FC2ブログ
2013年08月15日 (木) | Edit |
四百文字の偉人伝・手塚治虫(てづか・おさむ)

戦争中に描きためた三千枚

 太平洋戦争(1941~1945)のころ,明日のまったくみえない時代。マンガ家志望の学生だった手塚治虫(1928~1989)は,それでもひたすらマンガを描いていました。
 そのころに描いた原稿は,およそ三千枚。
 戦時中で発表のあてもない原稿を,それだけ描いたのです。それも,空襲が日増しに激しくなる中,教師などの周囲の大人ににらまれながらです。
 だから,描いたものは親しい友人にだけみせていました。でも,どうしても多くの人にみてもらいたくて,動員されていた軍需工場で,エラい人にみつからないよう,工員専用のトイレの個室に作品を貼ったこともありました。
 やがて,戦争が終わりました。
 手塚はほっとすると同時に,「これで思いきりマンガを描ける。マンガ家になれるぞ!」と胸をおどらせました。
 その後,描きためた原稿を基にした作品がつぎつぎと出版され,新しい時代のマンガとして大きな反響を呼んだのでした。
 戦争が終わったとき,ただほっとしたり呆然としたりするのではなく,「これで思いきり〇〇できる!」と叫んだ若者は,手塚のほかにもいろんな分野でいたはずです。そういう人たちが,戦後の日本社会を築いていったのです。

手塚治虫著『ぼくはマンガ家』(角川文庫,2000),同『ぼくのマンガ人生』(岩波新書,1997)による。

【手塚治虫】
マンガ家。現代マンガ(=ストーリーマンガ)の基礎をつくった。1947年『新宝島』で本格デビュー。『ジャングル大帝』『鉄腕アトム』『火の鳥』『ブラック・ジャック』など多くの作品を残した。
1928年(昭和3)11月3日生まれ 1989年(平成元)2月9日没

(以上)
関連記事
テーマ:歴史
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント

こんばんは

考える事あるんです 戦争で生き残った人々の影響で国が動いてる

国や守る人の為に散っていった人々 彼等の影響力は残りません

個人の考え方は多様で「戦争が終わったらこれがしたい」

それもありだと思いますけど 今の日本は個性が先走ってないかなー

生き残るべき高潔な人が真っ先に逝ったと思うんです

 ブログに反論するみたいです すいません

こんな考え方する奴もいるんだと読み飛ばして下さい

2013/08/15(Thu) 23:48 | URL  | shin36a #-[ 編集]
Re: タイトルなし
 コメントありがとうございます。
 「亡くなった人の影響力は残らない」というのは,そうですよね。ほんとうはやりたいことがあったのに,できずに逝った若い人が大勢いたんだろうと思います。胸が痛みます。今回の四百文字の偉人伝は,そういう気持ちをもって書いています。でも,「戦争で逝った人の無念が置き去りにされている」といった印象をあたえる面もあるんだ,とコメントをいただいて知りました。
 でも,たいへんな時代でも,立ち上がって自分の仕事や,やりたいことに取り組んでいく人たちというのは,やはり素晴らしいと私は思っています。

 まじめで高潔な人から亡くなった,ということもおそらくあったのでしょう。
 でも,生き残った人たちが,とくに高潔でない,ということでもないと思いますが…

 やりたいことを,やろうと思えばできる(その可能性がひらかれている,権力がやりたいことを禁止していない)社会は,私はやはりいいと思います。戦争は,そういう自由とか物理的な条件(そもそも命まで)を徹底的に破壊してしまいます。
 「個性が先走ってよろしくない」という問題が,今の社会に仮にあるとしても,それはまた別の話,別次元の話ではないかと思います(なんでも「個性」が大事だ,とは私も思っていません)。
2013/08/16(Fri) 07:16 | URL  | そういち #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック