FC2ブログ
2013年01月30日 (水) | Edit |
今日は「偉人伝」を,もうひとつ。今日1月30日は,幕末の偉人・勝海舟の誕生日です。

そこで勝海舟の「四百文字の偉人伝」を。「四百文字程度で,古今東西のさまざまな偉人を紹介する」シリーズ。

その101話をまとめた電子書籍『四百文字の偉人伝』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)も発売中です(アマゾンKindleストア,楽天kobo,ディスカヴァー社のホームページにて販売,400円)。

なお,この「勝海舟」は未発表の新作です。最近もぽつぽつ新しい「四百文字の偉人伝」を書いてます。

勝海舟(かつ・かいしゅう)

自分の「蘭学」をみつける

 勝海舟(1823~1899)は下級武士の出身でしたが,幕末の動乱のなかで頭角をあらわし,幕府のトップリーダーとなりました。
 しかし,「日本は生まれ変わるべきだ」と考え,のちには幕府の支配を終わらせる方向で動きました。幕府を倒そうとした薩摩・長州にたいし,徹底的に戦うのを避ける決断をしたのです。そのおかげで長期の内戦がさけられ,日本はスムースに新しい時代をむかえることができました。
 勝にはそのような「先見の明」がありました。
 これは,若いころから蘭学(西洋の学問)を学んでいたことが大きいです。蘭学は,進んだ知識や新しい世界観をもたらしてくれました。
 しかし,西洋にたいし国をとざしていた江戸時代には,蘭学者たちは一般に白い目でみられていました。勝も迫害を受けたことがあります。
 それでも勝は蘭学に賭けて学び続けました。それがのちに花ひらいたのです。
 創造的に生きたいなら,自分なりの「蘭学」をみつけましょう。
 つまり,「まだ評価の定まらない,新しい世界」をみつけて取り組むのです。
 ただし,それが新しいものであるほど,「周囲にわかってもらえない」のは覚悟する必要がありますが。

(参考文献)板倉聖宣『勝海舟と明治維新』(仮説社),松浦玲『勝海舟』(中公新書)

【勝海舟】
1823年1月30日生まれ 1899年1月19日没

関連記事
テーマ:歴史上の人物
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック