FC2ブログ
2013年01月14日 (月) | Edit |
「四百文字の偉人伝」というのを,この10年くらい書いています。時代・国・分野を問わず偉人をとりあげて,ひとつのお話につき「400文字前後」で紹介したものです。

「400文字」という制約が,ポイントになっています。

偉人とは,「それぞれの分野で著しい業績をあげ,歴史に名を残した人」のこと。すばらしい仕事をした人が中心ですが,「反面教師的に名を残した人」「功績も罪悪も大きい」という人物も取り上げます。

去年の春に,これまでに書いた「偉人伝」101話をまとめて,電子書籍として出版しました。
『四百文字の偉人伝』(ディスカヴァー・トゥエンティワン,400円)という本です。アマゾンKindleストア,楽天kobo,ディスカヴァー社のホームページにて販売しています。

今回は『四百文字の偉人伝』に収録されている話の中から,ベンジャミン・フランクリンをとりあげます。アメリカ独立(1776年)で活躍した,政治家・科学者です。フランクリンの誕生日は1月17日。「もうすぐ誕生日」ということでとりあげるわけです。

自立のための金儲け

「時は金なり」ということわざは,アメリカ独立で活躍したベンジャミン・フランクリン(1706~1790 アメリカ)の作だとされています。彼は,丁稚小僧から身をおこして,印刷業で財を成しました。

商売上手だった彼を,「拝金主義者」という人がいます。

しかし,フランクリンは,働かなくても食うに困らないだけの資産を築くと,40代で事業から手をひき,好きな科学の研究に没頭するようになります。とくに電気学の分野では,世界的な権威になりました。

また,大学や病院の設立,郵便制度の改革などの社会事業でも活躍しました。そして,晩年のアメリカ独立の際には,外交の仕事などで大きな役割を果たしたのです。

お金のことを気にしなくてよかった彼は,どの仕事も自分の信念に沿って,思いきり取り組むことができました。彼は,お金を「自立して自由に生きる」ための手段と考えましたが,人生の目的とは考えなかったのです。

参考:板倉聖宣著『フランクリン』(仮説社,1996),フランクリン著,松本・西川訳『フランクリン自伝』(岩波文庫,1957)。池田孝一訳・亀井俊介解説『アメリカ古典文庫1 フランクリン』(研究社,1975)

【ベンジャミン・フランクリン】
ワシントン,ジェファーソンと並ぶアメリカ独立の功労者で,電気学などの科学研究や,さまざまな社会事業で活躍した。哲学や社会科学の分野でも業績がある。アメリカでは最もおなじみの偉人の1人。
1706年1月17日生まれ 1790年4月17日没

関連記事
テーマ:歴史上の人物
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック