FC2ブログ
2017年07月14日 (金) | Edit |
最近、世界史と日本史のかかわりについて考える機会があったので、簡単にメモしておきます。

私は、日本史についてはあまり論じてきませんでした。でも、拙著『一気にわかる世界史』(日本実業出版社)の読者からのお便りで「日本史の本も書いて」といった声も複数いただきました。当然ながら「歴史を学ぶ」というとき、日本史へのニーズというのは、つよくあるわけです。世界史以上にあります。

***

どの国もそうですが、日本の社会や文化も、その歴史のなかで外国の影響を受けて形成されてきました。何もかもをその国のオリジナルでつくりあげた国や民族は存在しません。

世界と日本史のつながりをみるときは、「世界史上のどの国が、日本にどのような影響を与えたか」という視点が、まず重要です。

そうやってみてみると、世界史上の各時代において最も繁栄していた、あるいは最先端で活気があった、という国が、日本に大きな影響を与えてきたということがわかります。

まず、600~700年代の飛鳥・奈良時代。「律令国家」といわれる天皇中心の体制が形成されていく時代です。このときは、中国の唐が日本に大きな影響を与えました。唐は当時の日本にとって先生でした。

当時の唐は、東アジアにおいて圧倒的な大国だったというだけではなく、世界全体を見渡しても最大・最強の国家でした。400年代に西ローマ帝国が滅びて、イスラム帝国(600年代以降)が形成されてまだ間もないという状況のなかでは、文化的な面も含めた総合力において、600年代~700年頃の唐は「世界の中心」といえる存在だったのです。

唐が滅びたあとも、日本は中国の歴代王朝から影響を受け続けます。唐が衰退してからは遣唐使が廃止されたりするわけですが、正式の国交がなくなっても、中国との交流がなくなったわけではありません。

唐から宋(1000年頃最盛)あたりまでは、世界史における中国の絶頂期といえます。あるいは、その後の元(1300年頃最盛)、明(1400年頃最盛)の頃までを「絶頂」に含めてもいいかもしれません。つまり、中国が世界の文明の先端を歩む超大国であった時代。そのような絶頂期の中国から、飛鳥・奈良・平安・鎌倉・室町の日本は学んで、今につながる社会や文化の基礎を形成したのです。

その中で1200年代には、モンゴル帝国(元)の大軍がせめてきました(文永の役1274、弘安の役1281)。1200年代の世界は、モンゴル人が制覇していました。侵略という悪しきかたちで、当時の世界最大の勢力から強い影響を受けたわけです。

***

その後戦国時代の1500年代になると、ヨーロッパ人が日本にやってきます。最初はポルトガル人とスペイン人が、のちにオランダ人やイギリス人もやってきます。ポルトガル人が種子島に漂着して鉄砲を伝えたのが1543年です。

とくに当時のスペインは、ラテンアメリカとアジアに広大な植民地を持つ、ヨーロッパ最強の国家でした。中国やイスラムの大国と比べれば、国全体のスケールやパワーで優っていたとはいえませんが、やはり最先端をいく大国でした。

当時のヨーロッパは、航海術や軍事技術では世界の最先端にありました。その技術の中心は、銃や大砲などの火器です。日本はこの火器の技術を急速に習得したわけです。戦国末期の天下統一がなされようとしていた時代の日本には、ヨーロッパの大国にも匹敵する(あるいは上回る)火縄銃があったともいわれます。

江戸時代になると、日本はいわゆる「鎖国」に入り、ヨーロッパの国ではオランダにかぎって関係を続けることになりました。当時、つまり1600年代から1700年代初頭までのオランダは、ヨーロッパで最も繁栄した先進的な国でした。その国とだけつきあっても「世界のことが相当にわかる」という国だったのです。

***

そして、幕末~明治(1850年頃~1900年頃)において日本に最も影響を与えた外国といえば、イギリスとアメリカです。明治維新(1868)の頃のイギリスは「大英帝国」として世界に君臨していましたし、アメリカも新興の大国として頭角をあらわしていました。アメリカは1800年代末には、工業生産でイギリスを抜いて世界一になります。

明治初期において、日本の最大の貿易相手国はイギリスでした。また、日本人の留学先のトップは、明治初期にはアメリカだったのです。ただし、留学先は明治後期(1890年頃以降)には、ドイツがトップになっています。ドイツは1800年代後半以降急速に発展して、1900年代初頭にはヨーロッパ最大の工業国となっていました。日本人は、そのようなドイツに注目して学ぼうとしたのです。

そして、第二次世界大戦後から現在。これはもう、圧倒的に超大国・アメリカの影響を受けてきました。良しにつけ悪しきにつけ、です。その一方で冷戦時代(とくに1950~60年代)には、アメリカのライバルであったソヴィェト連邦が発信する社会主義の思想にも、日本の多くの人びと(とくに知識人)は影響を受けたのです。

さらに1990年代以降は、新興国として台頭してきた中国の影響を強く受けています。ただし、中国との関係ではまだ日本が「先進国」の立場であって、中国のほうが日本から多くを学んでいるという状態です。

***

さて、このようにしてみると、日本という国は世界史において主役をはるスターであったことはないのですが、それぞれの時代の主役・スターとはかなり深くからんできたということがわかります。

つまり、世界史の本流といえる先端的な流れから落ちこぼれることなく、歩んできたということです。1000数百年にわたって世界史の先端に食らいつき、真剣に学んできた結果、今の日本があります。

幸せだったのは「先端的な流れ(当時の最強の国)」と深くかかわっても、征服されることなく(ほぼ)独立を保てたことです。それは祖先の才覚や努力のたまものといえるのでしょうが、東アジアの端にある島国というロケーションも有利に作用したことは、まちがいないでしょう。

このように、日本という国は「世界史のなかで育った」といえます。そのことが顕著な国だといえるでしょう。

ということは、日本が今後も繁栄を続けようとするならば「世界史の先端的な本流の流れ」から目を背けてはいけないわけです。

そして、今の時代の難しさは「何が世界史の本流か」が以前ほどは明確ではないということです。それはまず、日本自身が世界史の先端に立つ先進国となったことによります。同時に「近代社会」の発展ということ自体が、これまでとはちがう領域に入ってきているということもあるように思います。このことはまたあらためて。

(以上)
関連記事
2017年07月01日 (土) | Edit |
「イスラム国」(IS)が追い込まれている。最も重要な拠点であるモスルが陥落寸前(7月1日現在)で、支配地域も2015年初頭の、勢いのあった時期にくらべ半分程度に減った。

しかし、イラク・シリア地域でのイスラム国が、壊滅状態になったとしても、その残党が世界各地に逃げて、「テロの拡散」という事態を招く恐れも大きい。

そのようなことが、この何日かのニュースでは語られています。
ここでは、報道やその解説とはちがう視点の、中長期のことを考えてみたいと思います。

「イスラム国」が、このまま衰退したとしても、テロリストが「偽りの国家」をつくることは、今後も繰り返されるのではないか。「イスラム国」は、先例をつくったわけです。イスラム国の残党が近いうちにどこかでそれを行うかもしれないし、別系統の集団が行うかもしれない。

「偽りの国家」とは、イラクの首相が、最近の声明のなかで敵の「イスラム国」をさして言った言葉。ここでは「既存の国家からみて異様と思える、国家的な力を持つ組織」という、かなり広い意味で使います。

しかし、今時点では「偽りの国家」の勢力には、世界のなかで「中心」といえる先進国(欧米・日本など)の体制を崩壊させるような影響力はありません。

もちろんテロで犠牲者も大勢出ていますが、それで政府が危機に陥る、というのではない。ただし、シリアやイラクのような「周辺」的な地域では、既存の国家を崩壊させかねない影響力を持っています。

そこで気になるのは、未来において世界の「中心」をも脅かすような「偽りの国家」があらわれるのではないか、ということです。

私は、その可能性は「ある」と思います。少なくとも「十分にあり得る」という前提を、世界の「中心」に暮らす多くの人が共有すべきだと思うのです。

ほんとうは、そんな恐ろしいことを考えたくはないのですが、仕方がない。ただし、その時期についてはよくわかりません。近未来かもしれないし、数百年のうちに可能性がある、ということかもしれません。

***

そこで私は、世界史のなかの、ある事例を思い出します。紀元前の西アジアの「海の民」という人びとのことです。「西アジア」は世界史上の地域区分で、「アラブ」「中東」と、だいたいイコールです。

「海の民」は、紀元前1200年(3200年前)頃にあらわれ、西アジアのアナトリア(今のトルコ)やシリア・パレスティナ地域(地中海東部に面した地域)を席巻した人びとです。特定の民族ではなく、いくつかの民族をまとめた総称です(1800年代の歴史学者による命名)。彼らはみな「海(地中海)」からやってきたのでした。

「席巻」したとは、武力で既存の国家を攻撃し、大打撃を与えたということです。

たとえば当時のアナトリアの大国だったヒッタイトは、海の民の一派に滅ぼされたという説があります。エジプトは、海の民の軍勢をなんとか食いとめましたが、非常な危機に陥りました。

海の民によって、当時の世界で最も繁栄する「中心」であった西アジアは、大混乱に陥り、それまで繁栄していた大国が大きな影響を受けたり滅びたりしたのでした。その影響は紀元前1100年頃まで続きました。

しかし一方で、海の民が新しい世界秩序を樹立したということもなかったのです。海の民による国家建設の試みもありましたが、失敗に終わっています。やがて彼らは、既存の西アジアの社会のなかに埋没していきました。

海の民は、当時の既存の国家の人びとからみて「偽りの国家」的な、異様なものに映ったことでしょう。そして彼ら自身、そのような異端的な段階から脱することはできなかったのです。

彼らのルーツは不明な点が多く、「系統不明」とされます。しかし、地中海(エーゲ海やその周辺)で、西アジアの影響を受けてすでに一定の文明を築いていた人びとが、大量に押し寄せた侵入民に追い出されて難民化したもの、という(有力な)説があります。

ではなぜ海の民は、当時の世界の「中心」を席巻する力を持ったのか?

くわしいことはわかりません。しかし、彼らが航海術はもちろん、ほかに鉄器のような、軍事的に重要な技術を使いこなしていた点は重要です。海の民は、世界史上はじめて鉄製の武器を本格的に用いた人びとなのです(異説もあります)。

「鉄器の実用化」は、紀元前1500年頃のヒッタイトが有名なのですが、ヒッタイトではまだ貴重品だった鉄器を、武器として広く活用するようになった先駆けが、海の民だったという見方がある。

文化や経済を含む、社会の全体的な実力では劣る人びとであっても、軍事的に有用性の高い技術を駆使できれば、先進地域をもおびやかすことができます。

もちろん、軍事技術だけでなく、集団としての強烈な行動力や結集力などがないと、それだけの力は生じません。

海の民はそのような事例だったのではないか。難民化して追い詰められた人びとが、安全や豊かさをもとめて文明の中心へ押し寄せた。その想いや行動力は、強烈なものだったでしょう。

そしてその人びとは、単なる後進民族ではなかった。文化や経済などでは劣っていても、「中心」をしのぐ、軍事技術のいくつかを使いこなすことができた。

ただし、そのような技術の基礎は、彼ら自身が生み出したものではない。彼らは文明の中心で生まれたものをもとに、アレンジして使いこなしたのでした。

なお、航海術も鉄器も、今の私たちからみれば「技術の王道」のように思えますが、当時の「中心」の西アジアの人びとからみれば、なじみの薄い、異端的なものです。

メソポタミア(今のイラク)やエジプトなどの、西アジアで古くから栄えた主な文明地帯は、おもに内陸に広がっています。鉄器については、メソポタミアやエジプトでは、ほかの周辺的な地域(アナトリアやシリアなど)よりも普及が遅れました。エジプトで鉄器が広く普及したのは、紀元前600年代のことで、海の民の出現の数百年後です。

***

このような「強烈な行動力と、異端の・強力な軍事技術を持つ人びと」が、世界の中心を脅かし、席巻した例はほかにもあります。騎馬遊牧民、とくに西暦1200年代のモンゴル人の活動です。

モンゴル人は、中国やイスラムの帝国のような、当時の世界の「中心」を攻め、そのかなりの部分を征服してしまいました。1200年代の世界は、彼らの活動で大混乱に陥ったのです。

騎馬と騎馬戦術という技術は、当時の世界できわめて強力なものでした。また、騎馬遊牧民以外の多くの人びとにとっては、ややなじみの薄いものでした。

騎馬のためには馬具などの道具が要りますが、それをつくる技術は、騎馬遊牧民が生み出したものではありません。騎馬遊牧民は、文明の中心で生まれたものをアレンジして用いたのです。

このように、「技術」という視点でみたとき、海の民と騎馬遊牧民には共通性があります。そして、文化や経済などの力では、騎馬遊牧民が「中心」に対して対抗できなかった点も同様です。

しかし、騎馬を核とする軍事技術という、その一点において、騎馬遊牧民は多くの文明国をはるかにしのいでいたわけです。

ただし、モンゴル人による征服国家を「偽りの国家」だと、そこまで低く評価すべきではないでしょう。彼らの国家は一定の期間存続し、一時は国際色豊かに繁栄したこともあるのです。

しかし、征服の時代から百数十年のうちにはそれらの国家は消えていきました。征服した地域の文化に対し創造的な影響を与えることも、ほとんどありませんでした。そのような、限界があったのです。

***

では、これからの世界で「海の民」があらわれて、その「偽りの国家」が世界を席巻することはあるのか?

つぎの条件がそろえば、あり得るわけです。

①文明の中心ではそれほど重視されていない、あるいは異端視されているテクノロジーで、使い方しだいで強力な軍事力や破壊力をもたらす何か。そのような危険な面のある技術を、周辺的な集団が使いこなし、他の追随を許さないようになること。

②その集団が、世界の中心に全面的な戦いを挑むだけの、強烈な想いや行動力を生じさせる、何らかの切実な社会的状況。

以上のように、

①「異端の危険な技術」(それを周辺的な集団が手に入れる) 
②「切実な状況」

といった条件がある、ということです。

①「異端の危険な技術」とは、どのようなものか。もちろん具体的にはわかりません。核兵器や生物化学兵器のような、現存する大量殺りく兵器かもしれませんし、ネット関連の技術かもしれません。あるいは、私たちが想像できない何かかもしれない。

いずれにせよ、未来において「海の民」が生まれるとすれば、それが特徴的なテクノロジーに支えられているのは、まちがいないでしょう。

「イスラム国」などの現代のテロリストたちも、インターネットのような現代的なテクノロジーを活用しようとして、一定の成果をあげました。しかし、今のところかつての海の民や騎馬遊牧民のように、決定的な技術を手に入れることができていないのです。

では、②「切実な状況」とは、どういうことか。それは「生存がおびやかされる」ということです。物質的に、というのはもちろんですが、非常な屈辱といった精神的なこともあるでしょう。

この世界の特定の集団が、自然災害や戦乱や環境破壊や、その他の社会的な変動で、「切実な状況」に追い込まれることは、これまでに何度も起こっています。だから、未来においても起こり得る。

それは、特定の民族のこともあれば、さまざまな民族や国民を含む場合もあるでしょう。あるいは、複数の国にまたがる特定の階層や役割の人びと、ということもあるかもしれません。世界中のなんらかの異端的な立場にある人びとの結びつきだったりするのかもしれない。世界の「中心」である先進国のなかの、疎外された人たちであることも考えられます。とにかく、そうした周辺的・異端的な人びとが追い詰められる状況。

世界の「中心」に暮らす人びと、とくに指導的な人びとが鈍感で傲慢であればあるほど、上記①②の条件がそろうリスクは高まります。

つまり、「切実な状況」に追い込まれた、「異端の危険な技術」を使える周辺的な人たちが出現するということです。「技術」が先か「状況」が先かはともかく、2つの要素を同時に備えた存在があらわれること。それが、未来の世界における「海の民」です。

その出現を防ぐために、「異端の危険な技術」をどうコントロールしていくのか。そのような技術に十分に目を向ける柔軟性も大切です。硬直化した発想のもとでは、主流から外れた技術は見落とされ、ノーマークとなってしまう。

そして、「切実な状況」が生じる前段階の、社会の緊張や歪みにどう対処するのか。富の一極集中、先進国と途上国の格差、環境問題、差別や弾圧といったことは、そのような「緊張や歪み」です。つまり、「切実な状況」を生む温床となるのです。

こうしてみると、未来の世界で「海の民」があらわれるというのは、荒唐無稽ではないと思えます。

(以上)
関連記事