FC2ブログ
2013年07月20日 (土) | Edit |
7月の団地の風景
7月の団地の風景。7月14日の猛暑の日,修理の済んだデジカメで。

 7月6日の記事で,コダックのデジカメV570を修理に出すという話をしました。

 6~7年使った愛着のあるコダック製のデジカメが壊れた。でも去年「経営破たん」したコダック(会社は存続)で,修理の受け付けはどうなっているんだろう? コダックに電話したら,修理・メンテを引き継いでいる会社がわかって,そこへカメラを宅配便で送った。先々週のことです。

 1週間後,予定通りカメラが直り,戻ってきました。
 修理代金は,宅配便の代引きで支払う方式。レンズを動かすモーター関連の修理をして,1万4000円ほど(配送料含む)。

                        *

 あと,思い切って,2年前に壊れたまま放置しているリビングのエアコンも,修理を頼むことにしました。
 このエアコンはシャープ製。
 最近,経営危機がとりざたされたシャープ。ちょっとコダック的な要素があります。修理の体制は今どうなっているのか?

 先々週の後半,シャープに電話すると,すんなりと2日後の日曜日に来てくれました。シャープ製品の修理を請け負うグループ会社のスタッフの人です。

 でも,こちらは修理できませんでした。
 室外機のファンの動きを制御するプリント基板に故障があったのだそうですが,そのプリント基板の在庫がない。ウチのエアコンは13年前(2001年)の製品です。そのくらい古くなると,そういうことがある。

 たかだか13年前の製品で,修理用部品の在庫がない……

 メーカーにとっては,「たかだか13年前」ではないのかもしれません。「13年」は大昔なのでしょう。そんなに長く使ってもらってもねえ…というわけです。

 でも,当時20数万円で買った製品です。
 10年20年くらい使うのはあたりまえのように思います。
 少なくとも,私のように考える人は,今は増えているはず。

 そして,メーカーによっては「長く使う」ことに対応しているところもあるでしょう(日本の家電業界では,どうなのかはわかりませんが)。でも,シャープは残念ながらそうではなかったようです。

 シャープの製品は,デザインが結構好きだったのです。
 いかにも日本の家電らしいゴテゴテ感がない。かといっていかにも「美しいでしょう」と頑張っている感じでもない。つまらない「凡人」な感じ,プレーンな感じの良さが,シャープの製品にはあったように思えます。少なくとも,私が今よりもいろんなモノを買っていた90年代から2000年代前半にかけては,そうでした。

 でも,修理できないんじゃ,しょうがない。

 というわけで,今年の夏も,ウチのリビングはエアコンなしでいきます。
 この夏に,お友だちがウチに集まる機会もあります。いらっしゃる方は,申し訳ないのですが,Tシャツなどの涼しめの格好で来ていただいたほうがいいかもしれません…

(以上)

関連記事
テーマ:あれこれ
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック