2016年08月31日 (水) | Edit |
私の書いた世界史の本が、8月31日発売となりました。

中心の移り変わりから読む 一気にわかる世界史←こちらをクリック
(日本実業出版社)

という本です。

B6サイズで200ページ余りの小さな本。
全ページ二色刷りです。

  一気にわかる世界史・表紙

世界史の通史を中心とした内容で、このブログで書いてきた記事がベースになっています。読みやすさにこだわった世界史の入門書。5000年あまりの世界史を一気にみわたすことができます。

当ブログをみた編集者の方から数か月前にお声がけをいただき、その後順調にコトが進んで完成しました。

この数日アマゾンで(予約販売がされているので)状況をみると、「世界史・一般」のカテゴリーのなかで、最も良いときで20位前後にランクされたこともありました。それほどでなくても、100位以内くらいにはだいたい位置していました。同カテゴリーの「新着(今度出る本)」のランキングでは、3位以内といった上位をかなりキープしていました。

これは、悪くない滑り出しかと。
当ブログの読者で、これまでに買ってくださった方も、何人もいらっしゃるのだと思います。ありがとうございます。

お読みくださった方、もしも感想などいただければ、うれしいかぎりです。
あるいは、「いいね」と思われたら、周囲に紹介してくださったり、アマゾンなどでレビューしてくださったりしたら、たいへんありがたいことです。

ご自身でお買い求めいただかなくても、地元の図書館に購入のリクエストをしていただくという方法もあります(図書館の蔵書には適した本ですし)。

「読みやすさ」「世界史の全体像のつかみやすさ」という点では、画期的なものを打ち出せたと、著者としては自負しています。これまで世界史の本をあまり読んだことのない方、ぜひ手にとってみてください。

たとえば、この本のメインに、「世界史5000年余りの通史(古代から現代まで)」を述べた部分がありますが、その「通史」の分量は90ページほど。これほどコンパクトな世界史の通史は、最近書店に並んでいる本ではみあたりません。

おそらく、この程度に系統性をもったかたちで述べられた「通史」で、商業出版の単行本、ということだとこんなに短いものは「これまでになかった」といえるはずです。

それはまさに「骨格」だけを伝える内容なのですが、そういうものが初心者にはぜひとも必要なのだと思います。

やはり、既存の世界史の本のほとんどは、たとえ「入門書」とうたっていても、情報や項目が多すぎる。
枝葉の部分をとことんそぎ落とした、「一気にわかる」感のある世界史の本をつくりたかったのです。

あるいは、「世界史5000年を、手のひらにのせてながめる感覚」といったらいいでしょうか。

また、「世界史には関心がある」という方にも、ぜひ本書を手にとっていただきたいです。この本で述べている「知識」じたいは、基本的なものが多いのですが、それらを「いかに整理して全体像を構成するか」という点では、新しい枠組みや視点を提示したものになっているはずだからです。

あくまで入門書であはあるのですが、同時にそれなりに「理論的」な側面もある、ということです。

よろしくお願いいたします。

(以上)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
拙ブログの更新が済んだので、早速ご著書、読了しました。
小生、歴史というもの、特に世界史にはそれほど関心がなかったのですが、
「一気にわかる世界史」というタイトル通り、一気に世界の中心の移り変わりと
歴史の流れが、俯瞰視点から、おおまかにつかめたような気になりました。
光の中心は時代と共に変わり、人間が“となり”から影響を受けながら
生きていること、その関係を活かしたものが繁栄することがよく分かりました。
保守的な硬直思考が大企業病を招き、国家の停滞や衰退につながることや
ゲルマンと西ローマ帝国の関係が現代の世界と似ていることも興味深い点です。
人類が必死に手探りで、また隣からから学んで歩んでいることについても
考えさせられ、読んでいる途中、時々胸が迫り、ジーンとなりました。
こういう一貫した視点で全体像を捉える授業を受けたかった、と思いました。
世界は失敗を経験しつつ、豊かさへ、自由へ、と進んでいくのでしょうか。
とても教訓的な内容を面白く読めたという印象です。感謝を申し上げます。
2016/09/03(Sat) 18:12 | URL  | ☆バーソ☆ #IGPPA7yY[ 編集]
Re: はじめまして。
バーソさん、コメントありがとうございます。
『一気にわかる世界史』の感想をお寄せいただき、
たいへんありがたくうれしく思っております。

バーソさんのブログ(「バーソは自由に」本ブログからのリンクあり)
を時々拝読していますが、
著者の知識や視点の豊富さにしばしば感心していました。
あのように多くのことを読んだり学んだりされている方に
「面白く読めた」と言っていただくのは、光栄なことです。

> 光の中心は時代と共に変わり、人間が“となり”から影響を受けながら
> 生きていること、その関係を活かしたものが繁栄することがよく分かりました。

たしかに、このあたりが最もお伝えしたかったところです。
世界史全体がそのことを示していると。

> 人類が必死に手探りで、また隣からから学んで歩んでいることについても
> 考えさせられ、読んでいる途中、時々胸が迫り、ジーンとなりました。

このあたりのご感想は、私自身がうれしく、ジーンとなりました。

> こういう一貫した視点で全体像を捉える授業を受けたかった、と思いました。

まさに、「一貫した視点で全体像を」というのが、この本のねらいです。
今の世界史の授業や啓蒙では「一貫した視点」というのは、
ぜんぜんできていない、そもそも目指そうとしていないように思います。

それよりも、いろんなことがらや視点をもれなく詰め込むことを重視しています。
そのため情報過多となって、「全体像」がみえにくくなってしまう。

手前味噌ですが、本書の「となり・となりの法則」の視点は、
一貫した視点を保ちながら、それによる視野の狭さに陥ることなく
かなり包括的に世界史のさまざまな事象をその視点のもとに俯瞰できる
という長所があるように思っています。

ふつうは「視点」を定めすぎると、扱うことが狭くなりすぎて
世界史の全体像が描きにくくなるのです。

> 世界は失敗を経験しつつ、豊かさへ、自由へ、と進んでいくのでしょうか。

私は、大きな流れとしては「豊かさ」「自由」の拡大へと進んでいくと考えます。
いわゆる「進歩」が続くということ。
でも、短期でみれば失敗や停滞・後退もあるはずです。

だがしかし、数世紀単位の大きな流れでみれば、確実に前進していくはずだと。
これまでの世界史の経緯からすれば、それを期待できるのではないか。

ただし、今後の世界史の展開の中では、
つぎの2点がより中心的なテーマになっていくと思います。

・最先端(中心)での、「進歩」の在り方の変化
 (基礎的・根本的変化から、よりきめ細かな応用的な変化へ)
・中心以外への、繁栄の広がり
 (これまでの中心で生まれた近代文明の成果の普及)

このあたりは、また記事のなかで書いていきたいと思います。

> とても教訓的な内容を面白く読めたという印象です。感謝を申し上げます。

こちらこそ、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
2016/09/04(Sun) 12:44 | URL  | そういち #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック