FC2ブログ
2013年06月15日 (土) | Edit |
 「自分で考えるための勉強法」シリーズの第26回目。
 このところ「科学とは」という話をしています。そういう根本のところをさらっとでもおさえておくのは,「自分で考えるための勉強」のコツのひとつだと思っています。

 前回は,「学問には,科学になっているものと,そうでないものがある」という話をしました。
 ここで「科学」というのは,ぼう大な仮説・実験による検証をくぐり抜け,「真理として信頼できる」といえる知識のことです。
 そこまでいっているのは,自然科学の一部だけ。
 多くの「学問」は,「科学」を自称していても,そこまでいっていないです。
 だから,たいていの学問では,いろんな学派があって,それぞれ根本から対立したりしています。専門家のあいだで共通基盤となるような,誰もが納得しうる確実な「真理」を,まだ見出していないのです。

 これは,「学問リテラシー入門」みたいな話。そんな話のつづきです。


「科学」になっていない学問では,
権威をうのみにしてはいけない。


 「学問には,科学になっているものと,そうでないものがある」――こういうことは,とても大事なのですが,あまり教えてもらえません。

 それは,みなさんに学問の道案内をする人の多くが,大学の先生などのプロの研究者だからです。

 先生たちは「自分の専門分野は,まだ専門家どうしの共通認識の確立していない,遅れた分野です」とは言いにくいです。
 また,物理学者の大学教授が「心理学なんて遅れた学問だ」と言ったら,よその学部で心理学を教える同僚に対し失礼になります。

 前回,「科学になっていない学問は,専門家のあいだの共通基盤が確立しておらず,いくつもの学派に分かれている」という話をしました。
 そして,「いくつもの学派に分かれている例」として心理学をあげましたが,代表的な学派をいくつかあげられるのは,じつはかなり「進んでいる」のです。心理学は,精神についての学問の中では伝統があって,信頼できるいろいろな積み重ねもある,と言えます(社会科学では,経済学がこれに似た状態です)。

 教育学や経営学のように,さらに実用的な性格の強い学問では,もう整理がつきません。有力な研究者の数だけ学派がある,といった感じです。

 遅れた学問とは,結局「科学になっていない」ということです。そういう学問が世の中では大部分を占めています。

 そして,それは仕方ないことです。

 人間は,自然界や人生に関わるすべてを学問にしようとします。
 直面する疑問や問題に答えるため,知識を整理したり,知識どうしの関連を追及したりします。

 その結果,さまざまな学問が生まれましたが,今のところ自然科学の一部だけが「科学」になることに成功しました。あとは,まだそこまでいっていないのです。

 科学になっていない学問では,たとえ東大教授が言っていることでも,うのみにはできません。権威のあるような顔をしていても,本物の権威ではない場合があります。

 では,科学になっていない「社会科学」や「人文科学」は無用の長物なのかというと,そうではないのです。
 そこで述べられている知識や理論には,何らかの形で実際に役立つものがあります。
 また,部分的には科学として信頼できるもの,あるいは育てていけば科学になり得るものが含まれていたりもするのです。

 その一方で,うのみにしたら有害なものも混じっている,ということです。そのへんを見きわめる力をつけるために,勉強していきましょう。

(以上,つづく)
関連記事
テーマ:哲学/倫理学
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック