FC2ブログ
2014年08月14日 (木) | Edit |
 このところ,週末は部屋の片付けをしています。
 このあいだの土日は,書類や雑誌などを処分。
 200冊くらいの雑誌やムック,それから「燃えるゴミ」の袋で10数個分の紙クズを,ゴミに出しました。

 書類を捨てるには,細かくちぎったり,シュレッダーにかけたり,手間がかかりました。
 「捨てる」ってたいへんです。
 捨てるための判断や決断も,エネルギーが要ります。

 処分するときこんなに疲れるんだから,これからは「紙」をむやみに家に持ち込まないようにしよう。

 大そうじのたびにそう思うのですが,どうしてもいろんなものをため込んでしまいます。でも,今度はちがうんだ,もう「ため込む」のは卒業だ。そんなふうに思っていますが・・・

 ***
 
 捨てないで残った書類や雑誌は,ひき続き本棚にあるわけですが,なかには「あまり使うこともないだろうけど,とっておきたい」というものもあります。
 それらは「保存箱」行きです。
 下の写真は,保存箱にいろいろと詰めているときの様子。
 
整理の途中

 使っている保存箱は,「フェローズ バンカーズボックス」という商品。段ボールでできています。A4サイズのファイルがちょうど収まるサイズのもの。フェローズは,アメリカの会社で,日本でも1990年代からこの箱を販売しているのだそうです。デザインや仕様は日本向けにアレンジしているとのこと。

 この箱を,私は2005年頃から使いはじめました。
 そのころは,今よりもだいぶマイナーだったと思います。しかし,今は日本でもかなり普及したので,みたことのある人も多いでしょう。

バンカーズボックス

 この箱は,保存箱としてじつにいいです。
 まず,サイズがいい。A4のファイルにぴったりです。
 このバンカーズボックスが普及するまでは,「A4ファイルにちょうどいい箱」というのが,案外ありませんでした。

 もちろん,ファイルや書類以外のものを入れても構いません。おもちゃ箱や道具箱にもなります。

 それから,「フタ」と「取っ手」があるというのも,具合がいい。中身を確認したり取り出したり,箱を持ち運んだりするのが,スムースです。ふつうの段ボール箱はそうはいきません。

 そして,なんといっても見た目がきれい。
 これだと,部屋に置いても見苦しくない。

 私は,この箱を今現在10箱ほど使っていて,それらは書斎や台所の隅や玄関まわりなどに積んであります。
 やむを得ずそうしているのですが,このバンカーボックスなら「むき出しで積んでおいても,どうにか許せる」感じがします。

 今回は,3箱分の中身を廃棄処分にして,新たに4箱分を書棚などからバンカーズボックスへ移しました。この箱に移して2~3年経ったものは,廃棄することを考えます。

 ほかにも,バンカーズボックスには,「組み立てやすい」「結構丈夫である」といった特長があります。

 この箱は,近所の文具店などではまず置いていませんが,ネット通販で買えます。3箱セットで2000円弱くらいです。

 ***

 さて,今回の「片付け」は,まだ道半ば。
 今度の週末は,ざっくり整理・処分したあとの書類を,もう少し踏み込んで整理したいと思います。
 そのあとは,要らない本を何百冊か処分して,本棚をすっきりさせたい。
 
 こういう整理は,ときどき必要なのでしょう。
 風呂に入ったり散髪したりするのと同じこと。
 だから,もう少しこまめにしたほうがいいのでしょうが。
 
(以上)
関連記事