FC2ブログ
2013年08月02日 (金) | Edit |
2013年2月24日の記事の再放送です。だいぶ前の記事ですが,「団地 間取り」などのキーワードによる検索でみつけて,訪問してくださる方が毎日のようにいます。

私は築30数年の古い団地をリノベーションして住んでいます。団地の魅力をみなさんにお伝えすることは,このブログのテーマのひとつです。

関連記事
ベランダのビアガーデン
団地リノベはローコストか
団地マニアでなく,団地エリート
団地リノベーションの我が家

***

団地の魅力のひとつに,その「間取り」があります。「〇平方メートル」「〇LDK」ではあらわしきれない特徴が,団地の間取りにはあるのです。

下の図は,団地の間取りのイメージです。

斜線の部分は,玄関ホールなどの廊下的なスペース。赤い線は,窓。出入口の横にあるのは,階段。

(団地の間取り)
団地の間取り

これに対し「今どきのマンション」のイメージは,こうです。団地と同じく,斜線の部分は廊下で,赤い線は窓。

(今どきのマンションの間取り)
今どきのマンションの間取り

多くの古い団地は,となりあう2戸が対になって階段を共有しています。これだと,ひとつの棟にいくつもの階段があるのがふつうです。これを「2戸1(ニコイチ)」ということがあります。

それに対し,今どきのマンションの多くは,エレベーターとメインの階段は1か所に集約され,外廊下を通って出入りする構造になっています。これだと通行人の目が気になるので,外廊下に面した窓は,たいていは閉めっぱなしです(だから,上の図では省略しました)。

これを,「外廊下」方式といいましょう(一般的な呼び名ではなく,ここだけのものです)。
 
一方,「ニコイチ」方式の団地では,両方の窓(多くは南北)をオープンにできます。これは,やはり快適です。

まず,北側の部屋も,明るい。古い団地は,家全体に日差しが入ってきます。そして,風通しが断然いいです。

私の住む団地も「ニコイチ」です。高台に建っているせいもあって,南北の窓を開けると風が非常によく通ります。おかげで夏場もほとんど冷房を使わずに暮らしています。
 
「外廊下がない」「そのため,南北の窓をオープンにできる」

これは,多くの古い団地の特徴であり,明らかなメリットです。

***

もうひとつ,団地の間取りの特徴として,「全体のかたちが正方形に近い」ということがあります。その「正方形」が,襖(ふすま)などでゆるやかに仕切られています。

これに対し,今どきのマンションは,やや細長い長方形です。

玄関から廊下がのびていて,その両側に部屋がある。各部屋の独立性は団地よりも高いです。たいていは,廊下のつきあたりがリビング+ダイニングになっています。

「正方形」型と「長方形」型。「どちらがいい」とは,はっきりはいえません(これも,ここだけの呼び方です)。

ただ私は,ゆるやかに仕切られた「正方形」型の団地の間取りが好きです。なんとなく,のびのびした感じがするのですが,どうでしょうか? 家じゅうを「ぐるぐる」「うろうろ」できるので,面積のわりには,きゅうくつな感じがしません。

もちろん「仕切りがゆるやか」というのは,各部屋のプライバシー度が低いということです。私がそれをデメリットと感じないのは,夫婦2人暮らしだからかもしれません。年頃の子どもさんがいる家庭などでは,またちがうはずです。

あとは,やはり日当たり,風通しのことがあります。「長方形」型だと,その真ん中あたりは,どうしても外の光や空気が入りにくくなります。

*「長方形」型は,業界では一般に「田の字プラン」といいます。でも,私にはあまり「田の字」にはみえないのですが。

***
 
今どきのマンションは,多くが「外廊下」方式であり,「長方形」型です。それがスタンダードになっています。しかし,その「スタンダード」は,かならずしも暮らしやすさを追求して生まれたものではありません。むしろ「経済性」を追求した結果生まれました。

正確にいうと,「予算の制約のなかで,一定品質の住宅を数多く提供しよう」と工夫するなかで生まれたのです。

もしも,今の高層マンションを「ニコイチ」でつくったら,ひとつの棟にエレベーターをいくつも設置しないといけません。それはコストがかさみます。マンションの値段がそのぶん高くなってしまいます。

「長方形」型というのも,経済効率のうえで意味があります。具体的な説明は省きますが,「長方形」型だと,「正方形」型にくらべ,同じ建築コスト(土地代+材料費+工事の手間)でより多くの家をつくれるのです。

「だから今どきのマンションはダメだ」などというのではありません。「外廊下」方式は,現実的な妥協案です。「長方形」型の間取りも,これはこれでよくできていると思います。

でも,古い団地のような「ニコイチ」方式も「正方形」型もあるということです。そして,その良さはもっと知られてもいいと思うのです。

(以上)
 
(参考文献)隔月刊「コンフォルト」5月増刊『図説 日本の「間取り」』建築資料研究社,2001年。「間取り」というものを考えるうえでよい本です。豊富な図版と解説で,住宅に興味のある人なら初心者でもたのしめると思います。ただし,今は入手困難かもしれません。

関連記事
テーマ:建築デザイン
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
団地の形が大好きです。
実は私も多摩市の団地を購入し、リノベーション?して住んでいます。
私が生まれ育ったのは永山団地です。
昔の団地は光が入る量が多いと思います。そのぶんとても暖かい。北側はすごく寒いですが。。
今のマンションはたいてい南面に対して長細く、南に面している部屋がリビングだけという間取りも多いですよね。私はやはり団地の間取りが大好きです。
幼児2人とで3人で住んでいますが、どこにいても気配が感じられます。(それが狙いということもありますが、、)
我が家も風の通りはとてもよく、夏でも気持ちがいいです。一番のお気に入りは、北側の窓からも公園、南側のベランダからも右手に公園、左手にも公園が見えること!緑がそばにあるというのはとても気持ちがいいものです。
北側の部屋の窓はベランダがついてないので、エアコンを入れられない(窓付けタイプしか)とか、電気のスイッチがおかしな所にある、とか天井が低い、とかいろいろ不便なところもありますが、子供たちが巣立った後の私一人の住まいとしては本当に十分です。とても居心地がいいです。ここを自分の手で自分が好きなようにリノベーションできたこと本当にうれしく思っています。これからも自分の住みやすいようにリフォームし続けたいと思います。団地万歳!
2014/02/04(Tue) 11:53 | URL  | mi #sj93pB3o[ 編集]
Re: 団地の形が大好きです。
 コメントありがとうございます。
 「生まれ育ったのが永山団地」とのことで,私は生まれは別ですが育ったのは隣接する諏訪団地ですので,同じ「故郷」の方ですねー
 団地の間取りは,あの面積の間取りとしては,ほんとうに完成度が高いと思います。
 高級マンション(億ション)のきちんとした物件は,この記事の「今どきのマンション」的な間取りではなく,むしろ団地に近い正方形的な間取りです。団地の間取りは本来ぜいたくなのだと思います。
 コメントでいただいた,風通しの良さ・環境の良さ等々の「団地の心地いいところ」は,私もまったく同感です。
 
 ご近所に住む「団地リノベ」の同好の方に,当ブログをみつけていただき,うれしいです。
 私たちの住む「団地の価値」を知る人がもっと増えていったらいいと思います。自分の住む多摩・永山周辺で増えたら,なおうれしいです。じっさいには,団地に住むのかなりの人が「団地の価値」について気が付いていないというか,否定的なように,私は感じています。それを残念にも思っています。

 いずれ,我が家の「オープンハウス」(どなたでも家に来ていただこうというイベント)などもしたいと思っています。実は一昨年に開催したのですが,去年は多忙等でできませんでした。でも,今年はいずれやりたいです。そのときはこのブログで告知します。ご近所ですから,もしよかったらぜひおいでください。
2014/02/04(Tue) 21:54 | URL  | そういち #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック