FC2ブログ
2013年06月11日 (火) | Edit |
「自分で考えるための勉強法」シリーズの第24回。

前回から「科学とは」というテーマでやっています。「科学とは,仮説の真否を実験的に確かめる学問のことだ」と前回述べた,その続き。「科学は信頼できる」という見方に賛成できない人も「〈科学の立場〉についての,わりと読みやすい説明」の例として,読んでみてください。
   

多くの確認作業の上に成立するから,
科学は信頼できる。


ある科学者が,「実験的にこういう現象や法則が明らかになった」と報告したとします。でも,それがすぐに「科学的な真理」として認められるわけではありません。疑い深いほかの科学者が同様の実験をやってみて,「本当だ」ということを確認してからでないと,認められないのです。

このような「ほかの科学者による確認のための実験」を,「追試」といいます。

だいぶ前になりますが,1989年に「常温核融合」という現象が,ある科学者によって報告され,センセーションを巻き起こしました。超高温・超高圧のもとでしか起きないとされていた「核融合」(原子と原子が融合して,大きなエネルギーが発生する)という現象が,日常的な低温の中でも起こせるというのです。

世界中の科学者が追試を始めました。多くの議論と実験が積み重ねられた結果,現在では科学者のほとんどは「あの〈常温核融合〉の報告はまちがいだった」と考えています。

この手のことが,科学の歴史にはごろごろしています。

常温核融合が本当だとすると,物理学の理論やエネルギー関係の技術に,大きなインパクトを与えると予想されます。そういう大きな問題だけに,大勢の科学者が時間をかけて,追試という確認作業にあたったのです。

教科書に出てくるような科学上の原理や法則は,膨大な追試をくぐり抜けてきたものです。だから,「真理」として信頼できるのです。

もし「超能力」や「死後の世界」が本当だとすれば,今の科学の体系がひっくりかえってしまうでしょう。常温核融合の何万倍もインパクトのあることなのです。

そんな重大なことなのに,「超能力は私が見たんだから本当だ」と簡単に言う人がいます。「私が見た」「あの人も見た」というくらいでは駄目なんだ,ということがわかっていないのです。わかっていて,いい加減なことを言っているのかもしれませんが……

超能力が科学的真理として認められるには,アニメやマンガに出てくるような,すごい超能力者が現れることが必要です。スプーン曲げや空中浮遊くらいでは話になりません。マジシャンが再現できるような「奇跡」では足りないのです。

科学的真理というのは,大勢の手による慎重な確認作業の上に成立します。だからこそ,信頼できるのです。

(以上,つづく)
関連記事
テーマ:自然科学
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック