FC2ブログ
2013年10月24日 (木) | Edit |
 今日10月24日は,「微生物の世界」を発見した科学者レーウェンフックの誕生日です。そこで彼の「四百文字の偉人伝」を。古今東西のさまざまな偉人を400文字ほどで紹介するシリーズ。

 「レーウェンフック」といっても,多くの方はご存じないかも……でも,科学史では有名な人です。こういう「その筋では知られているけど,一般にはあまり知られていない」という人物も,このシリーズではときどきとりあげています。 


レーウェンフック

「個人的な趣味」ではのめり込めない

 1700年ころのオランダにアントニ・レーウェンフック(1632~1723 オランダ)という洋品店の主人がいました。彼は40歳ころに,当時はまだめずらしいものだった顕微鏡を自作してミクロの世界の観察をはじめ,それを生涯熱心に続けました。
 彼は顕微鏡のことを,周囲の人にあまり語りませんでした。
 そこで人びとの多くは,彼を「自分の世界にこもる偏屈なマニア」と考えました。
 でも,じつは彼には外国に科学者の仲間がいて,観察結果を報告する手紙を何百通も書き送っていたのです。彼は学会で「微生物の世界の発見者」と評価されていました。
 1人で趣味にひたっていたのではなく,「科学者のネットワーク」の中で研究活動をしていたのです。
 他人や社会とのつながりのある活動だったからこそ,彼は顕微鏡にのめり込むことができました。「個人的な趣味」では,そうはいきません。

宮地祐司「〈科学者・レーウェンフック〉の発見」『たのしい授業』1987年1月号(仮説社)に教わった。

【アントニ・レーウェンフック】
「微生物の世界」の発見者。肉眼では見えない小さな生物の観察結果をはじめて学会に報告した。彼の顕微鏡は小さなガラス玉のレンズ1個だけの虫眼鏡のようなものだが,当時としては最高の性能だった。
1632年10月24日生まれ 1723年8月27日没

 ***

 「科学」というと,「専門的なむずかしい世界」で,科学者が複雑な実験装置を使って研究している,といったイメージが一般的でしょう。
 たしかに,今の科学の主流は,専門家の世界です。

 しかし,近代科学の初期の時代(1500~1700年代)には,それとは異なる「アマチュア的な科学」の世界がありました。ここで述べた洋品店の親父=レーウェンフックが没頭したような,私たちにも理解できる「たのしい科学」の世界が。

 また,現代にもそのような「近代科学の初期のころの〈たのしい科学〉の伝統」を追いかけているアマチュア研究者たちがいて,私はおもにその人たちからレーウェンフックのことを知ったのでした。宮地祐司さんを中心とする「楽知(ち)ん研究所」というNPOの人たち。

 下の写真は,1990年代末から2000年代初頭に「楽知ん研究所」で発行した研究誌『初等科学史研究MEMO』です。第7号まで出て,発行部数は各500部。

初等科学史研究MEMO

 当時の楽知ん研究所は,まだNPOではなく,単なるサークルでした。しかし非常に熱気があって,「たのしい科学」に関するさまざまなレポートや記事への反響が,全国各地からこの研究誌に寄せられていました。

 職業的な研究者ではない人たちが,さまざまな文献を調べるなどして(ときには外国語の原典にあたりながら),せっせと書いていたのです。

 私も,『初等科学史研究MEMO』の第6号に,アメリカ独立革命についてのレポートを載せてもらったことがありました。「社会の科学」の研究としてです。

 1990年代は,パソコンや安価な印刷などの普及で,かなり手の込んだ印刷物を,以前よりもずっと多くの人がつくれるようになった時代。この研究誌は,そういう時代の産物だともいえるでしょう。

 そして,こういうアマチュアのミニコミ印刷物というのは,今はもう「ちょっと昔」のものなのかもしれませんね……「熱気にあふれた時代」はもう過ぎた,という感じがするのですが,どうなのでしょうか?

 ***

 「四百文字の偉人伝」は,古今東西のさまざまな偉人を,400文字ほどで紹介するシリーズ。このブログでときどき載せています。(カテゴリー:四百文字の偉人伝
 その101話をまとめた電子書籍『四百文字の偉人伝』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)も発売中です(アマゾンKindleストア楽天Kobo,ディスカヴァー社のホームページなどにて販売,400円)
                     
四百文字の偉人伝四百文字の偉人伝
(2013/02/04)
秋田総一郎

商品詳細を見る

(以上)
関連記事
テーマ:歴史
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
 1990年代は,パソコンや安価な印刷などの普及で,かなり手の込んだ印刷物を,以前よりもずっと多くの人がつくれるようになった時代。この研究誌は,そういう時代の産物だともいえるでしょう。そして,こういうアマチュアのミニコミ印刷物というのは,今はもう「ちょっと昔」のものなのかもしれませんね……「熱気のある時代」はもう過ぎた,という感じがするのですが,どうなのでしょうか?


 ミニコミ印刷は情報が整理されていて,読みやすくもありましたね。また良さが見直されるのではないでしょうか。
2013/10/24(Thu) 21:09 | URL  | かずゆき #-[ 編集]
かずゆきさんへ
 かずゆきさん,コメントありがとうございます。
 私も,ミニコミ印刷物ってよかったなあ……と思っています。おっしゃるように,情報が整理編集されている良さはあります(作り手の仕事ぶりにもよりますが)。今は「ネット」の時代なのでしょうが,世の中にはきっとミニコミ印刷物を熱くつくり続けている方もいるのでは……とも思います。
2013/10/24(Thu) 22:54 | URL  | そういち #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック