FC2ブログ
2013年06月19日 (水) | Edit |
 私は,『四百文字の偉人伝』という電子書籍を,ディスカヴァー・トゥエンティワンという出版社から出しています(最初のリリースは2012年3月)。

 「四百文字の偉人伝」は,古今東西のさまざまな偉人を,400文字ほどで紹介するシリーズ。
 このブログでときどき載せています。(カテゴリー:四百文字の偉人伝

 電子書籍『四百文字の偉人伝』は,その101話をまとめたものです。
 アマゾンKindleストア楽天Kobo,ディスカヴァー社のホームページなど(ほかにもあります)で販売しています。価格は400円。 

 友人に「買って,読んでみてね」というのですが,電子書籍って買うのがめんどうなところがあります。

 電子書籍を販売しているサイトでアカウントを取得するために,いろいろ入力して,読むためのアプリをダウンロードして,決済のためにまたアカウントを取得して…などということもある。
 
 「アカウントの取得」がめんどうな人は,たとえばアマゾンのKindle(キンドル)ストアはどうでしょう。
 アマゾンのアカウントがあれば買い物できます。
 アマゾンのアカウントなら,かなりの人が持っているはずです。
 
 すると,「でも,キンドルの専用端末を持ってないから」と,よくいわれます。

 いえ,キンドルの電子書籍(キンドル本といいます)は,iPhoneやAndroidといったスマホでも読めます。
 キンドル本を読むための専用アプリ(無料)をダウンロードすれば,読めるのです。
 (iPhoneなら「Appストア」,Androidなら「Google Playストア」でダウンロードできる)

 スマホでキンドル本を読める。

 もしよかったら,電子書籍『四百文字の偉人伝』,読んでみてください。

 でも,私はというと,じつは専用端末もスマホも持っていません…
 この手の道具を買うのは,私はいつも人よりうんと遅いです。

 自分の電子書籍は,最初にリリースされたとき,出版元のディスカヴァー社のサイトで,パソコンで読めるバージョンを買いました。
 それしかみてないので,専用端末やスマホだと,自分の本がどんなかんじなのか,知りません。

 「けっこうかわいいかんじだよ」といってくれる方がいましたが,みたことがない…
 それもどうかと思います…

 そろそろ,専用端末を買おうかと。

(以上)  
関連記事
テーマ:思うこと
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック