FC2ブログ
2014年05月30日 (金) | Edit |
 2020年の東京オリンピックに向け,国立競技場は建て替えるそうです。
 「さよなら国立競技場」ということで,さまざまなアーティストやゲストが登場するイベントも,明日31日に行われるとか。
 
 この競技場は,オリンピック招致を意識して1958年に建てられました。築50数年になるのですね。1964年の東京オリンピックのメインスタジアムでした。

 しかし私は,「なんであれを1000何百億円もかけて建て替えるんだろう?」と思っています。
 「ムダではないか」「今のものを改修して使えば十分ではないか」ということです。

 収容人数を増やすことも,その他運営上のさまざまな課題も,改修でクリアできるはず。優秀な建築家たちの知恵を使えば,何とかなる。それで,コストも大幅に減らせる。

 それに,コンペで優勝したという,宇宙船みたいな「新しい国立競技場」も,私は好きにはなれません。自己主張が強すぎる「これみよがし」な感じが,苦手です。

 ***

 日本の政策決定をする人たち,つまり「オジさん」たちは,改修・リフォームが好きではないように思います。
 オジさんは,リフォームなんかより,ドーンと新しいものをつくるのが大好き。
 
 そこには,建設業やその周辺にお金を回したいという,利益誘導的な背景もあるのかもしれません。
 もちろん,もう少し広い視野で,「日本の経済成長のために,大きな公共工事が必要」という考えもあるでしょう。

 でもそれだけではない。
 「ピカピカの新しい,大きなものをつくる」こと自体に,夢やロマンを感じるという面があると思います。
 そんな「男のロマン」を追うのが,オジさんというものではないかと。

 今回の東京オリンピック招致のスローガン(当初のもの)は「今,ニッポンにはこの夢の力が必要だ」でした。

 「国立競技場をドーンと建て替える」ことは,その「夢」のだいじな要素なのでしょう。
 そこに共感する人も少なくないのかもしれません。
 女性や若い人にも,「オジさんの夢」に共感する人がいることでしょう。

 しかし,私は「国立競技場の建て替え」のようなプロジェクトには,どうにも「ロマン」を感じません。
 それは,高度成長期的な発想の,「古い夢」だと思うのです。
 前の東京オリンピック(1964年)のころはそれでよかったけど,今はどうなのか。

 今から50年ほど前の当時の日本では,近代的な・大規模な設備はきわめて不十分でした。
 だから,新しいものを建てることには,おおいに意味がありました。
 「意味」のある新しい建物には,やはり「夢」があります。

 でも,今の東京は,50年前とはちがうのです。
 相当なインフラや施設がすでに存在している。
 近代都市としてそれなりに整備された東京が,すでにあるのです。

 だったら,すでに「あるもの」を,きめこまかくリフォームして充実させていくことを,まず考えればいいのです(「メンテナンスして維持する」という課題もありますが,ここでは立ち入りません)。
 その「きめこまかいリフォーム」は,徹底的に行えばいい。
 
 東京の「きめこまかいリフォーム」とは,どういうことでしょうか。
 たとえば,街角のベンチ,階段の手すり,公共トイレ,街灯,サイン・標識,歩道,街路樹,案内所,ちょっとした憩いのスペース……そういうこまごましたものを,とことん「人にやさしく」「クール」にしていくことです。
 
 そのために,大勢のすぐれたデザイナーたちに腕を振るってもらう。
 モノつくりにかかわる,日本のさまざまな企業や職人が,ていねいな仕事でそれをカタチにする。
 
 そういうことを,きちんとした構想をもって,それなりの予算で行うのです。
 オジさんたちは「なんだ,そんなつまらんことか」と言うでしょう。

 しかし,2020年に東京を訪れる外国の人たちは,きっと感心するのではないでしょうか。
 「こんなところにまで,こんな工夫をしているんだ」「こまかいところまでクールだなあ」と,おどろいてくれるのではないか。「さすがニッポン」というわけです。そして,「きめこまかい東京」をたのしんでくれるのはないか。

 もちろん,その手の「こまかい整備」も,オリンピックのプランには含まれているでしょう。でも,それは「メイン」の扱いではないはずです。私が言っているのは,「こまかいリフォームこそメインテーマだ」ということです。

 たぶん,「1000億2000億かけた新しい競技場」などでは,世界は感心したりしないでしょう。
 そういうのは,どこの国でもやっている。新興国の発想と変わらない。

 ***

 つまり,「建て替えの思想」でなく,「リフォームの思想」でオリンピックを実施していくということ。
 すると,オリンピックを通じて,ほんとうの意味での「新しい日本」を世界にアピールできるように思います。

 それは,「文明の先端に立っている日本」ということでもあります。

 おそらく,「ピカピカした新しいものをやたらとよろこぶ」のは,世界の文明の「先端」ではない。
 「十分に使えるものを壊して新しいのに替える」というのは,過去のやり方。
  
 近代文明は,今やぼう大な蓄積や遺産を築き上げています。「蓄積されたものを手直ししながら,ていねいに使う」というのが「文明の先端」のあり方ではないかと,私は思います。 
 
(以上) 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
近代文明は,今やぼう大な蓄積や遺産を築き上げています。「蓄積されたものを手直ししながら丁寧に使う」というのが,「文明の先端」のあり方ではないかと,私は思います。

 私も同感です。「もう一度,高度成長の日本を!」という思いを,復活させたいという感じなのでしょうか。成熟社会に入った日本は,それに合う生き方が必要だと思います。量より質に舵を切る必要があると思います。世界は,きっとこれからの日本の動きを期待して,評価していくだろうと思います。復古調ではなく,質的な進歩こそ重要なことだと思います。おおざっぱな大量生産ではなく,きめ細かい生産を追求していくなどです。リホームをしてより充実して行く方向ですね。国立競技場を新規ではなく,高速道路のリホームのような重要なインフラがまだまだあります。外国の人が安心して過ごせる日本,きめ細かい日本になることで,成長していけるのではないでしょうか。いろいろ考えさせる話題ですね。
2014/05/31(Sat) 00:08 | URL  | かずゆき #-[ 編集]
かずゆきさんへ
コメント,ありがとうございます。「こまかいリフォーム」の考えに共感していただき,うれしく思います。

かずゆきさんが言われる「量より質」とは,「より多くのコンクリートを使うことばかり考えない」ということだと私は思います。そしてそれは「お金を使わない」ということではない。お金を使うことは,経済にとって必要です。しかし「お金を使うなら,私たちの生活の向上がより多く望める使い方をしよう」ということです。

国立競技場のことは,よい例だと思うのです。あれを建て替えるのではなく,リフォームで対応すれば,より少ないコストで「今度のオリンピックでの使用に耐える施設」が得られます。そのリフォームにも,相当な費用がかかるはずです。しかし,建て替えよりは少ないコストで済む。それで浮いた分は,ちがうことに使えるわけです。その「使いどころ」は,既存の施設・インフラのメンテナンスや,今回の記事に書いたような「こまかいところの改善」などが考えられます。モノではなく,生活関連のサービスなどもあるでしょう。

そのようにお金の使い方をよく考えていくことは,経済の発展や活性化にもプラスになるはずです。

また,今の建設業は人出不足です。必ずしも要らない大規模公共事業は,労働力という貴重な資源のムダ使いでもあります。余計なこと(しかも一時的な需要)で人手を取られると,本当に大事な工事に支障が出るおそれがあります。これからの日本でさらに問題となる「人手不足」のことについても,「国立競技場建て替え」をすすめる人たちは勘定に入れていないと思います。

成熟経済の時代では,お金や資源や労働力をどう使うかを,これまで以上に真剣に考えないといけないはずです。これは経済成長を否定するものではなく,「今後の経済成長にはそれが必要」だということです。
2014/05/31(Sat) 08:39 | URL  | そういち #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック