FC2ブログ
2014年03月28日 (金) | Edit |
 明日3月29日は,「実験生理学の父」といわれる医師・サントリオの誕生日です。
 そこで彼の「四百文字の偉人伝」を。古今東西の偉人を400文字程度で紹介するシリーズ。


サントリオ

実験生理学の父は「科学くん」

 1600年ころのイタリアにサントリオ・サントリイ(1561~1636)という医師がいました。
 彼は,人間の体重変化について研究していました。そのために,「人間が座って体重を測れる大きな天秤をつくり,1日じゅう乗って飲食したり排泄したりしたときの体重の変化を記録する」という実験を行いました。
 天秤にはイスがついていて,そこで食事やトイレもできます。
 実験台は,サントリオ自身。
 これで徹底的に体重の変化を調べていった結果,「大小便をしなくても,絶えず少しずつ汗が出て体重が減る」といった現象が明らかになりました。
 なんだかテレビのバラエティでやっている実験みたいです。ちょっと笑える感じもします。
 しかしこの実験は,人間の生理を数量的に明らかにする研究の先駆でした。サントリオは「実験生理学の父」といわれています。
 彼は天動説のガリレオとも親交があり,たがいに影響を受けています。
 実験による謎解きに夢中な人たち。
 近代科学を切りひらいたのは,こういう「科学くん」たちだったのです。
 
『科学者伝記小事典』(仮説社,2000)などの板倉聖宣氏の著作による。

【サントリオ・サントリイ】
体重変化の研究などで「実験生理学の父」といわれる医師。脈拍計や体温計の研究でも先駆者である。ベネチア共和国のパドヴァ大学の教授であり,大学の同僚のガリレオや地元の科学好きのアマチュアらと科学愛好家のサークルをつくって活動したりもした。
1561年3月29日生まれ 1636年2月24日没

 ***

 「四百文字の偉人伝」は,古今東西のさまざまな偉人を,400文字ほどで紹介するシリーズ。このブログでときどき載せています。(カテゴリー:四百文字の偉人伝
 その101話をまとめた電子書籍『四百文字の偉人伝』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)も発売中です(アマゾンKindleストア楽天Kobo,ディスカヴァー社のホームページなどにて販売,400円)
                     
四百文字の偉人伝四百文字の偉人伝
(2013/02/04)
秋田総一郎

商品詳細を見る

(以上)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック