FC2ブログ
2015年09月26日 (土) | Edit |
 最近の安保法案関係のことをみていて思ったのは「日本の社会は,これまでよりは前進したのではないか」ということです。

  「平和が脅かされている」と懸念する立場からみれば,「前進」なんてとんでもない,ということかもしれません。でも,私には「一定の合理性」を持つそれぞれの見解や立場が打ち出され,議論されているようにみえました。 「これまでよりも,社会がこなれてきた」と感じました。

 今回の法案を「違憲」であり,その法案の通し方について立憲主義に反するものだとする,法学者たち。「立憲主義」とは,憲法を「国家権力を拘束し,人権を守るもの」として位置づける思想で,近代国家の法理論の根幹にある考えかたです。
 その一方,いやそんな法学の理屈などよりも「現実」への対応こそが大事だ,憲法は国民のためにある,憲法解釈を基準に政治の重要な決定をするなんて本末転倒だ,とする人たち。

 一言でいえば,「法理論」と「政治的現実」の対立です。この対立は一筋縄ではいきません。
 法は現実のためにある。でも,前の戦争では法の拘束を受けなくなった権力の暴走が,国を破滅させたではないか・・・

 「政治的現実」をどう捉えるかについても,対立があります。北朝鮮や中国や,あるいはさまざまな「テロリスト」などの具体的な「脅威」への対応が必要だとする立場。一方で今までとってきた「平和国家」的なスタンスこそが,「脅威」から我々を守ってくれるのだ,という立場。

 そんなのは「幻想」だ,今の世界では危険すぎる。
 いや,アメリカに追従していくことこそ敵をつくることになって危険だ。
 そもそもこの法案はアメリカ追従ではないか,日本の独立はどうなっているのか。
 でも,アメリカ以外に同盟すべき存在が,この世界にあるだろうか。
 いや,今の世界はもはやアメリカ中心などではない,もっと世界の現実をみろ。
 「アメリカ中心」でなくなっているとしても,新しい国際協調の枠組みのなかで日本が役割を果たすために,この法案は必要だ。
 いや,新しい世界の現実のなかで日本が果たすべきは「平和国家」としてのあり方を徹底していくことだろう。
 そんなことは「幻想」だ,空疎な理想論。
 「アメリカについていけば,大丈夫」的な発想こそ幻想で,現実をみていない。
 「アメリカ追従」も,まともな武力を持たない平和国家も,ゴメンだ。日本はもっと独自の軍事力を整備して,自分だけで自分を守れるようにならないと。それだけの技術や産業もあるのだから。
 そんなことができるわけないだろう。それこそ「幻想」。
 「現実」といえば,戦場の現実を考えてみるべきだ。海外にいく自衛隊の人たちは,今までのままでは丸腰の危険すぎる状態で気の毒だ。
 いや,丸腰だからこそ安全なんだ,武装すれば攻撃にさらされ,実際に戦うリスクが高くなる。

 なんだかんだ言っても戦争はいやだ。
 それはわかっている。今回の法案は戦争を抑止する(防ぐ)法案なんだ。
 いや,日本が戦争をする国になるための法案だ。
 
 それにしても,今回の国会周辺でのデモは,よいことだった。日本の民主主義の新しい活力を感じる。
 民主主義にとって大事なのは,デモではないだろう。大事なのは選挙だ。
 デモや選挙のような非日常ではなく,日々の活動から民主的な社会を築くことが大事だ。

 ***

 こうした議論や見解のひとつひとつが,私には「頭からナンセンス」とは思えないのです。それぞれ一定の合理性を含んでいる。そのようなさまざまな立場からの発言が,社会のあちこちで行われました。
 それらについて,ある種の評論家のように「どいつもこいつもなっていない」という調子でバサバサ「斬る」気には,私はなれません。「どれにも一理あるね」と感じるのです。

 「どれにも一理あるね」というスタンスは,言論としてはまったく役立たずです。自分で情けない感じもします。
 でも,それが正直なところです。

 それでも,みんながいろんなことを言っている,それが言える,ということは,やはり素晴らしいと感じました。
 このような「自由」「権利」にかかわることこそが,最も根本的だと。

 今回の安保法案については,さまざまな立場や意見があるにしても,この「根本」は守らないといけない(あるいは守らざるをえない)というのは,私たちのなかの共通の認識としてあるのではないでしょうか。
 あるいは共通の認識として,常々確認していくべきなのでしょう。

 政治の重要な問題は,たいていは「未知の難問」です。
 その「未知の難問」について,確かな正解など,あらかじめわかるものではない。
 でも,私たちは何らかの「答え」を選んで進まないといけない。
 その結果「まずい」ことがおきるかもしれない。

 そのときに,前の戦争のような破局にすすまないで,軌道修正できることこそが重要です。それには「どの考えにも一理ある」という視点を持っていないと。「この考えが絶対正しい」という信念に固まっていると,軌道修正ができません。

 「どの考えにも一理ある」という視点は,無力にも思えますが,じつはそんなに「役立たず」というわけでもないのでしょう。

(以上)
関連記事