FC2ブログ
2018年03月26日 (月) | Edit |

世界史セミナー2018年3月24日その2

3月24日に、東京・西新宿で「世界史『超要約』セミナー」を開催しました。
当日は高校生も含む12名の方が参加してくださいました。ありがとうございました。

このセミナーは、私の著書『一気にわかる世界史』(日本実業出版社刊)ベースに、世界史5000年の最も重要な大きな流れを、2時間余りで「超要約」してお伝えするものです。

週末(土曜日)の開催なので、「親子・高校生も」と呼びかけたところ、お父さんと高校生・お父さんと若者といったご参加もありました。高校生(男子)のお父さんによれば、息子さんが世界史の履修を選択することになったので、参考になるものはないかとネットでさがして、本セミナーをみつけてくださったとのこと。

本セミナーは、受験勉強で高得点をめざす内容ではないのですが、しかし「世界史を学ぶ」ということの入門の役目は果たせるのではないかと思います。

高校生の方、若者の方が静かに熱心に講師の話に耳を傾けてくださっていたのは、私としてもたいへんうれしいことでした。

高2男子の方の感想にあったのですが、世界史については“カタカナが多くて教科書も時間軸がややこしくて頭に入ってこない”と感じていたとのこと。これはほとんどの人にとって、そうでしょう。

でも“このセミナーを聞いているうちに先入観を捨てて、少しずつ好きになることができました。特に文化などが国から国へと移り、新しくなっていく過程が気になったので、これから調べてみて、親しくなっていこうと思います。本当にありがとうございました”とのことでした。

こちらこそ、ありがとうございます。うれしいです。

本セミナーが「世界史入門」の役目を果たせるとしたら、それは「世界史は学べば面白そうだ」という感覚が得られる点にあると思っています。「面白そうだ」という感覚が、「入門」においては、一番大事です。

それも、テレビでたまにやっているような、人物のエピソードやびっくりするような事件の話で「面白い」というのではない。

そうではなく、「世界史そのものの大きな流れ」を感じてもらう。その感動や面白さを、ほんのさわりではありますが、お伝えすることが、本講座の目的です。

人物やエピソードももちろん大事で有効です。私には古今東西100人余りの偉人を紹介した『四百文字の偉人伝』(ディスカヴァー・トゥエンティワン刊)という著作もあるくらいで、「人物」にはおおいに興味があります。でもそのことはまた別の機会に、と考えています。

人類の大いなる歩みに対する、感動・おどろき。

これは、世界史というジャンルだけが伝え得るメッセージです。

そのようなメッセージを伝えるセミナーをこれからも開催していきますので、よろしくお願いいたします。
今回のセミナーについていただいたさまざまな感想などについては、また今度ご紹介します。

 会場ベースポイント2018年3月
会場のカフェ「ベースポイント」(西新宿)

(以上)
関連記事