FC2ブログ
2014年02月21日 (金) | Edit |
 ライブのチラシ

 昨日の夜は,ジャズとブラジル音楽のライブを聴きに吉祥寺に行ってきました。
 会場は「Strings」というお店。

 私は,音楽はあまり聴きません。積極的にCDを買ったりダウンロードすることは,ほとんどありません。音楽に興味がないわけではないのです。でも,「そこまで手が回らない」「本を買うので精いっぱい」と思って,若いうちからその方面には手を出さないできました。

 コンサートに行ったのは,これまでの人生で20数回くらいでしょうか。あれ,結構行っていますね……でもそのうちの半分が,妻が大ファンである,SMAPのコンサートです……。

 そんな私が今回出かけたのは,友人のベーシスト・西脇慎二さんの演奏を聴くためです(上の画像は,ライブのチラシ)。

 西脇さんとは,数年前の浪人(失業)時代に知り合って,以来ときどき飲んでいる仲。

 知りあったときは,お互い失業中の身でした。そういうことでもないと,知り合えなかったかもしれません。失業者になると,ミュージシャンの友だちができたりして,世間が広がることもあるわけです。 

 ***

 会社の仕事を早々に切り上げ,ライブ開始の1時間ほど前に吉祥寺に着いたので,街を少しブラブラしました。

 吉祥寺は,この10年で数回来ただけですが,歩くたびに「たのしげな,すてきな街だ」と思います。

 多くの人が「住みたい」というのもわかります。
 私が住む,多摩ニュータウンにはない世界があるのです。

 横丁の飲み屋さんもあれば,今どきなカフェもあり,ファッションビルが複数あり,さまざまな趣味の専門店があり,私の好きな書店は大書店もあれば個人経営の素敵な店もある……住宅地のそばに,そんな街ができている。井の頭公園もある。

 それから,東急デパート吉祥寺店も,昭和の古きよきデパートの雰囲気が残っていて,「いいな」と思います。
 日曜日に行くと,おしゃれなお嬢さんとお母さんが,いっしょに素敵なバッグを選んでいたりする。一昨年にトイレを借りにこのデパートに入ったとき,そんな光景をみました。

 昔はこのような,ほどよい大きさのデパートが各都市にあって,栄えていたのですが,多くが消えてしまったはずです。でも,ここにはそれがまだ,それなりに活気ある状態で残っています。

 私は,腹ごしらえをしようと,こぎれいとはいえない中華屋さんに入って,肉もやしそばとギョーザと生ビールを注文。しめて1100円ほど。安くてうまい。こういう店も「ニュータウン」にはないなあ……

 ***

 ライブ会場のStringsは,吉祥寺駅から数分ほど。イタリア料理やお酒をたのしみながら,演奏を聴くお店です。
 中心街から少し外れたところですが,その周辺にもいろんなお店が並んでいます。
 
 20~30人でいっぱいになる小さな空間。小さなスペースにボーンとグランドピアノが置いてあったり,「狭くてたのしい」感じがあります。

 19時30分。3人のミュージシャンによる演奏がはじまりました。
 今回の演目は,ジャズとブラジル音楽の,よく知られた曲が中心なんだそうです(でも私は,どの曲も知りません)。

 ところで,「ジャズ」はともかく,「ブラジル音楽」っていわれて,みなさんイメージわきますか?
 たいていの人は「リオのカーニバルで踊っているときの曲」みたいなのを思い浮かべるのでは?
 
 ああいうのもたしかに「ブラジル音楽」なんですが,それはある一面に過ぎません。
 
 ブラジル音楽というのは,さまざまな顔をもつ,高度に発達した「音楽の大陸」です。
 たとえば「ジャズ」と比較しうるような(しかしそれとは異質の体系をもつ),大きな世界をかたちづくっているのです。
 ジャズがそうであるように,ブラジル音楽の世界にも,高度な技巧や構想力を備えた,偉大な作曲家やミュージシャンがきら星のごとくいる,ということです。

 しかし私たち日本人の多くは,そういう大きな音楽の世界があることを,ほとんど知らないわけです。私も,西脇さんから教えてもらうまでは,そうでした(今もよくわかっているわけではないですが)。

 ライブは2部構成。第1部はジャズを中心に。第2部はブラジル音楽中心。
 
 生の音は,やはり迫力があります。ズンズン響いてきます。
 ウイスキーを飲みながら,私も気持ちよくなっていきました。

 音に包まれている感じに,ほんとうになります。
 目の前に「色」や「像」も浮かんできます。ジャズのときは渋いモノクロな感じの像が,ブラジル音楽のときは,もう少しカラフルな色彩がみえてくる……
  
 音楽が好きな人は,こういう気持ちのよさを味わいに,ライブに足を運ぶんだろうな……

 お店の中で,スーツにネクタイの「サラリーマン」は,私だけ。
 ちょっと場違いなところに行ったのかもしれません。でも,世界が広がる感じがして,いい体験でした。

(以上) 
関連記事
テーマ:思うこと
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック