2016年09月22日 (木) | Edit |
先週末にテレビをみていたら「○○に10万円あげたらこんな使い方された」(TBS)という番組をやっていて、ちらちらみてました。

「10万円あげるとしたら何をしますか」と、街角でいろんな人に聞いてみる。
多くの人は、旅行に行く、貯金する、何かの足しにしたい、などという。でも、おもしろい使いみちを考えている人がいたら、10万円をあげてそれを実行してもらう。

番組のなかでは数名の10万円をゲットした人が登場しました。

とくにおもしろかったのは、ベトナム人の、電気の通っていない村に住む若いお父さん。

その人は、ソーラーパネルと扇風機を買いました。LED照明とバッテリーはもっていたけど、不調で使いものにならなくなっていた。ソーラーパネルによって、LED照明も復活。ささやかだけど、10万円で電気のあるくらしを実現した、というもの。

途上国だと、そういうニーズや発想があるんだな。それに今の技術だと、10万円でパーソナルなかたちで「電気のあるくらし」を実現できる、というのもおもしろいと思いました。

ベトナムでは、ほかに「子どもの学費の足しに」とか「牛を2頭買う」と答えた人もいました。「自分より貧しい人にあげちゃう」なんて人もいました。

日本のケースだと、北海道の羅臼(らうす)という昆布の名産地に住む30代女性のケースが印象的でした。「地元の人も滅多に口にできない、最高級の昆布をたくさん買って、それを使った料理をお世話になった町の人にふるまう」というのです。この人は数年前に札幌から羅臼に移り住んだのです。

「自宅のアパートでプロジェクションマッピングをする(そのための機材を買う)」という東大生のケースも、なかなかおもしろかったです。

10万円あると、いろいろおもしろいことができるわけです。
ベトナムだと、10万円は日本の数十万円かそれ以上の重みがあるでしょうが。

そういえば私も、数万円から10万円で、旅行やふつうの買い物ではない、ちょっと楽しいことをしたことがあります。
「こども文庫」「家庭文庫」みたいなものをつくったのです。

妻が雑居ビルの1室を借りて小さな書道教室をしています。
その部屋に小さな本棚をしつらえ、子どもや大人が楽しめる本を並べたのです。メインの本棚は知人の建築家(寺林省二さん)がDIYでつくって寄贈してくださった。これを「そういち文庫」と名付けました。

そういち文庫の蔵書は、今は100数十冊といったところ。
すでに持っていた本を並べたりもしましたが、100冊くらいは新たに買ったでしょうか。ブックオフなどで安く買ったものもありますが、新刊を買ったものも多いです。少しづつ買い足して、今までで10万まではいかないけど、何万円か費やしました。

そういち文庫の本は、書道塾の大人や子どもの生徒さん(合計で20数人)が借りていきます。

文庫を開設したのは2015年3月でしたが、ついこのあいだ貸出ノート(ふつうの学習ノート)の1冊目がいっぱいになったので、2冊目のノートをつくりました。そういち文庫はそれなりに繁盛しています。これは、本好きとってなかなか楽しい遊びです。

 2015年8月のそういち文庫・本を増やした

 そういち文庫で本を読む帽子の子

「子ども文庫」「家庭文庫」を自分でやってみたい、でも今の私の経済力では無理、いつか将来は、みたいなことを述べているのを、インターネット上でみかけたことがあります。

たしかにそれぞれの事情というのはあるでしょうが、でも、とりあえずの「文庫」をつくるのは、たぶん数万円あればできるのです。今「数万円」がなかったとしても、貯めることのできない金額ではない。問題は「お金がない」ということとは、少しちがうような気がします。

私たちは「もっとお金があったら、○万円くらい手元にあったら、こんな夢を実現したい」と、ときどき考えます。
しかしその夢は、もともとイメージしているよりも、ずっと少ない金額でどうにかなるのかもしれない。

そんな発想はやはり大事なのでしょう。

たとえばこんなこともありました。
グレーザーというアメリカの物理学者は、1950年代に、素粒子研究に使う画期的な観測装置のアイデアを思いついたのですが、研究予算がなかった(大学などの理解を得られなかった)。そこで、自宅にあった古いラジオの部品などで、それなりの装置を組み立てました。そして、それを出発とした研究は高く評価されて、1960年にはノーベル賞を受賞したのでした。

やっぱり、「今はお金がないから、何もできない」というのは、もったいない考えではないかと。
もしも今手元に1万円しかないなら、それで何かできないか。

***

などと偉そうに書きましたが、これから私は10万円くらい使って妻と2人で小旅行に行ってきます。
おいしいものを食べたり、ごくありきたりなお金の使い方をしてきます。

行ってまいります。

***

最近本を出しました。

中心の移り変わりから読む 一気にわかる世界史(日本実業出版社刊)←こちらをクリック

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
10万円の使い道、人によっていろいろ違いますね。
貧しい人にあげる、羅臼の昆布、そういち文庫・・・なかなかいいですね。
だいぶ以前、捨てる本を何冊か廊下に出しておいたら、新聞の集金の人が、
この本、いただいていいですか、どうぞどうぞ、と会話したことがあります。
一度しか読んでない新品同様の本は、図書館で引き取ってくれたらいいのに
と思うのですが、難しいのでしょう。古本屋も減ったので、処分も大変です。
二人で10万円の予算なら、ちょっと優雅に旅が楽しめそうですね。
私なら、新しいカメラを買いたいと思うでしょうか。
あるいはもっと有効な方法を考えるのも楽しそうです。
2016/09/23(Fri) 09:01 | URL  | ☆バーソ☆ #IGPPA7yY[ 編集]
Re: タイトルなし
バーソさん、コメントありがとうございます。
24日の夕方に、小旅行から戻りました。旅先ではインターネットをお休みしていて、返信が遅くなりました。天気はイマイチでしたが、だいたいは思っていたような旅行ができたかと。

たしかに不要の本の処分というのは、本好きにとって大きな問題ですね。何かの記事で読みましたが、大学の先生が定年のときなど、大変だそうです(研究室にため込んだ本の多くをどうにかしないといけない)。その人が生涯をかけて集めた数多くの専門書も、読者がほとんどいないので、古本屋さんもなかなかひきとってくれない。寄贈先もない。

私も、2~3年に1回くらい何百冊かをまとめて、近所にある古本チェーンの支店に引き取ってもらっていましたが、その店がなくなってしまったので、今度処分するときは新しいところを開拓しないといけません。

まあ、ある人にとって不要になった本というのは、引き取り手のないものだと思います。よほどポピュラーだったり、多くの人に受け入れられる要素があれば別ですが、それは例外的ではないかと。バーソさんのケースのように、よい引き取り手がみつかるのは幸運なことだと思います。

自分で「文庫」をつくるとき、気をつけるようにしたのは「本の捨て場所にならないように」ということでした。原則として本の寄贈は受け付けないようにしました。そして、できるだけ「これは」という本を、文庫のために新たに買うようにしました。自分がすでに持っていても、「これはいい」と思う本はもう1冊そういち文庫用に買うこともありました。

10万円の使い道として、「何かをはじめるための〈道具〉を買う」というのは、前向きな感じで私も好きです。カメラも、そのひとつだと思います。「文庫」というのも、広い意味で「道具」のようなものかもしれません。文庫の本を読んだり借りたりしてくれる人とのコミュニケーションの道具です。
2016/09/25(Sun) 00:23 | URL  | そういち #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック