FC2ブログ
2013年09月08日 (日) | Edit |
 ご存じのとおり,2020年のオリンピック開催地が,東京に決まりました。

 候補地として争った,東京,マドリード(スペイン),イスタンブール(トルコ)。

 これらの都市がある国の世界史的な「立ち位置」には,共通性があります。

 それは,この200年ほど世界史の「中心」であった欧米先進国に近い,「周辺」にあるということ。
 「中心」のすぐ近くの「周辺」。
 「準中心」といってもいいような位置。
 
 そして,それぞれの意味において「新興国」である,ということ。


 日本は,前回の記事でも述べたように,アメリカ(アメリカ合衆国)と太平洋を挟んで「となり」にあります。そして,アメリカの影響を強く受けながら,近代化や経済発展をしてきました。

 高度成長の結果,欧米と肩を並べる先進国となったのは,1970年代。
 前回の東京オリンピック(1964年)は,急速な成長の真っ只中でした。

 日本が「先進国」「経済大国」となって,40年くらい経ちます。かなり経ったようにも思えますが,世界史の大きな時間の流れでみれば,この数十年の,つい最近のこと。

 その意味で世界史的には,日本は「新興国」なのです。


 ここで「新興国」とは,「欧米の先進国以外で,それに迫るレベルに発展してきた(発展しつつある)国」ということです。
 日本は,世界のなかで,そのはしりといえます。
 そして,「最も成功した新興国」ともいえるでしょう。

 そして,「新興国」のなかの「古株」なだけに,最近は勢いがおとろえてきました。
 「勢いがあったころの夢よもう一度」という気分が,オリンピック招致をすすめた人たちにはあったでしょう。

                       *

 マドリードのあるスペインもまた,「新興国」の一種です。

 西ヨーロッパのスペインを「新興国」というと,違和感があるかもしれません。
 たしかに,「大航海時代」(おもに1500~1600年代)のスペインは,ヨーロッパの「近代」を切り開いた,最先端の国でした。

 しかし,その後のヨーロッパの発展,とくに産業革命(1800年ころ)以後の技術や産業の進歩には,かなりとり残されました。西ヨーロッパの中心は,オランダ,イギリス,ドイツなどの北部のほうへシフトしていきました。

 そして1900年代になっても,ほかの西ヨーロッパ諸国の「民主主義」とは異なる,独裁的な政治体制が長く続きました。それがおわって,スペインが現在の「民主的」といえる体制になったのは,1970年代のこと。それ以降,経済発展も動き出しました。

 その意味で,スペインもまた「新興国」なのです。


 1992年のバルセロナオリンピックは,「生まれ変わったスペイン」を象徴する祭典でした。1964年の東京オリンピックが,「敗戦からよみがえったニッポン」の祭典だったのと,似たところがあります。
 
 そして,スペインの経済は,ここ数年ひどい不景気で混乱しています。招致にかかわる人たちに「バルセロナの夢よもう一度」的な気持ちはあったはずです。

                        *

 そして,トルコのイスタンブール。

 トルコが「新興国」であるというイメージは,かなり一般的と思います。

 しかし,トルコには「古くから栄えた文明国」という面もあります。

 大航海時代にスペインが繁栄していた時代,それをも上回る超大国として栄えていたのは,オスマン・トルコという,イスラムの帝国でした。
 しかし,欧米諸国が台頭して以降,イスラムは衰退していきました。
 1900年代初頭までに,オスマン・トルコ帝国は崩壊し,今のトルコ共和国が建国されました。

 その後,ある程度の発展は続いていたのですが,この20年ほどで,かつてない急速な経済の成長・発展がおこりました。

 今のトルコは,イスラム世界のなかで,最も先進国に近いレベルまで発展しています。

 そこには,西ヨーロッパ諸国に隣接し,さまざまな交流を通じてヨーロッパの影響を受けてきた,ということがあるでしょう。

 数百年以上前のヨーロッパ人は,隣接するイスラムの人びとから,さまざまな技術や文化を学んで発展しました。
 今の世界では,トルコの人たちが隣接するヨーロッパとの交流を通じて,急速に発展している。かつてとは逆方向で「文明」が伝わっているのです。


 ニュースで,今回のIOC総会でのイスタンブールのプレゼンを少しみました。
 近代的な建築物やインフラの様子を示す映像。
 今のトルコが「先進国」の一歩手前まで来ている,というのを感じます。
 
 「アジアとヨーロッパの架け橋」というメッセージにも,リアリティがあります。
 トルコは,ヨーロッパでおこった産業革命を,イスラム世界ではじめて本格的に消化し,「近代化」に成功しつつある国なのですから。

 イスタンブールでの開催というのは,今後(2024以降)十分あり得るのではないでしょうか。

 世界の勢力分布が大きく変わってきたことを,今回の「オリンピック招致」ではあらためて感じました。

(以上) 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック