FC2ブログ
2015年02月04日 (水) | Edit |
 今日2月4日は,飛行家リンドバーグの誕生日です。
 そこで彼の「四百文字の偉人伝」を。古今東西の偉人を400文字程度で紹介するシリーズ。

 ***

リンドバーグ

余計なものをそぎ落として挑む

 チャールズ・リンドバーグ(1902~1974 アメリカ)は,1927年に,ニューヨークからパリまでを飛行機ではじめて無着陸で横断することに成功しました。
 それまで,ニューヨーク~パリ間の無着陸飛行には,何人かの飛行家が挑戦しましたが,テスト時や本番飛行中での事故があいついで失敗していました。それらはたいてい,何基ものエンジン(プロペラ)を積んだ大型機に,複数のパイロットが乗り組んだものでした。
 リンドバーグは,ちがう方法を選びました。
 「エンジンがひとつの小さな飛行機で,1人だけでいこう」というのです。
 周囲の人の多くは反対でした。しかし,「エンジンが増えても,そのぶん故障のリスクが増すだけだ」と考えたのです。そして,33時間余りを1人で操縦して,みごと成功したのでした。
 このように「余計なものをそぎ落として必要な道具だけで行い,最後は1人でやり抜く」という姿勢は,冒険に挑むときだいじなことではないでしょうか。

リンドバーグ著・佐藤亮一訳「翼よ,あれがパリの灯だ」『世界ノンフィクション全集3』(筑摩書房,1960)による。

【チャールズ・リンドバーグ】
はじめて二ューヨーク~パリ間の無着陸飛行に成功した飛行士。この無着陸飛行については,1919年ある事業家が初成功に巨額の賞金を出すと宣言。リンドバーグは奔走してスポンサーをみつけ,挑戦した。
1902年2月4日生まれ 1974年8月26日没

(以上)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
僕もこの考え方、とても大切にしています。
2015/02/06(Fri) 17:40 | URL  | chiba #-[ 編集]
chibaさんへ
コメント,ありがとうございます
「余計なものをそぎ落していどむ」ことは,私も大切だと思っています。
でも現実には,つい余計な装備をしてしまいます。

自宅をみると,本や道具も「余計」なものが結構あります。
以前の私は,少しでも装備を厚くしたい,という気持ちがありました。
今は,もう少し絞り込んだ装備でやってきたいと思います。
いろんな持ち物を,せめてもう3~4割減らせないかと。
それは「すること」を減らすことでもあるように思います。

毎日の暮らしや人生も,未知に挑む「冒険」のようなもの。
余計なものをそぎ落として臨みたいものです。
2015/02/06(Fri) 23:03 | URL  | そういち #-[ 編集]
冒険に足を踏み出す前には、恐れからか、
いくら準備してもまだ足りないような気がします。
他の人はあれもこれも色々持っているが、
それに比べると自分の準備や、能力が心許なくなってくる。

しかし、そうしてジタバタしていると気付くのです。
「そうしてあわてて身に付けたものなど、すぐ剥がれてしまう。自分が今まで積み上げて来たもので勝負するしか無いじゃないか」と。

転ぶよ!って注意されて転ばない様にする物わかりのいい子よりも、実際に転んで、痛さを知って転ばない様に注意するような子でありたいです。
2015/02/07(Sat) 15:42 | URL  | chiba #-[ 編集]
chibaさんへ
コメント,ありがとうございます。私用でバタバタして返信が遅くなってしまいました。

「いつか冒険に行くぞ」と言って,ずっと準備やトレーニングばかりしているというのは,やはりイヤですね。10年20年「準備」している人もいる…「今はまだ時ではない」とずーっと言っていたり。
私も何年か前に,自分なりに「大冒険」してみて大きく「失敗」したことがありましたが,一生「準備」しているよりはましかな,と思っています。
2015/02/09(Mon) 06:40 | URL  | そういち #-[ 編集]
あー、ということは、転び方は人それぞれだけど、
転んで学ぶしかないっていう事は、誰にでも当てはまるっていう事ですね。

準備して冒険して転ぶ人もあれば、足を踏み出せずに準備して準備して準備して、それが転ぶ原因になってしまう人もある。

踏み出すにしろ、踏み出さないにしろ、最終的に自分で決めた道であれば、その冒険できっと得るものがあるのでしょうね。

お忙しい中、コメント返してくださってありがとうございます。
楽しくやり取りさせていただきました。
ありがとうございます。
2015/02/10(Tue) 11:57 | URL  | chiba #-[ 編集]
chibaさんへ
コメント,ありがとうございます。

たしかに「転んで学ぶ」のは,誰にも共通だと思います。
しかし一方で思うのですが,二度と立ち上がれないような大失敗も,世の中にはあるでしょう。
そもそもですが,リンドバーグだって,失敗すれば大西洋に消えていたかもしれない。

かといって,転ぶのを恐れすぎて準備ばかりしているのも,おっしゃるように「転び」のひとつのあり方ですね。世の中の多くの「冒険」は,リンドバーグとちがって失敗しても死ぬことはないでしょうから,準備のしすぎで踏み出せないことのデメリットは大きいと思います。

私もよい刺激をいただきました。ありがとうございます。
2015/02/10(Tue) 23:16 | URL  | そういち #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック