FC2ブログ
2020年02月28日 (金) | Edit |
昨日、マンガ雑誌『モーニング』に掲載された「手塚治虫AI」を用いて制作されたという短編マンガ「ぱいどん」(前編)を読んだ。試みとしては、なかなかの出来栄えだった。

たしかに「今の時代に手塚治虫が生きていて、マンガを描いたらこんな感じかも」と思えるような。ただわずかに手触りや雰囲気はちがうとは思うが、それでも相当近いものになっているかと。

なお、私は少年時代は手塚マンガが好きで、かなり読んだ。「手塚治虫全集」全300巻プラスアルファにある作品の、半分くらいは読んでいると思う(つまり、手塚治虫についてはそれなりには知っているつもりだと言いたい)。

ただし、今回AIが担当したのは、マンガ制作のほんの一部だ。「プロット(物語のネタ・構成要素)のキーワード生成」と「キャラクターデザインの原案の生成」に限られている。その制作過程は、マンガ本編に付属する記事でくわしく紹介されていた。

つまり、つぎのような過程である。

まず、手塚作品(おもに1970年代のもの、「ブラック・ジャック」などが描かれた頃)のストーリーやキャラクターの顔を選択・整理してデータ入力する。つぎに、それをもとにAIが「物語を構成するキーワード」や「キャラの顔のデザイン画像」をアウトプットする。AIが動くためのデータの作成には、技術者のほかに手塚治虫の子息で映画監督の手塚真さんや、手塚プロダクションの人びとがたずさわった。

そして、AIが出力したものをクリエイターたちが取捨選択して描き直したり、物語として構成していったりする。ここでも手塚真さんが重要な役割を果たしたようだ。

さらにそうやってつくった設定や物語をもとに、脚本家がシナリオを書き、マンガ家がそのシナリオに基づく「ネーム」というマンガのコマ割や構図などの素案(絵コンテみたいなもの)をつくり、その「ネーム」に沿って、手塚プロダクション関係のマンガ家などからなる作画チームが絵を描いて…という流れだ。

要するに、ほとんど人間がつくっているのである。エンジニアのほか、手塚作品をよく理解するクリエイターたち大勢によってつくりあげた作品ということだ(このマンガの作者名は、「TEZUKA2020プロジェクト」となっている。手塚治虫AIではない)。雑誌側も「まだまだ『AIが描いた漫画』と呼べるものではありません」と断っている。

結局このマンガ制作でAIが行ったのは、「クリエイターの発想やイメージのきっかけとなる素材のアウトプット」ということだ。それに限定される。

しかし、「人間が考えるための素材やきっかけの提供」というのは、AIの典型的な使い方ではないだろうか。少なくとも当面可能なAIとはそういうものではないか。

でも、そんなふうに「何かを生み出すためのネタ出し」的なことを、ある程度コンピュータが担えるなんて、たいした技術の進歩だと思う。人間の能力を拡張・強化する「道具」としてのコンピュータが、さらに進化しているということだ。

そして、人間がコンピュータと一緒に働きはじめて何十年か経つけど、「コンピュータと働くこと」がさらに進化しつつあるということなのだろう。「アイデアの素材をコンピュータに訊く」ということ、つまり「コンピュータとネタを考える」ことが、これから一般的になるかもしれない。

その先駆は、おそらくコンピュータを使ったチェス競技だ。チェスのAIとチェス棋士がチームを組むと(正確にはチェス棋士がAIの支援を受けてチェスを指すと)、まさに「最強」になるのだそうだ。その場合、AIが提示する手を参考に人間がチェスを指していくのである(経済学者タイラー・コーエンの本で知った)。

つまり、AIという進化したコンピュータとうまく仕事ができれば、人間の能力や可能性はさらに大きなものになる。

そんなことを、今回の「手塚治虫AI」を使ったマンガであらためて感じました。

それにしても、最近は「AI美空ひばり」と称するCG画像と合成の歌声(やや気味が悪かった)もあったし、「AI○○」というのはいろいろつくられて一般化していくのだろうなあ。「AIビートルズ」「AIプレスリー」「AIピカソ」みたいなのが、本家の公認・非公認問わずたくさん出てくるのだろう。

それらにはかなり良いのものもあるだろうが、大部分はつまらないものになるはずだ。玉石混交の、過去の巨匠の幽霊みたいなコンテンツが世の中にあふれるということ。それはなんだか気持ち悪い。

(以上)
関連記事
2020年02月24日 (月) | Edit |
新型コロナウイルス(新型肺炎)のことが、毎日報道されています。自分の身を守るための情報を得ようとする一方で、「世界史」についての関心からも報道に注目しています。

とくに気になるのは中国のことです。今回の新型肺炎の件での中国の動きをみていると、「やはり中国は専制国家だ」ということをひしひしと感じます。「専制」というのは「独裁」とほぼ同じ意味で、中国の皇帝支配については、とくに「専制」という言葉はよく用いられます。

中国は今も昔も専制的な権力を持つ皇帝が支配する国です。今の中国の最高指導者も、王朝時代の皇帝とよく似ています。圧倒的な権力が1人の指導者に集中しているのです。そして、組織や団体への帰属意識の薄い、いわばばらばらの個人が最高権力者によって束ねられる…そんな構図になっている。

専制国家では、現場で起こっている「悪いニュース」がトップに届きにくくなります。組織のいろいろなレベルで隠ぺい体質がある。それはどんな社会にもあることですが、専制国家ではとくに顕著になります。

今回の新型肺炎ではとくに初期段階で、中国当局はさまざまな情報隠ぺいを行ったとみられます。12月末に従来とは異なる肺炎の流行に気がついて警告を発した医師が、1月には当局に処分されるということもありました(その医師はその後新型肺炎を発症し死亡)。当局は「悪いニュース」をおさえこもうとしたのです。

しかし、1月下旬には習近平主席が「情報をきちんと開示せよ」と指示を発したとたん、当局の発表する感染者数が急増したということもあった。そして、最高指導者が一種の「非常事態」を宣言したあとは、国をあげて対策に動きだした…

昨日、そのようなテーマで長文の記事を別ブログ「そういち総研」にアップしました。

専制国家・中国の社会構造と行動の特徴←クリック

中国がトップに権力が極端に集中する「専制国家」であるのに対し、日本では、権力の集中は明確ではありません。

日本では、さまざまなレベルの団体・組織が積み重なっていて、それぞれが一定の権威・権力を持っている。そして相互に協力したりけん制したりする傾向が強い。いわば「団体構造」の社会です。そのような中国や日本の社会の特徴が、最近の新型コロナウイルスへの対応には端的にあらわれている……そんなことを記事では述べています。

最近は、平日は勤めの仕事ですが、休みの日はほとんど家にひきこもって机にむかっています。新型肺炎のことが気になってというわけではなく、読むこと書くことにそれなりに集中できているという感じです。

でも私は、休みの日に近所や沿線の駅前をぶらぶらするのが好きです。本屋に入ってうろうろして何か買って、コーヒーショップで読んだり、腹が減ったらラーメンを食べたりする。そうしていると、いろいろ考えが浮かんで、いいアイデアや前向きなプランが出てきたりしたものです。

最近は集中して頑張れるのはいいのですが、「ぶらぶら」していないので、ストレスがたまってきた感があります。今日はいい天気だし、午後に少しぶらぶらしたいと思います。

(以上)
関連記事