FC2ブログ
2013年09月10日 (火) | Edit |
 いつも,長い記事ばかりなので,たまには短かい「雑談」を。「与太話」といってもいいです。
 反響を伺いつつ,シリーズにするかも。
 ツイッターでやるのがふつうかもしれませんが,私はブログで。

 ***

 今度の東京オリンピックの公式キャラクターは,どうするんでしょうか?

 招致のプレゼンで,過去の遺産を活用し,コンパクトでスマートなオリンピックを行う,みたいなことを言っていました。代々木の体育館(by丹下健三)とか,また使うのだそうです。たしかにああいうすばらしい建築の遺産は,ぜひ活用すべきだと思います。

 キャラクターも,それでいけばいいのでは?

 つまり,ドラえもんとかキティちゃんとかアンパンマンを,東京五輪の公式キャラにしてしまう。

 ヘンテコな新キャラをつくるより,日本が誇る世界的な「遺産」を活用すべきでは?
 もちろん,権利者には無償で,オリンピックのために提供しいただくのです…。

 ***

 今日の昼休み,職場近くのカフェで,30代のサラリーマン3人組が,「半沢直樹,視聴率30%超えたそうだ」などと話をしていました。3人ともこのドラマをみているらしい。

 私も,あれを3~4回みたことがあります。
 筋の通った中堅サラリーマンが,理不尽で卑怯な上司を叩きのめす。
 これは,すっきりしますね。

 このときの3人組の会話でも,「前回の話だと,まだすっきりしてないよね」というふうに,「すっきり」という言葉が出てきました。

 数千万人のサラリーマンの「すっきり」のツボをさぐり当てたのが,このドラマなんだと思います。

 で,主人公に叩きのめされる上司や同僚のおもなところは,だいたいバブル入社世代(50歳前後)。
 この世代が,今どきの「チャラチャラとズルい感じ」のサラリーマンを象徴しているらしい。
 オレもこの世代だ。残念。

 ***
 
 街角で見かけた,小学校3~4年生くらいの女の子2人。

 1人が「そらーにーあこがれてー」と,ジブリ映画『風立ちぬ』の例の主題歌を歌っている。

 もう1人の子が,

 「それ,ゆーみんっていうおばさんが歌ってるんだって」

 「おとうさんは,このおばさんの歌を,よくクルマできいてるんだよ」

 そういって,いっしょに歌いだしました。

 彼女を知らない子どもたちまでがその歌を口ずさみ,「誰の歌か」を話題にしてしまう。
 それだけ印象に残るということです。
 それも,ほとんど「孫」といっていいような子どもたち。

 ユーミンは,偉大ですね。

(以上)
関連記事
テーマ:思うこと
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
 数千万人のサラリーマンの「すっきり」のツボをさぐり当てたのが,このドラマなんだと思います。で,主人公に叩きのめされる上司や同僚のおもなところは,だいたいバブル入社世代(50歳前後)。この世代が,今どきの「チャラチャラとズルい感じ」のサラリーマンを象徴しているらしい。オレもこの世代だ。残念。

この所に関して書きます。
 このドラマの最終回を見ました(それまではたまに見ていました)。最後の頭取の人事に対する申し渡しの場面は,主人公が出向させられ,追求された側はやめさせられることはなく少しの降格ですんだという形になりました。がっかりしたと同時になぜかホットしたのです。新聞では続編を予感させる内容になっているという分析が書いてありました。そうかと思うと同時に何か違うものがある気がしていたのです。土下座をして自分の生き様をさらしたことがとても印象的だったのです。 今はこの記事を読んでなんとなく分かった気がします。
うまく言えないのですが,若い人から見たら「すっきりしない50代」に対するある意味での評価をしたのではないかと。その時代を懸命に生きた証•人生の厚みをいったのだと思ったのです。人間の生き様を表現したのではないかと思いました。
 話はそれるかもしれませんが,こんなことも頭に浮かびました。
 高齢化という時代,人間の尊厳を維持できる新たなシステムを作り上げることが必要な時期に来ているのではないでしょうか。今の社会をふと思うと世代間の溝がだんだんと深まっている気がします。いわば対立する感じです。例えば半強制的にでも「お年寄りから若い人にお金がいくようにという流れ」です。確かに必要なことと思います。でも何もお年寄りは若い人を応援したくないとは思ってはいないと思います。スムーズにそれができないのは「安心できない社会」だからではないでしょうか。若い人たちもお年寄りの人たちも支えることのできる仕組みづくりを。私としてはこれだというものはまだありません。勉強しようと思っています。


             
2013/09/28(Sat) 06:28 | URL  | かずゆき #-[ 編集]
かずゆきさんへ
かずゆきさん,長文の読み応えのあるコメント,ありがとうございます。

 「半沢直樹」で宿敵の常務が多少の降格で済んだことについて,「ホッとした」とのこと。なるほど,そういう見方もあるなあ,と気づかされました。(なお,私は最終回をみていません。人づてに内容を聞いてはいますが)

 世代対立が深刻化しているというのは,そのとおりだと思います。経済の成長が長く低迷すると,そうなるのでしょう。若い人にとって「年長者は自分の未来」と思える条件がないと,年長者は単に「先に生まれて,先に〈おいしい果実〉を持っていってしまった人たち」と映ります。単純化すると,そういうことかと思います。

 世代対立のことは,いずれブログの記事でも書いてみたいです。むずかしいテーマですが。かずゆきさんのいわれる,「年長者が若い人を支援したい気持ち」というのも大事な視点と思います。
 私はバブル世代の中年だけど,今は「フリーター」みたいな立場。だから,中高年の「既得権」からは比較的離れたところにいると思います。そこで,世代対立のことは,わりと自由に考えたり書いたりできるのでは…
2013/09/28(Sat) 08:14 | URL  | そういち #-[ 編集]
私はバブル世代の中年だけど,今は「フリーター」みたいな立場。だから,中高年の「既得権」からは比較的離れたところにいると思います。そこで,世代対立のことは,わりと自由に考えたり書いたりできるのでは…

期待しています。よろしくお願いします。
2013/09/28(Sat) 17:44 | URL  | かずゆき #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック