FC2ブログ
2016年05月19日 (木) | Edit |
 5月19日は,剣豪・宮本武蔵の命日です。
 そこで彼の「四百文字の偉人伝」を。
 古今東西の偉人を,400文字程度で紹介するシリーズで,ときどきこのブログでのせています。100人分くらいを集めて,ディスカバー21という出版社から電子書籍も出版しています。(アマゾンなどで販売中)

 * *

宮本武蔵(みやもと・むさし)

なぜ歴史に名を残したのか

 宮本武蔵(1584~1645)は,「生涯に60回余りの真剣勝負をして負けなかった」といいます。でも,ある研究によれば,「記録で具体的に確認できる生涯の対戦は十数回ほど」ともいいます。
 「剣豪」としての武蔵は,じつはそれほどではなかったのかもしれません。少なくとも,彼くらい強い人は歴史上ほかにもいたようです。
 では,なぜこれほど彼は名を残したのでしょう? それは,『五輪書』という「史上初の本格的な武道論」の本を,晩年に書き残したからです。武蔵がとくに有名な剣豪として語り継がれたのは,この本の内容がすぐれていたからなのです。
 単に自分が強いだけでは,歴史に名を残すことはできません。自分がつかみとった価値ある何かを,後世にも利用できる遺産として残していくことが大切なのです。

南郷継正著『武道への道』(三一書房,1979)に教わった。ほかに参考として,久保三千雄著『宮本武蔵とは何者だったのか』(新潮社,1998),魚住孝至著『宮本武蔵』(岩波新書,2008)

【宮本武蔵】
江戸時代初期の剣豪。若いころ関ヶ原の合戦(1600年)に参加。その後諸国を巡り,強敵を倒して名をあげる。晩年は熊本の大名・細川家に落ち着き『五輪書』を書く。絵画などの美術製作でもすぐれていた。
1584年(天正十二)?生まれ(1582年説あり)
1645年(正保ニ)5月19日没

 * *

 では,武蔵の『五輪書』にはどんなことが書かれているのか。
 冒頭の,さわりの部分だけでも読んでみましょう。
 原文を現代語訳したもの(鎌田茂男『五輪書』講談社学術文庫による)を,さらに私が若干要約・編集した「和文和訳」です。

 《私の兵法(剣術・武術)の道を「二天一流」と名付け,これまで鍛錬してきたことを,はじめて書物に書きあらわすことにする。播磨(兵庫県)生まれの武士である,この宮本武蔵は,60歳になった。

 私は若いときから兵法の道を歩み,13歳のときにはじめて勝負をして勝った。その後21歳のとき京都へのぼり,天下に知られた武芸者と何度か勝負をして,すべて負けなかった。その後,諸国をめぐって60回余りの真剣勝負をしたが,一度も負けたことはない。

 以上は,13歳から20代おわりまでのことだ。
 その後,30歳を過ぎたころから,私は自分の足跡を振り返るようになった。

 私が勝ってきたのは,はたして兵法を極めたからだったのか?
 生まれつき武芸の才能があったからだろうか?
 それとも,対戦相手の武芸が不十分だったということなのか?

 その後,さらに深く兵法を極めようと,私は鍛錬を続けた。
 すると,「兵法の道」といえるものがみえてきて,それにかなうことができるようになった。私が50歳ころのことである。
 それ以後は,新たに究めつくすということはなく,月日を送っている。

 私は,兵法以外にも,いろいろなことに取り組んできた。絵を描き,書をたしなみ,仏像を彫ったりもした。そうしたすべてのことについて,私に師匠はいない。すべては兵法から学んだのだ。

 今,本書を書くにあたっても,兵法それ自体にのみ即して,兵法の世界について述べたいと思う。
 つまり,仏法,儒教,道教などの言葉を借りたりせず,軍記などの故事を用いたりせずに,自分の兵法の真実にせまりたい。》


 どうでしょう。
 この冒頭の部分だけでも,『五輪書』の精神が,なんとなく伝わってくるように思いませんか。

 その「精神」とは,一種の「リアリズム」とか「合理主義」のようなもの。
 「科学」や「技術」の精神の芽生えも,そこにはあるように思えます。

 私は,はじめてこの本を読んだとき,思っていた以上に「近代的」な内容だと,新鮮に感じました。

 ほかにもたとえば,武蔵の「リアリズム」を述べた,こんなくだりがあります。
 「兵法とは,武士とは何か」ということを論じた箇所です。
 また「和文和訳」で,ご紹介します。

 《兵法とは,武士のたしなむ道である。
 仏法では人を救うという「道」があり,医者には病をなおすという「道」があるようなもの。

 武士たるものは,たとえ才能がなくても,自分の能力に応じて兵法(剣術・武術)を修業しなくてはならない。 

 なぜか?
 世の中では,「立派に死ぬことこそが武士の道」だと思われているようだ。
 でも,そのような「死ぬ覚悟」は,武士の専売特許ではない。
 僧侶であっても,女性であっても,百姓であっても,正義や誇りのために死を覚悟するということはある。

 では,武士が武士であるとは,何によるのか?

 それは,敵と戦って勝つための兵法=剣術をたしなんでいる,ということによる。

 武士が兵法を行うのは,どんな状況でも,なんとしても,敵に勝つためだ。
 それによって,主君のため,自分自身のために名をあげ,身を立てる。これが兵法の「意味」といっていい。

 世の中には「兵法など習っても,実戦には役立たない」という人もいる。
 しかし,大事なのは実際に役に立つように兵法を学ぶことだ。そして,戦い以外のあらゆることについても役立つようなかたちで,兵法を学ぶことである。
 それこそが,真の兵法というものだ。》


 * *

 ところで私は,この3年ほど毎年『そういちカレンダー』というものをつくって,ささやかに販売しています。
 このブログの記事をもとに編集した「雑誌感覚の読むカレンダー」といえるもので,さまざまな人物についての「四百文字の偉人伝」も,各月にのっています。こんなカレンダーです。
 カレンダー使用例 (2)

 このカレンダーは,妻が主宰している「奈昌書道教室」にも貼っています。
 5月のページには,宮本武蔵の「四百文字の偉人伝」が。
 以下,妻からの報告。

 先日,妻の書道教室で小学生の生徒の男の子が,カレンダーをみて「あ,宮本武蔵」と気がついた。
 それを聞いた,大人の女性の生徒さん(男の子からみればお祖母さんくらいの年齢の方)が
 「宮本武蔵,知っているの?」と声をかけました。

 「うん,しっているよ,たくさんの人とたたかって勝ったんだよね」
 「そうねー,でもそれだけではないのよ,みんなの役に立つ本を書いたのよ。このカレンダーに書いてあるでしょう・・・」

 などと会話があったそうです。
 大人の女性の方は,自宅のトイレに『そういちカレンダー』を貼っていて,今月の宮本武蔵の記事を「すごく良かった」と妻に語ってくださったそうです。「記事を声に出して読むんですよ」とのこと。
 
 うれしいですねー
 まさにそのような,カレンダーを通していろんな会話が広がるものをつくりたかったのです!

 奈昌書道教室2015年7月・大人も子どもも
 (奈昌書道教室の様子)

(以上) 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/05/31(Tue) 22:24 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック