FC2ブログ
2013年08月04日 (日) | Edit |
コロンボのライト

コロンボのライト (2)

 以前の記事で紹介したことがあるのですが,上の写真はウチのリビングにあるフロアライトです。
 ミッド・センチュリー(ほぼ1950~60年代)のイタリアを代表するデザイナー,ジョエ・コロンボ(1930~1971)の作。

 私はこれを8年前に買いました。いかにも簡素で,古い団地をリノベして住んでいる我が家にも合う。暗い部屋で点灯すると,器具の存在感が消えて,「明かり」だけが際立つ。気に入っています。

 このライトの電球が,おととい切れました。

 下の写真がそれです。向かって右が切れたもの。左が昨日買った新品。
 「クリプトン電球」の,ややマイナーなタイプ。

クリプトン電球

 クリプトン電球の「クリプトン」とは,電球のなかに入っているガスの名前。最も一般的な白熱電球とはちがう物質が入っています。
 くわしいことはわかりませんが,一般の電球よりも大きさのわりに強く発光するタイプが多い。光線の色合いなどもやや異なっていて,独特の味わいがある。

 値段は,かなり高いです。
 昨日買ったのは,ある量販店では1100円ほどでした。

 私が昨日,この電球を買うために覗いたのは,新宿の東急ハンズでした。ほかの買い物もあったので,ついでに,という感じです。

 そこで電気・照明が専門の店員さんから聞いたのは,「この手のクリプトン球は,最近どんどん生産が減っている」ということ。

 とくに私の使っているタイプ(ソケットにねじ込む金口の口径17ミリ)というのはマイナーで,今は日本では東芝でしか作っていない。私が使っていた(今回切れてしまった)パナソニック製は,すでに生産中止である……

 店頭には今置いてないので,取り寄せになるとのこと。
 
 東急ハンズは,量販店より少し値段が高いですが,たまにこういう話を聞けるのがいいですね。
(あとで近くの家電量販店をみたら,そこにはあったので,1個買って帰りました)

 その後ネットで調べてみても,たしかに私が買ったようなクリプトン球というのは,マイナーなようです。
 独特の光の風合いが好まれることもあったけど,やはり値段が高いので敬遠される。発熱量が多く,使いづらいという面もある。だから,あまり普及していない。

 そもそも,白熱電球じたいがマイナーになってきています。
 蛍光灯やLEDへの移行を促そうと,政府が「白熱電球の生産の自粛」をメーカーに求めたりしている。省エネと新しい需要を喚起するためです。

 クリプトン電球(私の使っているタイプ)は,近い将来消えてしまう運命なのかも?

 店員さんの話を聞いて,「こういう電球もいつ買えなくなるかわからないから,ストックを持っておこう」と思い,数個を注文しました。
 1個で3年くらい持つので,10数年分か。
 このフロアライトは使えるかぎり,使いたいと思っています。

 白熱電球の一種をかたくなに使い続けるなんて,今の「省エネ」の流れに逆行しているのかもしれません。
 でも,好きなデザインの照明を使い続けたい。
 好きな光の色合いをたのしみたい。

 関連記事
   ベランダのビアガーデン
   団地リノベはローコストか
   団地マニアでなく,団地エリート
   団地リノベーションの我が家

                        *

 LEDの光は,すべてがそうではないですが,違和感があります。
 将来は改良されていくのでしょうが,今のところはそう感じています。

 私にとって,電灯の理想的な光は,白熱電球の暖かい光です。オフィスではともかく,家でくつろぐときは,あれがいい。

 その点で,白熱電球タイプの蛍光灯は,相当良くなりました。白熱灯にかなり近い光になっています。私も使っています。

 去年のことですが,毎日通る道の街灯が,白熱灯からLEDに変わりました。前の明かりは,みるたびになごんだのですが,今は青白いギラギラした光になってしまいました。

 省エネのためなら,仕方ないのかなあ…

 でも,「古い照明器具を20年30年使う」みたいなことも,モノを大切に使うという意味での「省エネ(省資源)」です。

 あと,ウチの場合,自家用車も持ってないし,エアコンも,ほぼ使っていません(2台あるうちのメインの1台が故障して直してないのです)。現代人としては,かなり省エネな暮らしをしているはずです。

 だから,それに免じて,クリプトン球を使ったフロアライトを使い続けたしても,バチはあたらないのでは…と勝手に思っています。

(以上)
 
関連記事
テーマ:建築デザイン
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック