思います。

 このような混迷の状態であれば,軍部が権力を握り,社会・経済を軍国主義的に統制していくという,一種の「革命」には,「正義」や「正当性」が生じてくるのでしょう。「不平等な格差社会を正す」という正義です。

 「こんな不平等な世の中,まちがっている!」という怒り,といってもいいでしょう。
 世の中を大きく変えることになる「戦争」を,歓迎する人もいたことでしょう。
 「日本の領土が大きくなったら,自分たちにも,何かいいことがあるのではないか」というわけです。

 そもそも,こうした「軍部による支配」をリードしたエリート軍人だって,戦前の「格差社会」のなかであえいでいました。
 つまり,昭和戦前期の若手・中堅の将校たちについて,「安月給の貧乏サラリーマンだった」という見方があります。

 この見方を,私は岩瀬彰『「月給百円」サラリーマン 戦前日本の「平和」な生活』(講談社現代新書)で知りました。
 岩瀬さんは,軍人の俸給一覧表や陸軍中尉の妻の手記などから,当時の将校たちの暮らしの厳しさについて述べています(あくまで「エリートの割には」という厳しさですが)。ある事例によれば,当時の将校は,同年代のエリート官僚とくらべて半分くらいの年収だったといいます。

 そして,岩瀬さんは「貧乏サラリーマンとしての軍人」という視点を,評論家の山本七平(1921~91)から得たのだそうです。山本の見方を岩瀬さんは,こう要約しています。

 《戦前の社会が軍人に対する見かけの尊敬を保ち,軍人にも高いプライドを維持させる一方で,待遇面では「明白な貧困が彼ら自身にあり,また彼らの目前にあった」という低レベルに放置していたことが,ニ・ニ六事件(日本が戦争への道を歩むひとつのきっかけになったクーデター事件)の青年将校始め軍人を心理的におかしくしていった要因のひとつ》

 なお,岩瀬さんの同書によれば,戦争に突入すると,軍人の給与・待遇は大幅に改善されたそうです。

 ***

 「格差社会」への怒りが戦争を生んだ……少なくとも戦争へと国を導いたひとつの要素だとしたら,その結果はどうだったのか? 「格差の解消」という面でどうだったのか。

 最初のほうで引用した,森口教授のレポートを,またみてみましょう。
 
 終戦(1945年)を境に,「上位1%が社会の所得の2割を占める」という状態は崩壊します。
  「上位1%」が占めるシェアは,今よりも少ない8%程度になります。いっきょにそうなりました。

 富裕層の所得の大半を占めていた,利子・配当所得や,地代を中心とする不動産所得は,吹き飛んでしまいました。それらの所得のベースになっている,社会資本や土地への権利などが消えてしまったからです。戦災で失われたり,戦後の政治変革によって既得権が奪われたりした。

 敗戦の結果,戦争前夜に多くの人たちが苦しんだ「格差社会」は消滅したのです。

 ただし,その過程で何百万人もの日本人が亡くなったのでした。戦場となったアジア諸国にも多大な苦痛を与えました。

 「格差」への不満や怒りというのは,恐ろしいものなのだと思います。
 方向性をまちがうと,とんでもない負のエネルギーとなって社会に禍(わざわい)をもたらす面があるのではないか。戦前から戦争の時代にかけての日本の経験は,それをよく示しているように思います。

 それだけに「格差」の問題は,おろそかにはできない。
 この問題を,平和のうちに,民主的にうまく取り扱うことが必要です。
 これは,「民主的な意思決定による,課税と分配」によって行われることになるはずです。 (それ以外に何があるというのでしょう)

 でも,ほんとうにうまく扱えるのか?
 これについては,またいずれ。

(以上)
関連記事
スポンサーサイト
2014年08月20日 (水) | Edit |
 最近,更新が疎かになっていました。
 この2週間は,前回の記事でも述べた,身辺の資料やモノの整理をしたり,少し仕事や生活をゆっくりペースにしたり,「自分の状態を整える」ことを第一にしていました。そのなかで,ブログの更新があとまわしになってしまいました。

 有名な自己啓発書で,コヴィーの『7つの習慣』という本があります。そこに成功のためのだいじな「習慣」のひとつとして「刃を研ぐ」というのがあります。「自分の状態を整える」ということです。

 たとえば,木こりの仕事。ひたすら斧をふるって樹を切り続けるのではなく,ときどき作業を中断して刃を研ぐことをしないといけない。そのほうが「切る」仕事を休まず続けるよりも,高いパフォーマンスを発揮することができる。
 今回は,そんな「刃を研ぐ」ことをしているつもりです。

 でも,ずっと研いでばかりでもいけない。ぼちぼち作業(やりたいこと・やるべきこと)に復帰しないと。
 
 ***

 さて,1日過ぎてしまいましたが,8月19日はファッションデザイナーのシャネルの誕生日でした。
 そこで彼女の「四百文字の偉人伝」を。古今東西の偉人を400文字程度で紹介するシリーズ。

シャネル

ブランド創業のとき

 有名ブランド「シャネル」を創業した,デザイナーのガブリエル(愛称ココ)・シャネル(1883~1971 フランス)。彼女の仕事は,「現代のファッション産業の原型を築いた」といわれています。
 彼女は,貧しい家に生まれ,親に捨てられて孤児院で育ちました。魅力的な娘に成長したココは,歌手をめざしましたがうまくいかず,20代なかばのときには,あるお金持ちの男性の愛人として暮らすようになりました。
 経済的には何不自由ない暮らし。
 でも,しばらくすると「このままじゃ,イヤだ」という思いが強くなりました。
 やがて彼女は男性の支援を受け,パリのアパートの一室で小さな帽子店を開業しました(1908年)。彼女はお針子の仕事をしていたことがあり,趣味で友人に帽子をつくったりもしていたのです。
 それまでの夢をあきらめた若い女性が,アパートではじめた小さなショップ――そんな「等身大」のところから,あのシャネルははじまったのです。

安達正勝著『二十世紀を変えた女たち』(白水社,2000),山口昌子著『シャネルの真実』(新潮文庫,2008)による。

【ガブリエル・シャネル】
「シャネル」を創業したデザイナー・実業家。1908年に帽子店をはじめ,1913年から服づくりを手がける。活動的でシンプルかつ優雅なデザインの服を量産し,女性のファッションを革新した。
1883年8月19日生まれ 1971年1月10日没

***

 最近,伊藤洋志監修・風来堂編『小商いのはじめかた』(東京書籍)という本を読みました。

小商いのはじめかた:身の丈にあった小さな商いを自分ではじめるための本小商いのはじめかた:身の丈にあった小さな商いを自分ではじめるための本
(2014/07/31)
不明

商品詳細を見る


 「小商い」とは,この本によれば「初期投資やリスクの少ない形での,シンプルで身の丈にあった小さな商い」のこと。

 本書では,10数人の「小商い」の実践者たちのことが紹介されています。たとえば・・・

 コレクションしていためずらしい植物の販売。
 自宅の料理教室から発展して小さな飲食店を開くまでになった。
 デザインの学校で学ぶことなく,古着に手を加えて独自の服をつくりだし,小さなお店で自分の「ブランド」を立ち上げた。
 「旅」に関する本に特化した行商の古本屋さん。
 小麦農家によるパンの製造・販売。
 ネットを通じて,最適・最安の旅のルートをコンサルティングする仕事。
 故郷の町で「カーゴバイク」(素敵なデザインのリヤカー付き自転車)をひきながら手作りのケーキを売る。

 シャネルの「創業」も,こういう「小商い」だったわけです。
 彼女の場合はドラマチックな人生が背景にあり,その後もドラマチックに事業や人生が展開していくので,ふつうの人の「小商い」とはちがうようにみえますが,はじまりは同じこと。つまり「お姉さんがはじめた小さな帽子屋さん」だったのです。

 この本にあるような「小商い」の世界は,これからの日本でもっと一般的になっていくように思います。
 今は「ニッチ」な感じがしますが,そのうち職業の有力な選択肢のひとつになっていく。

 昔の社会では,「小商い」はありふれたものでした。でも高度成長期以降の「サラリーマン社会」においては,マイナーになったのです。しかし,経済の成熟化や技術の発展の結果,一種の「先祖がえり」が起きるのではないか。

 つまり,「経済的に豊かになって,比較的低収入でも,やり方しだいでそれなりに暮らせる」「インターネットなど,小商いを支えるさまざまなサービスや道具がある」といった条件が「小商いの時代」をもたらすのでは,ということです。

 このほか,「サラリーマンとして思うような職が得られない人が増える」といった要素もあるでしょう。

 成熟した経済では,景気の良し悪しにかかわらず,企業は人を採用することに慎重です。景気が上向いたときでも,かつての「右肩あがり」の時代のような勢いで「人を増やす」ことはないのです。少なくとも,多くの人が求めるホワイトカラーの職については,「就職難」のまま。

 そして,人びとの考え方が成熟・発展して「サラリーマンだけが生き方ではない」と,いろんな方向を模索する傾向が強まる,ということも。これも経済成長の結果です。

 ***

  「四百文字の偉人伝」は,古今東西のさまざまな偉人を,400文字ほどで紹介するシリーズ。このブログでときどき載せています。(カテゴリー:四百文字の偉人伝
 その101話をまとめた電子書籍『四百文字の偉人伝』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)も発売中です(アマゾンKindleストア楽天Kobo,ディスカヴァー社のホームページなどにて販売,400円)
                     
四百文字の偉人伝四百文字の偉人伝
(2013/02/04)
秋田総一郎

商品詳細を見る

(以上)
関連記事
2014年08月14日 (木) | Edit |
 このところ,週末は部屋の片付けをしています。
 このあいだの土日は,書類や雑誌などを処分。
 200冊くらいの雑誌やムック,それから「燃えるゴミ」の袋で10数個分の紙クズを,ゴミに出しました。

 書類を捨てるには,細かくちぎったり,シュレッダーにかけたり,手間がかかりました。
 「捨てる」ってたいへんです。
 捨てるための判断や決断も,エネルギーが要ります。

 処分するときこんなに疲れるんだから,これからは「紙」をむやみに家に持ち込まないようにしよう。

 大そうじのたびにそう思うのですが,どうしてもいろんなものをため込んでしまいます。でも,今度はちがうんだ,もう「ため込む」のは卒業だ。そんなふうに思っていますが・・・

 ***
 
 捨てないで残った書類や雑誌は,ひき続き本棚にあるわけですが,なかには「あまり使うこともないだろうけど,とっておきたい」というものもあります。
 それらは「保存箱」行きです。
 下の写真は,保存箱にいろいろと詰めているときの様子。
 
整理の途中

 使っている保存箱は,「フェローズ バンカーズボックス」という商品。段ボールでできています。A4サイズのファイルがちょうど収まるサイズのもの。フェローズは,アメリカの会社で,日本でも1990年代からこの箱を販売しているのだそうです。デザインや仕様は日本向けにアレンジしているとのこと。

 この箱を,私は2005年頃から使いはじめました。
 そのころは,今よりもだいぶマイナーだったと思います。しかし,今は日本でもかなり普及したので,みたことのある人も多いでしょう。

バンカーズボックス

 この箱は,保存箱としてじつにいいです。
 まず,サイズがいい。A4のファイルにぴったりです。
 このバンカーズボックスが普及するまでは,「A4ファイルにちょうどいい箱」というのが,案外ありませんでした。

 もちろん,ファイルや書類以外のものを入れても構いません。おもちゃ箱や道具箱にもなります。

 それから,「フタ」と「取っ手」があるというのも,具合がいい。中身を確認したり取り出したり,箱を持ち運んだりするのが,スムースです。ふつうの段ボール箱はそうはいきません。

 そして,なんといっても見た目がきれい。
 これだと,部屋に置いても見苦しくない。

 私は,この箱を今現在10箱ほど使っていて,それらは書斎や台所の隅や玄関まわりなどに積んであります。
 やむを得ずそうしているのですが,このバンカーボックスなら「むき出しで積んでおいても,どうにか許せる」感じがします。

 今回は,3箱分の中身を廃棄処分にして,新たに4箱分を書棚などからバンカーズボックスへ移しました。この箱に移して2~3年経ったものは,廃棄することを考えます。

 ほかにも,バンカーズボックスには,「組み立てやすい」「結構丈夫である」といった特長があります。

 この箱は,近所の文具店などではまず置いていませんが,ネット通販で買えます。3箱セットで2000円弱くらいです。

 ***

 さて,今回の「片付け」は,まだ道半ば。
 今度の週末は,ざっくり整理・処分したあとの書類を,もう少し踏み込んで整理したいと思います。
 そのあとは,要らない本を何百冊か処分して,本棚をすっきりさせたい。
 
 こういう整理は,ときどき必要なのでしょう。
 風呂に入ったり散髪したりするのと同じこと。
 だから,もう少しこまめにしたほうがいいのでしょうが。
 
(以上)
関連記事
2014年08月07日 (木) | Edit |
 今回は「民主主義とは何か」についての基本の話。
 毎年今頃の時期は,終戦やヒロシマ・ナガサキにちなんで,平和や民主主義のことを考えるいい機会です。

 以下はそういちカレンダー2014(8月のページ)からの抜粋です。これは,昨年末につくって販売した,雑誌感覚の読むカレンダー。その中に【大コラム】という,いちばん長文のコーナーがあって,そこからの記事。


民主主義の定義

 そもそも,「民主主義」って何でしょう? 
 定義すると「政治的な意思決定に対し,それに従う人々(国民・民衆)が参加できること」ではないでしょうか。これは「民主制(政)」ともいいます。

 意思決定に従う人びとが,その決定に直接参加できるなら「直接民主主義」です。
 しかし,規模の大きな現代の国家では,それはむずかしい。

 そこで「意思決定を行う議員などの代表者を,国民が選挙する」という間接的なかたちで,意思決定への参加が行われます。これが「間接民主主義」です。

 では,「民主主義」の対義語は何か? つまり,「国民が政治的な意思決定に参加できず,少数の権力者がすべてを決める政治のしくみ」です。これは「独裁」とか「専制」といいます。

 以上,民主主義の一番大事な点は「政治的な意思決定への参加」ということです。

 でも,世の中の民主主義にかんする議論では,ここがあいまいなために混乱することが少なくありません。

 たとえば,「人々を幸せにする,よい政治が民主主義」という主張もあります。
 でもそれは,独裁を正当化するときに,よく使われる論法です。多くの独裁体制では,「この体制は,すぐれた指導者が人民のための政治をしている。だから最高の民主主義だ」といった主張がなされます。 

 それにしても,「国民が政治的な意思決定に参加できることが民主主義」なんて,なんだか当たり前すぎて,つまらない感じもしますよね……でも,「一見身もふたもない感じの定義のなかに,きわめて重要なことが含まれている」と思うのですが?

*民主主義の定義は,滝村隆一『国家論大綱』による

民主主義のしくみ

(以上)
関連記事
2014年08月02日 (土) | Edit |
 もう8月になりました。
 暑い日が続いて,たいへんですね。
 この1週間ほどは,生活や仕事のコンディションを整えようと,いろいろペースダウンしていました。
 ブログもお休みしておりましたが,再開です。
 「休んで,再開する」って,だいじなことだと思います。とくにブログでは。

 このところ月初めには,「今月の名言」というのを載せています。

【今月の名言】(そういちカレンダー2014より)

ぼくはきみの心のなかに実在している。
疑う必要はいっさいないさ。そうだろ。


岡本太郎(美術家,代表作「太陽の塔」「明日の神話」,1911~1996)

     君の心の中に

 今はもう会えない・大切なあの人も,私の心のなかに生きている。
 遠い時代のすばらしい人たちも,そう。

 8月はお盆で墓参りをしたり,終戦の日にさいして戦没者を悼んだり,亡くなった人のことを想う時期です。
 今回の名言は,それにちなんで。

 平野暁臣『岡本太郎』(PHP新書)の最後のページにこの言葉が掲げられていて,それで知りました。

 ***

 この言葉は,「亡くなった人を想う」だけでなく,「遠く離れていても」「今は会えなくても」という場合にもあてはまります。でも,「亡くなった人」の場合のほうが,しっくりくるように思います。

 岡本太郎は,私の年代(今40代後半)にとっては,子ども時代から「テレビにときどき出てくる,有名な芸術家の,ヘンなオジさん」としておなじみでした。でも,十数年前に亡くなりました。
 今回の「名言」は,「心のなかの岡本太郎」に話しかけられているような感じがします。

 岡本のような有名人は,簡単には死ねません。
 多くの人が,どこかで彼のことを想ったり,言及したりする。心のなかで「実在」し続ける。彼の作品や著作や映像をとおして,それが行われます。
 英雄や偉人やスターというのは,そういうもの。

 でも,ふつうの人たちだって,家族や友人がその人のことを,たまには思いだすものです。
 私も,3年ほど前に他界した父のことを,ときどき思います。
 母は,毎日のように思いだしているようです。

 妻は,子どものころいっしょに暮らしてかわいがってくれた,今は亡き田舎の祖父母(じっちゃん・ばっちゃん)のことを,しょっちゅう私に話します。飼っていた三毛猫のタマのことまで,よく話します。じっちゃん・ばっちゃん・タマは,彼女の心のなかに実在している。そうだろ。

 でも,いつか私の父のことも,じっちゃん・ばっちゃんのことも,思い出す人が誰もいなくなるときがくるでしょう。この人たちは,歴史に残る有名人ではないので,当人たちをじかに知る私たちが死んでしまえば,そうなる。

 そのときが,その人たちの「ほんとうの死」なのでしょう。
 でもそれまでは,私たちのなかに「実在」しているともいえるのです。
 
(以上) 
関連記事