2017年02月26日 (日) | Edit |
トランプ大統領は「アメリカとメキシコの国境に壁をつくる(費用はメキシコに負担させる)」といっています。すでに両国の国境にはフェンスなどがかなりあるので、それをさらに強化するということでしょう。

アメリカとの国境近くにあるメキシコの町には、アメリカへの入国を希望する人たちが、大勢やってきます。夜の闇にまぎれてフェンスを越えていく人も多くいる。そしてかなりの場合、アメリカの国境警備隊につかまって強制送還されたりしている。

国境を越えようとする人の中には、貧困に苦しむだけでなく、犯罪組織の脅威から逃れてきた人も少なくありません。メキシコでは麻薬組織などのマフィアが一般市民に金銭を要求し、拒めば恐ろしい報復をする、といったことがある。アメリカをめざす人の多くは、アメリカ社会の、より安全で快適な環境を欲しているのです。しかし一部には、麻薬などの犯罪を持ち込む人間もいる。

メキシコとアメリカの国境にあるフェンスは、「安全で快適な社会」と、そうではない外部の世界を隔てる「壁」です。壁の内側の人びとが、自分たちを守ろうとして築いたものです。

このような「壁」を、有史以来人間はつくり続けてきました。

中国の万里の長城は、最も有名なものです。秦の始皇帝(紀元前200年代)は、以前の時代からあった、北方の異民族が「中華」に侵入するのを防ぐ壁を、計画的に整備しなおしました。このような「壁」の伝統は、その後の中国に受け継がれていきます。ローマ帝国(100~200年代にとくに繁栄)でも、万里の長城ほどの規模ではありませんが、一部の辺境地域で「蛮族」の侵入を防ぐ壁をつくっています。

さらにさかのぼると、4000年ほど前のメソポタミア(今のイラクなど)でも、そのような壁はつくられました。チグリス川とユーフラテス川の間に挟まれた地域のなかで、両方の川のあいだをつなぐ形でつくられた壁です。

メソポタミアは5000年余り前から、最古の文明が栄えた地域です。その周辺には、メソポタミアという「中華」からみれば「蛮族」の人たちがいて、メソポタミアに侵入する動きがあったのです。

さらに、当時のメソポタミアでは、いくつかの大きな都市を中心として国家ができていましたが、それらの都市は日干しレンガの壁で囲まれていました。

その壁の内側では、数万人の人びとが暮らし、当時の世界では最先端の安全や快適さ、豊富な食料や、美しいさまざまなモノが存在していました。そして、そのような都市へ入ろうとするよそ者は、あとを絶ちません。その中には「ならず者」もいたので、野放図に入れるわけにはいかない。壁をつくらないことには安心できない。

今、トランプがめざしていることは、4000~5000年前のメソポタミアで行われたことと本質的には同じです。こういうところでは、人間は変わっていないのです。

つまり、その時代なりに魅力的な高度の文明が栄えると、その外部から自分たちを守るための「壁」をつくる、ということが有史以来くりかえされてきた。「中華」へ侵入しようとする人々を防ぐ壁です。それは今も続いているのです。

そして、そのような「壁」は長期でみると、結局は破られてきました。中国では始皇帝の時代から数百年以上経つと、北方異民族による王朝ができるようになりました。ローマ帝国も、その西半分(西ローマ帝国)は、多くの「蛮族」が侵入して崩壊していきました。

メソポタミアでも、結局は外部の民族の侵入は防ぐことができず、支配的な民族の交代がおこりました。

アメリカとメキシコの国境にある「壁」も、同じ末路をたどるのではないでしょうか。つまり、長期的には多くの人々の侵入を防ぎきれずに終わる。近年も、メキシコとの国境からのアメリカへの不法入国者は、年間で数十万人から100万人にのぼるといいます。「壁」を頑張ってつくっても、穴だらけになってしまうものなのです。そもそも、国を超えた交通や交流の発達した現代においては、辺境の「壁」にかつてほどの意味はない。

しかし、だからといって「壁」など無意味だ、愚かなつまらないものだ、といって片づけてはいけない。文明のはじまりの時代から、人は自分たちの文明社会を守る「壁」をつくってきたのです。だとすれば、それはきわめて根本的な欲求や感情にうったえるものだといえるでしょう。

もしも、メキシコとの国境に堅牢な壁がつくられたら、「これで守られる」という安心を感じる人たちが、アメリカにはおおぜいいるはずです。その「安心」にたいした根拠などなくてもです。そして、壁をつくった権力者への信頼は高まるのです。

「壁をつくること」は、「外敵から社会を守る」ということの象徴です。それは人々が権力者に求めることのうち、最も基本的な事項なのです。トランプや彼の周辺の人たちは、そのあたりをよくわかっているのかもしれません。

(以上)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おはようございます
なるほど。歴史は繰り返す。都市に壁を造って自分たちを護るのは人間の根本的な欲求と感情だが、その壁は必ず崩れるのもまた必然だということですか。歴史的に世界を俯瞰した分析ですね。

ジャズのスタンダードナンバーに『ジェリコの戦い』という曲があります。
これはエリコの都市を破った旧約聖書の故事に基づくもので、ヨシュアの率いるイスラエルの軍団と祭司たちが、神の指示で7回エリコの都市を回ったら城壁が奇跡的に崩れ落ちたという話です。
イスラエルは中に攻め込み、そこの住民とすべての家畜を滅ぼし尽くします。(ヨシュア記6章)その殺戮行為は信仰の表明として称えられます。

その滅ぼし尽くす行為は、聖書では「聖絶する」とか「主への奉納物として滅ぼす」と訳されています。つまり神の民が異邦人を滅ぼす行為は、神に犠牲を捧げる行為として神聖化されているのです。

なので、異邦人の都市に城壁があるのは当たり前だとしても、しかし自分たちの益のためにその城壁を破るのは神のご意思でもあるというような意識が、聖書を奉じる民族には基本的あるいは潜在的にあるのではないかとも思いました。

トランプの件では、そういう壁を好む人たちの他に、嫌がる人たちも世界には大勢いることに心強い気もしました。心にまで壁を作るのが正しいと思うようになったら人間はおしまいですから。
2017/02/26(Sun) 08:40 | URL  | ☆バーソ☆ #IGPPA7yY[ 編集]
Re: おはようございます
バーソさん、さっそくコメントをいただき、ありがとうございます。

古代都市の壁(城壁)というと、聖書に親しんだ人にとっては「ジェリコの戦い」のことがよく浮かぶのですね。この間読んでいた日本の考古学者による古代都市についての本にも、ジェリコの戦いのことが述べられていました。ジャズのスタンダードナンバーにもそういうタイトルの曲があるんですね。

「聖絶する」というのは、激しい言葉ですね。「ジハード」の強烈なあり方のように感じます。ユダヤ教からの伝統は、やはりイスラムにも続いていると。

壁で共同体を守ること、その壁を攻め落とすことに対する感覚やイメージについて、私たち日本人は疎いのだと思います。世界の大国のなかでは、きわだってそうだと思います。少なくとも江戸時代以降は、海という「壁」で国土の四方を守られ、「壁」の内側は徳川幕府による統一がなされていたので、物理的な存在としての「壁」になじんでいない。歴史的な故事の世界にも、「壁」は(少なくとも滅多には)出てこない。

欧米や中国では、当然に「壁」を好む人がたしかにいるのでしょう。「壁」を好む欲求は、おそらくは周辺諸国に対して優位に立った文明国では「デフォルト」といっていいのかもしれない。つまり、少し油断したり弛緩すると、そちらの方向へ退化してしまうようなあり方です。ほんとうは外界や内面の「壁」を取り払うことで今の文明はすすんできたのに、一種の退化が起きているように感じます。

日本人だって、物理的な壁こそ(あまり必要ないので)つくっていませんが、相当に高くて厚い「壁」の中にいるように思います。もしも朝鮮半島や中国で動乱でも起こって、難民がたくさん押し寄せることにでもなれば、その傾向はもっと明確になるはずです。
2017/02/26(Sun) 14:21 | URL  | そういち #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック