FC2ブログ
2015年02月14日 (土) | Edit |
 最近,妻が部屋を借りて書道教室をオープンすることになり,その準備を手伝っています。

 *リンク: 奈昌書道教室ブログ 教室の詳細・入会などについて(2月28日付記)

 妻は,ある書道団体で師範の免状を持っていて,カルチャーセンターで子どもや大人に教えています。
 そのかたわら,自分が主宰する教室も行ってきました。
 といっても,不定期に場所を借りてイベントをしたり,限られた人数で自宅で教えたり,といったものです。

 ただ,この「自宅で教える」活動について,つい最近になってご近所で問題とされました。

 我が家は団地なので,「教室を自宅で行うのは団地の規約(住居用以外での使用禁止)に反している」ということでした。誰かわからないのですが,ご近所のある方が管理組合に「問題だ」と言ったらしい。管理組合の理事長名で,「規約に反しているので,やめるように」という主旨の文書が届いたりもしました。

 このあたり,書きたいこともあるのですが,今回はやめておきます。

 結局,自宅で教えるのはやめて,別の場所をさがすことにしました。
 そして,かなりの冒険とは思いましたが,専用の部屋を借りて,本格的に書道教室を開くことにしたのです。

 妻が不動産屋さんへ行って物件をさがしたのですが,限られた予算のなかで「教室可」の部屋というのは,ウチの近所では多くないようでした。

 23区内などの都会だと,マンションでも「オフィス・教室可」という物件はかなりあるでしょう。しかし,私たちの住む多摩地区の郊外では,それは例外的です。とくに「教室」はむずかしいようです。最初に相談した不動産屋さんは「教室」と聞くと,「それはちょっと・・・」と困惑した様子だったといいます。2件目の,契約した不動産屋さんは丁寧にいろいろ案内してくれましたが。

 どうも「郊外」というところは,「住む場所」と「仕事や営業をする場所」をはっきりと区分することを,とにかく大事にしているようです。両者が混在したり隣り合ったりすることは断固許さない,といったらいいでしょうか・・・そういう雰囲気を今回はひしひしと感じました。

 かといって,都会で部屋を借りるわけにはいきません。妻の教室にはすでに限られた人数とはいえ,生徒さん(子どもと大人)がいるのです。その人たちが通える,ウチの近所でないといけません。
 また,マンション以外の,本格的なオフィス・店舗物件だと,予算オーバーです。

 それでも,どうにか場所がみつかりました。
 我が家の最寄駅から数分のところにある,1970年代に建てられた,コンクリート造りの古い店舗兼集合住宅。その一室が「教室可」とのこと。ほかにも「教室可」の集合住宅の部屋を2つほど紹介されましたが,日当たりの良さや内装の雰囲気などから,ここに決めました。窓が2方向にある角部屋。もとは和室だった壁や天井をペンキで白く塗った,3畳のキッチン+9畳ほどのスペース。

 ここ2~3週間で,賃貸契約をして,備品や家具などをそろえたり,教室を開く準備をしてきました。
 といっても,あまりお金は使えない。時間的にも急いでいる。かなりのものは,中古品や家にあるものを持ってきたのです。それでも,ビニールのフローリング風の床がイヤでカーペットをしつらえ,新品の家具もいくらか買ったので,小さな書道教室としては贅沢をしてしまったのかもしれません。

 妻のやっていることを「手伝う」という感じではなく,まさに自分の事業のような気持ちでした。

 そうやって,だいたい出来上がったのが,つぎのような「教室」です。

  ※写真を最新の状況のものに更新しました(2月22日)
  奈昌書道教室・準備中

  奈昌書道教室・準備中2

  奈昌書道教室・本棚コーナー

  書道教室の小さな本棚コーナー
  小さな本棚。書道関係の本のほか,大人や子どもがたのしめる(かもしれない)本を数十冊,ウチから持ってきた。「そういち文庫」です。本棚好きなので,2枚の写真を。

 最初はがらんとした,かなりさびしい部屋でした。
 でも,場所というのは,家具などのモノを持ち込んでいくと,そこに命が吹き込まれます。
 今,この部屋はだいぶ「元気」になってきました。でも,まだまだ。

 もうすぐ,生徒さんたちが集まるようになります。
 そうなると,ほんとうに生き生きとした場所になってくるはずです。
 そのときが,たのしみです。

(以上)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック