FC2ブログ
2013年02月15日 (金) | Edit |
今日2月15日は,「近代科学の父」ガリレオ・ガリレイの誕生日です。

そこでガリレイの「四百文字の偉人伝」を。
「四百文字程度で,古今東西のさまざまな偉人を紹介する」シリーズ。
その101話をまとめた電子書籍『四百文字の偉人伝』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)も発売中です(アマゾンKindleストア,楽天kobo,ディスカヴァー社のホームページにて販売,400円)。

ガリレイ

ガリレオが否定しても地球は回っている

ガリレオ・ガリレイ(1564~1642 イタリア)は,聖書の教えに反する「地動説」を主張したとして,ローマ法王庁の宗教裁判にかけられました。これは,有名な話です。

では,法王庁の圧力には一切屈しなかったのでしょうか? いいえ,彼は結局「私はまちがっていました」と裁判で宣言させられています。その際に,一般に伝わる逸話のように彼が「それでも地球は回っている」といったかどうかは,じつははっきりしていません。

でも,少なくともガリレオはわかっていたはずです。「私や教会がなんといおうと,地球は回っている。こんな宣言に意味はない」と。

科学的な真理は,裁判や会議のような権威が宣言することでは,決まらないのです。彼は,判決により自宅軟禁となりました。しかし,最後までしぶとく研究を続け,その成果を秘密で出版したりしたのでした。 

ストラザーン著・浅見昇吾訳『90分でわかるガリレオ』(青山出版社,2000)に教わった。ほかに参考として,板倉聖宣著『科学と科学教育の源流』(仮説社,2000),青木靖三著『ガリレオ・ガリレイ』(岩波新書,1965)

【ガリレオ・ガリレイ】
 落下運動の法則や地動説などで近代科学の扉を開いた科学の父。望遠鏡を使った天体観測の先駆者でもある。有名な「ピサの斜塔で落下運動の実験をした」という逸話は,のちの創作であり事実ではない。
1564年2月15日生まれ 1642年1月8日没

(以上)
関連記事
テーマ:歴史上の人物
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック